話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

男装したら数日でバレて、国王陛下に溺愛されています

若菜モモ

第一章 家族のための男装 (1)




第一章 家族のための男装



 朝の日差しが、娘の背中の中頃までの、少し癖のあるプラチナブロンドの髪に降り注いでいる。

 その見事な髪の持ち主は、ミシェル・ブロンダン。整った顔立ちの、十八歳の美少女だ。彼女が着ているのは、深緑色のハイネックのドレス。足首まで長さがあり、シンプルな綿モスリンの生地で、細いウエストは同じ素材のリボンで後ろに結ばれている。この国の若い娘はこういった格好が主流である。

「今、ご飯をあげるからね」

 彼女が声をかけたのは、柵の中にいる四方八方に散らばる五羽の鶏。

 ベルナディス国の王城がある町から、徒歩で一時間ほどのところにある村に、ブロンダン家は昔から住んでいた。ブロンダン家の男たちは、代々この国のベルナディス国王の身の回りの世話をする侍従をしている。

 ごく普通の村人だったミシェルの先祖が、従者とはぐれて道に迷っていた国王を家に招き入れ、手厚く世話をしたところからたいそう気に入られ、侍従になったと言われている。本来ならば侍従になるには貴族でなくてはならなかったところを、国王は『お前のような者が、そばで世話をしてほしい』と、側近たちの反対を押しきったと伝えられていた。

 現在の国王はクロード・ヴィクトル・ベルナディス。年齢は二十五。去年、前国王が病気で崩御して、跡を継いだ。

 亡くなった国王にはもうひとり、身分の低い妃を母に持つ王子、パスカル・ベルナディスがいる。パスカルはクロードより一年早く生まれており、クロードにとっては異母兄だ。けれど、正妃の子供であるクロードが王位継承第一位、パスカルは王位継承第二位。生まれたときから同じ教育を受けてきたが、賢くて神童と言われていたのはクロードだった。

 国王クロードの侍従頭として身の回りの世話をしているのは、ミシェルの祖父ロドルフ。すでに引退の時期が近づいている。

 ミシェルの父親は五年前に病気で亡くなり、彼女は母マリアンヌと兄フランツの三人で住んでいる。

 ミシェルとフランツは双子だ。現在、フランツはベルナディス国の外れにある叔母エレナの家を訪ねており、あと二十日ほどで戻ってくる。そして侍従になるべく、見習いから始める予定である。

 フランツが王城で働けることが、ミシェルには羨ましい。活発な彼女は、できることなら自分が侍従見習いとして働きたいと思っていた。しかし侍従は男であることが大前提。女であるミシェルには絶対にできないことだ。

 ロドルフのおかげで、貴族のようにぜいたくとまではいかなかったが、ミシェルはドレスも食事も一般の村人よりは、不自由のない暮らしをしていた。

 近所に友達もいるが、母とふたりで暮らすのは少々寂しい。なんでも話せるフランツがいれば楽しいのだが、今は叔母のところ。そして、戻りしだい王城へ行ってしまう。祖父のロドルフは滅多に帰ってこなかった。しかし戻ってくるときは、食べきれないほどのお菓子やドレスなどの土産みやげで、ミシェルを喜ばせてくれていた。

 ミシェルは弾むような足取りで柵の中へ入り、穀物を細かく砕いたエサを鶏にやる。鶏がエサを食べているうちに、手作りの鶏小屋の中で産まれた卵を取らせてもらう。今日の収穫は五個だ。

 卵が入っている籠を大事に抱えて、家の中へ入った。部屋にはマリアンヌが焼いたパンの香ばしいにおいが漂い、ミシェルは香りを楽しむように鼻をひくつかせる。

 マリアンヌは台所で野菜を洗っていた。

 ミシェルは母に近づく。

「お母さん、卵、五個あったわ。どうやって食べる? いつものがいい?」

「そうね。そうしてくれる?」

 マリアンヌはヤギのバターをたっぷり入れて焼く、卵焼きが好きなのだ。

 ミシェルは「はい」と返事をしてにっこり笑い、空色の瞳を深めた。ここでは空色の瞳は珍しくないが、プラチナブロンドの髪はブロンダン家以外で見たことがない。祖先はずっと北のほうの出身で、いつしかこの国に移り住んだのである。

 ベルナディス国の人は大抵、茶色の髪や黒髪だ。婿養子で、亡くなった父も茶色の髪だった。

 ブロンダンの血を濃く受け継いでいるマリアンヌは、プラチナブロンドの髪。双子のフランツや祖父も、もちろんそうだ。

 ミシェルは卵を深い器の中で割って、フォークでかき混ぜる。よく混ざった卵液を、熱したフライパンにヤギのバターをたっぷり落としてから入れた。

 ふんわりとでき上がった卵焼きに満足し、フライパンから皿に移動させる。

 そのとき、台所の窓から見える庭の向こうがにわかに騒がしくなったことに気づく。

「馬車だわ。お父さんかしら」

 父から、あらかじめ戻ると連絡を受けていないマリアンヌは首をかしげ、エプロンでれた手をきながら急ぎ足で玄関に向かう。

 ミシェルも気になって、マリアンヌのあとを追う。

 馬車から降りてきたのはやはり、ミシェルの祖父であるロドルフだった。右足が包帯でグルグルと巻かれており、まつづえでこちらへ歩いてくる。その足取りはゆっくりで痛々しい。

 だが、いでたちは白髪の頭にハットをかぶり、グレーのコートとズボン姿で、国王陛下の侍従頭らしいパリッとした格好だ。

「おじいちゃん! 怪我をしたのっ!? なにがあったの!?

 ミシェルは松葉杖でやってくるロドルフに駆け寄り、身体を支える。

「おおっ、ミシェル。久しぶりだな。怪我のことは中で話そう。それよりも、フランツはどこにいる?」

 ロドルフはいとおしい孫娘に笑みを向けるものの、どうやら憂事を抱えているようにミシェルには感じられた。

「お父さん、フランツは十日前からエレナ叔母さんのところへ行っているわ。ぜんそくがひどくなったみたいで、お薬を届けるために」

「なんてことだ!」

 マリアンヌの言葉にロドルフは悲痛な顔になり、頭を抱える勢いだ。

「おじいちゃん、どうしたの……? 足が痛い?」

 様子のおかしいロドルフに、ミシェルは心配そうな表情になる。

「まあまあ、お父さん。いったいどうしてそんなことに? 中に入って話を聞くわ」

 マリアンヌはロドルフが家の中へ入りやすいように、扉を手で押さえた。

 ミシェルとロドルフが入り、扉を閉める前に、まだ停まっている馬車にマリアンヌが目を留める。

(あら……? 馬車はどうしてお城へ戻らないの?)

 いつもならばロドルフを降ろすと去っていくはずの馬車に、首を傾げる。馬車は家の出入口に停められたままだ。

 居間のソファに彼を座らせたミシェルは台所へ行き、温かいお茶をれて戻った。

「おじいちゃん、疲れているみたい。お茶を飲んで」

 トレイを抱えながら祖父の対面のソファに腰を下ろした。隣にはマリアンヌがいる。

「マリー、フランツはいつ戻ってくる?」

「あと二十日は戻ってこないわ」

「それでは遅い!」

 ロドルフはいても立ってもいられない様子で、足の怪我もかまわず立ち上がる。

「お父さん、落ち着いて。いきなりどうしたの?」

 唐突に聞かれ、マリアンヌが困惑気味に答えた。

「どうすれば……」

 マリアンヌの問いかけが耳に入っていないようなロドルフ。彼が顎に手をやると、ミシェルとマリアンヌは当惑しながら顔を見合わせた。

「よし! こうすればいい!」

 ロドルフは乱暴にソファに腰を下ろす。

「お父さん、足の怪我に注意してくださいな。こうすればいいって、いったいどうしたのですか?」

「男装したら数日でバレて、国王陛下に溺愛されています」を読んでいる人はこの作品も読んでいます