話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クールな社長の耽溺ジェラシー

春奈真実

クールな社長の耽溺ジェラシー / 意外な一面 (1)




クールな社長の耽溺ジェラシー


意外な一面


かんぬき建設・設計部設備課照明係 たかとうなつ】――自分の名前のプレートが置かれた席に座り、資料を見つめた私は固まっていた。

 視線のさきに書かれているのは〝コンセプト:光環境の整備と人が集まるまちづくり〟――。

「今回の〝まちなかライトアップ〟に関するプロジェクトは、私たち閂建設だけではなく、にいデザイン事務所の新野ゆう社長をお迎えして行ってまいります」

 三十人ほどが入れる会議室で私のひとつ年上の先輩であるひろさんが、コの字形に組まれたテーブルの前に立ち、マイクを片手に会議を進めていく。

 普段は無駄口が多くて年齢より若い言葉遣いをするけれど、いまはしっかりした喋りで安心して聞いていられた。

「では、簡単にではございますが、私から新野社長をご紹介させていただきます」

 広瀬さんがタッチパネルになっているモニターに触れると、そこに新野社長の実績と仰々しい賞の名前がずらずらと表示された。

 彼が手がけた作品は、誰もが知る有名な建物やランドマーク、名所ばかり。その華々しい功績に、会議室に集まった関係者からは「おお」と驚きと称賛の声が上がる。

 新野社長を中心にプロジェクトを進めてほしいと依頼してきたクライアントはさすがに知っていたようで、目を丸くしている関係者たちを見て満足そうにあごをさすっていた。

「では、ここで新野社長にひと言ご挨拶をいただきたいと思います」

 広瀬さんが新野社長の紹介を終えると、こちらを振り向く。

 このプロジェクトは多くの企業が一丸となって進めるものだ。企業が所有する施設だけではなく、都が管理する公共施設やランドマークもライトアップの対象になるため、外部の関係者がずらりと席に並んでいた。

 一方、閂建設側のスタッフは少なく、私と前に立って話をしている広瀬さん、上司であるしょうともゆきさん、そして――。

「新野社長、よろしくお願いします」

「はい」

 広瀬さんの呼びかけに、同じ並びに座っていた新野社長がすくっと立ち上がる。外部とはいえ設計のポジションなので、閂建設側に座ってもらっていた。

「ただいまご紹介にあずかりました、新野デザイン事務所の新野夕です」

 新野社長がマイクを握ると、関係者がいっせいに注目する。多くの視線はさきほど並び立てられた実績への興味だけではなく、彼の容姿に対しても向けられているようだ。

 一八〇センチはあると思われる身長に均整のとれたスタイル……それだけでも街を歩けば十人中七人が振り返りそうなもの。

 そのうえ人柄が表れる瞳は黒目がちで芯が強そうに見え、鼻筋はスッと通っていて、爽やかな黒の短髪がその整った顔立ちを強調し、十人中十人が振り返るほどのかっこよさをつくり上げていた。

 白シャツに黒いジャケットを羽織っただけの服装もモデルみたいにきまっていて、自然と人の目を惹き寄せる。

 そんな自身の魅力に気づいているのか、いないのか。新野社長はにこりともせずに背筋を伸ばし、堂々とした態度で言葉を続ける。

「今回、閂建設さんとご一緒できるということで楽しみにしていました」

〝楽しみに〟というわりにはまったく声が弾んでいない。しかし低く落ち着いていて、これが仕事の話でなくてもつい耳を傾けてしまいそうなほど心地いい。ただ――。

「コンセプトにもありますように、光環境の整備、そして人の集まる街づくりを第一に考えて設計していきたいと思います」

〝コンセプト〟という言葉を聞いた瞬間、憂うつな気持ちに襲われる。

 照明設計においてはよくあるコンセプト。なのに、まさかその裏には私が苦手とする意味が含まれているなんて――。

 私が悶々としているなか、新野社長は自慢やリップサービスをまじえることもなく淡々と話を続け、「よろしくお願いします」とスマートに頭を下げて腰を下ろした。

 周りの関係者からは拍手にまじって「クールだね」や「いまどきのイケメンだな」など褒め言葉が聞こえてきた。

 たいていの人は好印象……とまでいかなくとも、悪い印象は抱かなかっただろう。

 だけど、私はがっかりしていた。想像していた〝照明デザイナー・新野夕〟とまったく違ったからだ。

 新野社長といえば、三十二歳にして日本のシンボル的タワーや、国のトップが参拝する神社のライトアップ、庭園や複合施設などのライティングを次々に手がけ、近い将来、国内だけではなく海外でも一番の照明デザイナーになるといわれている人だ。

 自ら立ち上げた事務所はまだ設立三年目と若いのに、新野社長に憧れる優れたデザイナーが集まり、たくさんの建築事務所から照明設計を依頼されている。

 その仕事ぶりはどれだけ受注が多くても手を抜かず、独創的で美しいという評判もあり、建築や設計とはまったく関係のない企業からもイベントのライティングを頼まれたりするほどだ。

 実は私も、新野社長が手がけるライティングに注目しているひとりだった。

 建物の構造を活かし、自然光を取り入れて設計された照明はどれも優しさにあふれていて、その美しさに心を動かされた。

 照明設計には人柄が表れると考えていた私は、彼がデザインした建物を見ながら、きっとすごく優しい人がつくったのだろう……と想像し、尊敬している正司さんに似ているのではないかとさえ思っていた。

 それなのに、こんな無表情な人だったなんて。

「それでは、会議はこれで終了です。お忙しいなかお集まりいただき、ありがとうございました」

 広瀬さんの締めの挨拶で関係者たちが席を立つ。私や広瀬さんたちにまじって、新野社長も会議室を出ていく人々を見送っていた。

 やっぱり笑顔はなく、ずっと真顔を貫いている。それなのに無愛想に感じられないのが不思議だ。……これがイケメンマジックか。

「えーっと、それじゃ、今日の締めとして俺たちだけでもう一回挨拶しますか。ていうか、俺が仕切っていいんですかね?」

 会議が終わった途端、素に戻った広瀬さんはクリリとした目で正司さんや新野社長の様子をうかがった。

「ああ、頼む」

 さきにうなずいたのは新野社長だった。

 短く答えると、正司さんを気にするようにちらりと見る。だけど、正司さんは新野社長には一切目もくれず、ノンフレームのメガネを中指で押さえると柔らかな笑みを浮かべた。

「そうだね、お願いするよ。設計については新野くん……いや、新野社長を中心に進めていくけど、打ち合わせや会議に関してはこれから広瀬くんが仕切ってくれると助かるかな」

 どことなくぎこちない笑顔を浮かべる正司さんに違和感を覚える。まるで新野社長を避けているみたいだ。

「クールな社長の耽溺ジェラシー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます