話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~

餅月望

第 一 話◆断頭台から始まる

第一話 断頭台から始まる

赤い、燃えるように赤い夕日が視界を焼く。

帝都名物の大広場に設営された断頭台。さびの浮いた無骨な刃が、陽の光を受けてギラリと輝きを放っていた。

その前に立ち、ティアムーン帝国唯一の皇女、ミーア・ルーナ・ティアムーンは、呆然と周りを見回していた。

突き刺さるような声、声、声。

聞いているだけで耳をふさぎたくなるような罵声ばせい、怒号。その多くは自分を非難するものだ。

「……どうして、どうして、こんなことに」

栄えあるティアムーン帝国の第一皇女である自分が、どうしてこんな目に遭わなくてはならないのか。

パンがなければ、肉を食べればいいと笑ったからだろうか?

フラれた腹いせに貧乏貴族の娘にビンタしたからだろうか?

嫌いな野菜である黄月おうげつトマトの入った料理を作ったコックを、その場でクビにしたからか?

いや、そりゃ全部だろ、と、ツッコミを受けそうなことを心の中で嘆きながら、彼女は、憎悪に燃える民衆の顔を見た。

その先頭で、兵士たちに指示をする青年の姿が見えた。

シオン・ソール・サンクランド。

大国、サンクランド王国の第一王子。白銀の髪をした凛々しい青年だ。

そして、その隣に凛と立つ少女。ティアムーンの聖女と呼ばれる少女。

辺境の貧乏貴族の出身ながら、シオンの協力を得て、苦しむ民のために革命を起こした令嬢。

ティオーナ・ルドルフォン。

自身をおとしめた存在、憎しみの対象。

けれど、すでに、その憎しみの炎も消えて、後に残ったのは灰のような諦めだけだった。

「……どうして、こんなことに」

力なく、ただただ、そうつぶやくのみ。

やがて、後ろにやってきた兵士が、彼女を力ずくでひざまずかせた。

目の前に、無骨な木の板が見えた。

三つの穴があいたそれは、断頭台に囚人を固定するための器具だ。

ささくれ立った木は、触れただけでトゲが刺さり、彼女の体を痛めつける。

「どうして、こんなことに……」

三度目の問いかけ、それに答える声があった。

「帝国のためですよ、大人しく死になさい。お姫さま」

視線を上げると、自らを連れてきた兵士が冷たい目で見降ろしていた。

むき出しの殺意に恐怖を覚える間もなく、重たい鉄のかたまりが落ちてきて。

どつっと、鈍い音がして……周りの景色がぐるり、ぐるり、と回って……。

ぱさり、と、唯一持つことを許された、使い古した日記帳が……、地面に落ちて、それが、じんわり赤く、赤く染まっていき……。

そうして、ミーア・ルーナ・ティアムーンは死んだ。


という夢を見た。

「ひぃやあああああああああああああ!」

ミーアは絶叫した。

帝国の姫君に相応しくない、ちょっと品のない悲鳴だった。

「く、くくく、くび、くびくびくびくびぃいいいい!」

ぺたぺたと、自分の首がついていることを手で触って確認。確認っ!

──あっ、ありますわ、大丈夫、大丈夫。

今度は、こわごわと自分の体を見下ろす。

ボロボロのごわごわした布に包まれていたはずの体を包むのは、豪奢な寝間着だった。

ふわふわ、フリルがふんだんに使われている、さわり心地のいいやつだ。

擦り傷だらけだった肌は、すべすべになっていて、見つめた手の平は夢で見たより縮んでいた。

──まるで、子どもみたい……。

ぼんやり、ベッドから降りて、大きな姿見の前に立つ。

きょとん、と丸く見開かれたあおい瞳、肩の辺りで切りそろえられた白金の髪と、ほんのり紅潮した健康的な頬。

そこに映ったのは、十一、二歳ぐらいのころの自分の姿だった。

それは、まだ帝国が大陸で有数の栄華と繁栄を誇っていたころで……。

──おかしいですわ。たしか、わたくしは二十歳だったはずですが……。

十七歳、逃亡の途中に捕らえられて、地下牢に三年間幽閉されて……、それで。

苦しい日々が目の前に、次々に浮かぶ。

辛かった日々、泣いた日々、地下牢の固い石の感触、ひんやり湿った毛布の感触。

記憶の混乱、けれど、それ以上に大きな安堵。

「……お、おほほ、で、ですわよねぇ」

ミーアは笑った。

「い、いやですわ、あんなこと、起こるはずがございませんのに」

悪い夢を笑い飛ばすように高笑い。

「つまらない夢ですわ。子どもっぽくって、我ながら呆れてしまいますわ」

本当の子どもは、子どもっぽい悪夢なんて思わないのだけど……、それを不思議と思えるだけの余裕もなく、ともかく、笑って。笑って。

それから、何気なく枕元を見て……。

「……あら?」

ミーアは首を傾げた。

そこには、異様なものが、置かれていたからだ。

それは、古びた日記帳だった。

表紙を見る限り、十歳の時からつけ続けている日記帳に間違いはない。それはいいのだけど、なんだか全体的に古びているような……。

……というか、黒ずんだシミに覆われている。

それは、夢の中、最後に見た日記帳とそっくりで。

震える手で、日記帳に触れる。

こわごわ表紙をめくると、赤黒く染まったページが目に入ってきて。

そこにびっしりと書かれた恨み言は、先ほどの長い夢の中で、彼女が延々と書き連ねた物に他ならなくって……。

牢獄の苦しみを、断頭台への恐れを、書き連ねた物に他ならなくって。

「ひぃやあああああああああああああああああああああ!」

再びミーアは悲鳴を上げ、ベッドの上に、こてりん、と倒れ、そのまま気絶した。

「ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます