話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

陰陽師と天狗眼 ―巴市役所もののけトラブル係―

歌峰由子

1 引っ越しにトラブルは付きもの (1)



1.引っ越しにトラブルは付きもの



 春。四月一日を控えた週末、街はささやかながらも、旅立つ者とおとなう者の交差に活気付いている。

 そんな街の一画、単身者向けアパートの前に、呆然と立ち尽くす青年がいた。

 みやざわさと、二十二歳。艶やかで癖のない黒髪を後頭部でひとつに束ね、細身のジーンズに暗色のショートトレンチを羽織っている。

 すらりとした四肢に、育ちからくる品の良さ、人柄の良さが滲み出る整った顔立ちをしている。大都市からは遠く離れた田舎町では好奇の視線を集めるはずの長髪が、何の違和感もなく似合っている中性的な雰囲気の青年だ。

 しかし、せっかく麗しく整った容貌を台無しにする間の抜けた表情で、美郷は棒立ちに突っ立っていた。

 正しく、茫然自失。頭は真っ白、というやつである。

 目の前では、引っ越してきたばかりらしき部屋の住人が、慌しく荷物の整理をしている。そして背後には、自分の荷物が積まれた引越業者のトラック。

「…………え、どういう、こと……?」

 眼前のその部屋は、確かに美郷が契約した、今日からの新居のはずである。彼はこの日、この部屋に引っ越してきた……はずだった。傍らのトラックから降りてきた引越業者のスタッフが、困惑交じりに彼の名を呼ぶ。

「宮澤さん、荷物の搬入どうします?」

「どうしたら……いいんでしょう、ねぇ」

 反射的に思ったことを口にすると、困惑と呆れと苛立ちが混じったような溜息が返ってきた。今日は三月最後の週末。引越業者はどこも大忙しのかきいれ時だ。若さと体力が武器らしき若い男性スタッフも、気が立っているのだろう。

「とりあえず、契約した不動産屋に確認して来ますんで。もう三十分、ここで待っててもらえますか?」

 忙しいのは美郷も同じである。彼は来週からこの街で働かなければならないのだ。今更、契約していたはずの新居が空いていないと言われても困る。今まで暮らしていた大学の寮も、高校入学と同時に出た実家も県外で、とても通勤できる距離にはない。

 ここは広島県ともえ市。中国山地に抱かれ、その名のごとく三つの川が巴を成すこの街は、古くから山陰と山陽を結ぶ交通の要衝として栄えた。川の交差する盆地に発展した旧巴市を中心とする、広島県北部の中心都市である。

 彼、宮澤美郷は今年四月一日を以て巴市役所に採用された、新規採用職員だった。



 中国山地のなだらかな山々から吹き降ろす北風が、まだ花芽も固い公園の桜の梢を揺らす。

 春の風と言うにはあまりに冷たいそれにコートの襟を立て、美郷は深い溜息をついた。暖房の効いた不動産事務所で含み込んだ、暖かい空気が吹き飛ばされていく。もっとも、精神的には事務所の中にいた時から既に冷え切っているのだが。

 契約したはずのアパートを管理する不動産屋に駆け込んだ美郷を待っていたのは、無残な現実だった。不動産屋の手違いで部屋がダブルブッキングされていたのだ。しかも、契約日も入居日も美郷の方が後で、逆立ちしても美郷がその部屋に入居することはできない状況である。

 不動産屋の担当者も平謝りで代わりの物件を探してくれたのだが、大学や大きな企業のないこの街は、一人暮らし用の物件が乏しい。予算に見合う物件が全く見つからなかったため、諦めて他の不動産屋を当たりに事務所を出てきたのが約五分前、といったところである。

「……ひとつ確かなのは、どう頑張っても多分、おれは今日中に引っ越しはできないってことだよな……」

 ああ、寒い。春先の気温が、実家と比べてそう低い土地ではないはずだが、今日はやたらに冷える気がする。──多分これは、心が寒いのだ。

 不動産屋の差し向かいにあった人影のない公園で、ブランコの支柱に寄りかかってスマホをもてあそんでいた美郷は天を仰ぐ。アパート前に待たせていた引越業者には、新居が決まるまで倉庫で荷物を預かってくれるよう電話をして、今日のところは引き取ってもらった。もちろん、追加料金発生である。

 今夜の宿は最悪、乗ってきた自家用車で何とかなるが、流石に初出勤までには住居を定めたい。

「あー、どうなるんだろ、おれ」

 住所不定は嫌だ。住民票だって、もう巴市に移したのに。というか、市役所職員が住所不定ではあまりにも格好がつかないだろう。そんなあんたんたる思いを抱えて、公園前に路駐していた車へ向かう。

 公園を出て視線を巡らせると、折角だからとピカピカに磨いてきた軽自動車の傍らで、派手な格好の見知らぬ男が辺りを見回していた。美郷の足が凍りつく。

 染めた、というより色を抜いた風情の明るい色の短髪は、固めてあるのか奔放に撥ねている。派手なオレンジ色のパーカと、こし穿きにしたがぶがぶのカーゴパンツが非常に近寄りがたい雰囲気を醸していた。パーカからはみ出たシャツの裾下からは、ごついウォレットチェーンがじゃらじゃらと下がり、極めつけは耳に光るシルバーピアスと、薄く色の入ったサングラスだ。

 都会の繁華街ならばともかく、高層ビルなど存在しないような長閑のどかな田舎町に立っていれば目立つこと甚だしい、一昔前の漫画に出てきそうなヤンキー様だ。そんな、生まれてこの方ナマで拝んだ記憶のない人種が、よりにもよって、自分の愛車の前に立っている。

(ちょ……! なんでっ!? 今日のおれはそんなに運勢悪かったですかね!?

 思わず後ずさった美郷の足音が聞こえたのか、ヤンキー様がこちらを向いた。よう、とばかりに親しげに片手を挙げて、大股に歩み寄ってくる。隠れた目元と、口の端に浮かぶ笑みが怖い。こんな危なそうな人物と関わった覚えはないのだが、一体ナニが起きたのか。

 内心パニックを起こしつつも一目散に逃げ出すことすらできず、美郷は目の前に立った相手をぽかんと見つめた。間近で相対してみると、身長も自分より目線ひとつ高い。

 これはヤバいのではないか。内心青くなる美郷に、ヤンキー様は機嫌良さげに声をかけた。いわく、

「お宅、住むところ無くて困ってるんだってな。良い物件をひとつ紹介してやれるんだが、聞く気はあるかい?」



 金髪ピアスのその人物は、サングラスを外してかりりょうと名乗った。歳はおそらく二十三、四だという。年齢がアバウトなのは幼い頃の記憶がなく、正確な生年月日を知らないからだそうだ。初対面であっけらかんと話された、現代の日常ではあまり聞けないエピソードに目を白黒させつつ、美郷は「ははあ」と曖昧にうなずく。

「なんだその顔、信じてねーだろ」

「いえ、そういうワケでは……」

 パーカのポケットから煙草を取り出して一本くわえ、愉快そうに怜路が笑った。「喫うかい?」と煙草の紙箱を差し出され、いいえと首を振って美郷は一歩距離を置く。煙草の臭いが苦手なのだ。

 どうやって逃げようかと思案しつつ、美郷は引きつった誤魔化し笑いを浮かべた。なにを理由に絡まれているのかすら分からない。

 相手の表情をうかがおうと改めて視線を上げ、美郷はおや、と目を瞬いた。サングラスを外した怜路のそうぼうは、不思議な色をしていたのだ。ライターに火を点けていた怜路も手元から目を上げ、ばちりと正面から視線が合う。

「目、不思議な色ですね」

 怜路の目は、緑の虹彩に銀が差し込んだ明るい色をしていた。その鮮やかさに、ぽろりと感想がこぼれる。

 身につけているファッションから考えればカラーコンタクトの可能性もあったが、真正面から見る双眸は、春の日差しを受けて透明に輝いていた。自分とは全く異なる美しい目の色に、美郷はサングラス姿を得心する。普通にしていてはまぶしいのかもしれない。

「まぁな。『てんがん』つって……色々と余計なモンが視える。アンタ、なんか飼ってるだろ」

 器用に片目をすがめて、怜路がにやりと口の端を上げた。いたずらっぽい口調の言葉に、どくりと大きく鼓動が鳴る。体を強張らせた美郷を面白そうにり、煙草のフィルタを噛んだ怜路が歯を見せて笑った。

「陰陽師と天狗眼 ―巴市役所もののけトラブル係―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます