SCP版 エンジェル・オーバードーズ

奏せいや

音声チャット

 秘匿回線。音声チャット。

「EUのやつが負けたって本当なの?」

「らしいな。いつもいつも俺が最強だと吹いていたがこの始末か。笑える」

「そんなことはどうでもいい。重要なのは生き残った方だ。それが私たちの対戦相手にもなるのだからな。それで、やつの対戦相手は誰だった? 076? それとも049か?」

「それが、どれでもないようだ」

「どれでもない? 新しく登録された個体か?」

「いいや、そうじゃない。本当に、どれでもないらしい。まったくのアンノウン。イレギュラーだとさ」

「ちょっと、それどういうこと? 意味わかんないんだけど?」

「俺だって知るかよ」

「どうやらこの舞台にねずみが紛れ込んだらしい。が、とりあえずは静観でいいだろう。おおむね通りだ。やることに変わりはない」

「戦って勝利しろ、か。そりゃそうだ。俺たちは皆勝つことを渇望された、兵器なんだからな」


「SCP版 エンジェル・オーバードーズ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く