話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

スクールカースト殺人教室(新潮文庫)

堀内公太郎

Day1 (1)


   


 月曜日の朝。まもなく午前七時になろうとしていた。それほど人通りは多くない。目の前の交差点で、一人のサラリーマンがタバコをふかしていた。信号にいらってか、細かく貧乏ゆすりをしている。

 いそがみことりはため息をつくと、歩みを進めた。頰を伝う汗を手の甲でぬぐう。

 空には、どんよりとした雲がかかっていた。梅雨のただなかであることを、嫌でも思い出させる。あと二週間もすれば、ここまでジメジメとはしなくなるのだろう。そして、身体からだを溶かすような暑さがやってくる。

 暑い夏、ことりたちには夏休みがあった。そのあいだも、あのくわえタバコの中年サラリーマンは汗を流しながら職場に通い続ける。そう考えると、少し気の毒な気がした。

 しかし、それとこれとは話が別だ。

 ことりは不機嫌そうなサラリーマンの横で足を止めた。タバコ混じりの汗のにおいが鼻先をかすめ、思わず顔をしかめてしまう。

 気配に気づいたサラリーマンが、さん臭そうにことりを見た。女子高生だと気がついたからか、途端に表情がゆるむ。

「なにか用かい?」と猫なで声でいてきた。

「ここは路上での喫煙禁止です」

「へ?」

「聞こえませんでしたか。ここは路上での喫煙禁止です」

 男はあ然としたようにことりを眺めていた。そのあいだも、タバコの先からは煙が立ち上っている。

「……いや、知ってるけど」

 ことりはやれやれと首を振った。

「なら、早く消してください。周りの迷惑です」と辺りを見回す。

 信号待ちをするサラリーマンやOL、学生がかたを飲んでこちらを見守っていた。

「なんでそんなこと言われなきゃいけないんだ」男がむっとした顔で言い返してくる。

「なんでって?」ことりは目を見開いた。「もちろん、ここが喫煙禁止だからです」

「分かってるって言ってるだろう」

「分かっててやってるんですか」ことりはあきれて肩をすくめた。「おじさん、大人でしょう。いいとしして、なに言ってるんです?」

 男の顔が真っ赤になった。タバコを投げ捨てると、乱暴に革靴で踏みつける。

「これで文句ないだろう」

 ことりはため息をついた。

「非常識な人……」

「なんだと?」男がすごんでくる。

「──おい、やめろ」口をはさんだのは、二十代前半とおぼしきスーツ姿の男だった。「悪いのはおっさんだろ。逆ギレすんなよな」

 信号が青に変わる。『通りゃんせ』が流れ始めた。しかし、周囲にいた誰もが、すぐには動こうとしない。

 中年サラリーマンはしばらくことりをにらんでいたが、やがて顔を背けると、おおまたで横断歩道を渡り始めた。反対からの通行人に混ざって、すぐに姿が見えなくなる。

 見物していた人たちのあいだに、ホッとした空気が流れた。パラパラと拍手が起こる。「勇気あるなあ」という声が聞こえた。

「あのおっさん、最悪だな」

 先ほど口をはさんだサラリーマンが、笑顔で話しかけてくる。日に焼けた肌に白い歯が光って見えた。

 ことりは男を冷ややかに見据えると、「あの方、いつからタバコ吸ってました?」と質問した。

 え、とサラリーマンが声を漏らす。

「私が来る前から吸ってましたよね」

「……そうだっけかな」

 そうです、とことりは断定した。

「あなたも隣で嫌そうに顔をしかめてたじゃないですか。なのに、どうして注意しなかったんです?」

「どうしてって……」

「どうして注意しなかったんです?」改めてそう口にすると、ことりはその場にいる全員を見回した。

 目が合うと、誰もが後ろめたそうに顔を伏せる。足早に立ち去る人も出始めた。反対側から来た人たちは、なにごとかと不思議そうな顔でことりたちを眺めている。

「助けてやったのに、そんな言い方しなくてもいいだろう」サラリーマンが不服そうに口をとがらした。「かわいくねえなあ」

「かわいくなくてかまいません。私が訊いてるのは、どうして注意しなかったのかってことです」

「できるわけねえだろ」

「どうして?」

「世の中はそういうもんなんだよ」

「あなたのような人が、世の中をダメにしてるんじゃないんですか」

「ガキが世の中、語ってんじゃねえ」

「人のしりうまに乗るしかできない人よりマシだと思いますけど」

「……俺のこと言ってんのか」

「失礼します」

 ことりは男を残したまま横断歩道を渡り始めた。しばらくして、「ムカつくな、ブス!」と吐き捨てるような言葉が、背後から浴びせられる。ことりは歩きながら、小さく息をついた。

 世間は、本当におかしなことばかりだ。間違っていることが、あまりにもあふれ返っている。世間だけではない。学校でも同じように理不尽なことがまかり通っていた。

 ことりのクラスでは、おかしな担任教師が幅をかせていた。羽田という二十六歳の若い男性教師が、生徒をあからさまに差別するのだ。ことりが小中と見てきた教師の中でも、その露骨さはずば抜けていた。羽田からの扱いに耐え切れず、ひと月近く、不登校になっている女子生徒もいる。

 それだけではなかった。ことりのクラスは、ほかにもさまざまな問題を抱えている。クラス委員として、悩ましいかぎりだった。

 大通りから右へ曲がると、住宅街の細道へと入っていく。しばらくして道はゆるい坂になり、それが階段へとつながる。そのダラダラと長い階段を上り切ると、私立西東京学園高等学校の正門だった。いつもどおり、正門にたどり着くまで誰にも会わなかった。

 一緒に暮らしている従兄いとこおおすぎじゆんからは、「サッカー部の俺より早起きなんだからなあ」といつもあきれ気味に言われている。潤は同じ西東京学園に通う三年生だった。

 体育館の横を通り過ぎ、グラウンドをかいするアスファルトを歩いて校舎へと向かう。昇降口で、上履き用のスリッパに履き替えると、一年生の教室がある三階へと上がっていった。

 そういえば、再来週は両親と姉の命日だ。伯父と伯母はもちろん覚えているだろうが、墓参りについては、ことりから切り出したほうがいいだろう。

 ぐに生きるんだ──。

 家族三人をくしたとき、ことりは心にそう誓った。あれから三年、あっという間だった気もすれば、ずいぶんと長かった気もする。四月に誕生日を迎えて、ことりは当時の姉の年齢を超えた。そう考えると、感慨深い気もする。

 三階に到着すると、廊下を奥へと進んでいった。D組の教室は三階の突き当たりに位置している。スリッパの音が、誰もいない廊下に響き渡った。

 ふと窓に映る自分の姿が目に入った。黒縁メガネをかけたせっぽちの女子が、不機嫌そうな顔でこちらを見つめている。思わず視線をそらしてしまった。

 ことりは自分の容姿が嫌いだった。つい周囲に厳しくなるのは、結局、そのせいなのかもしれない。

 一年D組の教室に到着すると、ことりは扉の前で足を止めた。

 とにかく、今、ことりがやるべきことは、クラス委員として、一年D組が抱える問題を一つでも多く解決することだ。

「さて──」と気合を入れるために自分で頰をたたく。

 短く息を吐くと、扉を開けた。


   


 灰色の雲が上空をおおっている。いつ降り出してもおかしくないほど、空気が湿気を帯びていた。長い階段を上ってきたせいか、額には汗がにじんでいる。

 中庭の真ん中で足を止めると、ながさわみなみはぐるりと周囲を見回した。窓から無数の目がこちらを見下ろしている。校内に侵入した異物を値踏みするような視線だった。

「スクールカースト殺人教室(新潮文庫)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます