SCP版 エンジェル・オーバードーズ

奏せいや

ISIS編 プロローグ


 遠くの場所で、誰かの声が聞こえる。過去は消え去って、今ですら遠い過去のよう。

 かつての惨劇はつながっている。

 贖罪と救済、幻想に終わった希望と、過酷な真実。大切なものを失ったあの日、すべては始まった。

 少年の心を鎖でつなぎ止めながら。

 なぜ、ここにいるのか。

 なぜ、生きているのか。

 自分は、なにをすべきなのか。

 彼は答えを探し求める。希望がないと知った、この現実ばしょで。


「SCP版 エンジェル・オーバードーズ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く