話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

やりこみ好きによる領地経営 ~俺だけ見える『開拓度』を上げて最強領地に~

空野進

第1章 やりこみ好きが転生しました (1)


第1章 やりこみ好きが転生しました


 平凡な会社員である俺、そうたくはパソコンモニターの前に座り、ゲームパッドを握りしめてみを浮かべていた。


『今まで見たことのない最高の自由度を!』


 そんなうたい文句のオープンワールド型のロールプレイングゲーム。

 国の王になってこくせいを行うのもよし。兵士になってがいてきと戦うのもよし。冒険者になって自由をおうするのもよし。それこそ暗殺者になってようじんの命を狙うのもよし。

 と、何でもありの本ゲームが発売するのを、俺はずっと待ち望んでいた。

 そして、発売日。

 当然ながら休みを取ってとことんやりこむつもりだった。

 出かけなくてすむように食料の調ちょうたつも済ませてあるし、ちしないようにコーヒーの準備もできている。あとは実際にプレイしていくだけ。

 ダウンロード中……、の文字を見ているとどうにも落ち着かない。

 早く始まらないか、と思わず足を動かしてしまう。

 無意味にマウスを動かしたり、ソフトケースを見たりしてしまう。

 最初の職業は何を選ぶか? やっぱりなんに冒険者か? いや、どうせならもっと難易度の高いやり込み要素がある職の方がいいな。

 説明書をながめながら、あまある職業の中から一つに絞ろうとするが、なかなか決まらずにその間にダウンロードが終わってしまう。

「ここにっていない職業もあるみたいだからな。どれにするかはキャラを決めながら考えるか」

 モニターには『キャラクターの名前を入力してください』と表示されていた。

 そこで、表示される順番に入力していく。


【名前】 ソーマ

【年齢】 24


「あれっ、年齢も必要なのか? もしかして、きんもある……とか?」

 課金があるなら、まずは無課金で徹底的にクリアした後に、今度ははい課金をして再度クリアなんてこともできそうだな。


『職業を選んでください』


 そして。ついに職業選択の画面になる。

 無数の職業の中から一つ選ぶだけ。

 できるだけやりこみ要素の多い職業がいいな。おっ、これがいいか。

 目にまったのは【辺境へんきょう領主りょうしゅ】だった。


【辺境領主】

 誰もりょうみんが住んでいない、荒れた地の領主。いつ魔物が襲ってくるともわからない危険な地なので、自身の能力をきたえる必要もあり、領地のかいたくも必要になる。


 なるほど。全ての要素が必要な職業か。

 かなり難易度は高そうだけど、その方が燃えるからな。よし、職業はこれに決めよう。

 能力値とスキルは……辺境領主は全て1か。

 本来なら戦闘職じゃないわけだし、この能力は仕方ないか。

 スキルは……領民のやる気を上げる【】と領民のステータスを上げる【げっこう】か。

 どちらも領民がいないと始めらないわけだ。そう考えるとまずは人を増やすところからだな。

 ゲームの進め方を考えていると、さらに画面に言葉が表示される。


『このボタンを押すとあなたはもう戻ってこられません。ボタンを押しますか?』


 中々雰囲気があるな。やはり期待の新作だ。これも作品にのめり込むようにするための演出だろうな。

 迷わずにボタンを押すと、その瞬間に意識が遠のいていった。


◇◇◇


 目の前に広がるのは、見たこともない木々とろくに手入れされていない小さな畑と小屋。遠くの方を眺めると川が流れているのも見える。

 俺がしていたのはVRゲームではないはずだが――。

 軽くほおをつねってみるとしっかり痛みを感じた。

 どうやらここは夢ではないようだ。それなら一体どういうことだろうか?

 周りをじっくり調べていく。

 近くに誰かがいるような気配もない。

 ひとざと離れたかたなか……といったところだろうか? とにかく今の自分の状況を確認するために色々と調べてみよう。

まずはあの小屋の中だな。

 すぐ側にあるボロボロの木の小屋。

 ちょっとしたしょうげきでも壊れてきそうなところだけど、この場所について何かわかるかもしれない。

 そんな期待を胸に小屋へ向かう。

 ただ、その途中で手のひらサイズのすいしょうが転がっていた。

「なんだ、これ?」

 透き通った青色の水晶を手に取る。すると、順番に文字が浮かび上がってくる。


【名前】 ソーマ

【年齢】 24

【職業】 辺境領主

【レベル】 1(0/4)

『筋力』 1(0/100)

『魔力』 1(0/100)

びんしょう』 1(0/100)

『体力』 1(0/100)

【スキル】 『鼓舞』1(1/1,000)『激昂』1(1/1,000)

【領地称号】 弱小領地

【領地レベル】 1(0/4)[庭レベル]

『戦力』 1(0/10)

『農業』 1(0/10)

『商業』 1(0/10)

『工業』 1(0/10)


 水晶には俺のステータス画面が表示されていた。その画面は先ほどパソコンで選択したものだ。

「やはりゲームの世界に転生してしまったのか? どうして――」

 理由を考えるが、特になにも思いつかなかった。

 唯一可能性があるとしたら最後に出てきたメッセージ。

 ゲームを盛り上げるためだと思っていた一文は、実はこの世界へ招いても良いかの最終確認だったのかも知れない。

「ははっ……、そんなことあるはずないだろう。もしかすると超リアルなゲーム、というだけかもしれない」

 とにかくこれがゲームのままの設定ならまずすべきことがある。

 今いる庭みたいな場所。これが俺の領地で、周りは危険に囲まれている……ということだ。

 なるべく早く領地を開拓して、危険を減らさないといけない。

 俺は早速小屋の中に入っていった。


 ◇◇◇


 小屋の中には古びた農具や武器が転がっていた。まともに使えるかどうかは別にして――。

 ここに住むにはまず片付けが必要だ。

 今はほこりっぽすぎるのと、物が置かれすぎて足のみ場すらまともにない。

 そして、水晶には小屋の情報が数字化して表示されていた。


【名前】 古びた小屋

【開拓度】 1(0/10)[戦力]

【必要素材】 E級木材(0/5)

【状況】 とうかいの危険あり


 住み続けるには色々と問題がありそうだな。

 ただ、補強するにしても俺に何か技術があるわけでもない。

 ゲームみたいにボタンを一つ押せば強化される……というわけにはいかないからな。

「ははっ……、いきなりんでないか、これ?」

 とんでもない超ハードモードだ……。

 でも、ここで生活していくしかない以上、住みやすいように変えていくしかない。

 それに、いくら開拓度の数字がわかったとしても、それを上昇させる手段がわからなければ上げようがない。……いや、もしかするとこの【必要素材】が数字を上昇させる方法に当たるのか?

 試してみないことにはわからないな。それと、ここは倒壊の恐れがあるようなので迷っている場合でもない。とにかくここに書かれているE級木材というのを探していこう。


 小屋から外に出ると次は畑の方へ向かう。

 すごく荒れた地なのにそこには元気にキュウリが育っていた。1本だけ――。


【名前】 荒れた畑

【開拓度】 1(0/10)[農業]

【必要素材】 E級せき(0/3)

【状況】 キュウリ(1/1)


 うん、見たままだな。こっちに必要な素材は魔石か……。畑にでもくんだろうか? 確かにゲーム的に考えたらそうなんだろうけど、リアルだから自分でたがやしていく必要があるわけだ。

「やりこみ好きによる領地経営 ~俺だけ見える『開拓度』を上げて最強領地に~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます