魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?

手島史詞

第一章 初恋とは誰もが一度はかかる質の悪い病である (1)

第一章 初恋とは誰もが一度はかかる質の悪い病である



 夜が明けて間もない森の中に、かんだかい悲鳴がひびいた。

 うつそうとした木々の枝葉が天井のように広がり、の光もさえぎられた森。きんりんの街々では迷いの森などと呼ばれる場所だ。この森の中心にはつたに覆われた古い廃城があり、ぼうれいだかあくだかの魔術師が住み着いているといううわさがあった。

 そんなうすわるい森を、ザガンは歩いていた。

 今年で十八さいになる少年だ。黒い髪に銀色の瞳。顔立ちもたんせいなもので、赤布で裏打ちされた黒のローブを羽織っている。もう少し小綺麗な格好をしていればどこかの貴族と名乗っても通じるかもしれない。

「お願い、やめてマイアス! 正気にもどって……」

 見ればひとりの女がらしき男にかれていた。

 まだ若いむすめだ。少女と呼んでもいい年頃だろう。みがかれた銅のように美しい赤髪と紺碧の瞳。けるような白いはだ。スッと通ったりようからは貴族のような品のよさが感じられるが、それ以上におてんばという印象が強い。

 しかしその快活そうな顔もいまはきようゆがんでいた。

 貴族のれいじようとその護衛の騎士といったところだろうか。

 ザガンはのんびりかれらに向かって歩きながらそんなことを考えた。

 そうしている間に、少女は激しくていこうして男の顔をいた。

「――ッ」

 だが、そこで青ざめたのは男ではなかった。

 少女のつめが引っ掻いたその顔が、ズルリと剥けたのだ。

 がめくれ上がり、ボタボタとにくへんの交じった血液がしたたり落ちる。

「ひ……っ」

 悽惨な光景に少女は声にならない悲鳴を上げる。

 ずるりと顔の皮膚がはげ落ちた下に、顔はなかった。耳や鼻はとされ、ほおぼねくだかれて原形を失っている。

 ――男の方は魔術師か。

 ザガンには、それが魔術の対価なのだとわかった。

 そんな醜悪グロテスクな顔を間近にきつけられて、あわれな少女はカタカタとふるえる。

 男はさらに腰からナイフを取りすと、少女の胸の上をでるようにすべらせた。

「~~っ」

 はらりと、シャツがはだけてぶさがさらけ出される。これから少女がなにをされるのかは想像にかたくない。

 しゆうしんと恐怖で声も出ない少女に、男は笑う。

「はは、なかなかそそる顔をしてくれるねえ。がっかりさせるようで悪いが、お前が期待してるようなりようじよくはしてやれねえんだな。処女ってのはなあ、魔術師にとっちゃけっこうな価値があるもんなのよ」

 ――身体をけがされるわけではない――

 そんな男の言葉に、少女の表情にいつしゆんだけあんの色が浮かぶ。

 だが、少女はわかっていなかった。

 それは、穢されるよりもさらにおぞましい目にわされるのだということを。


「生きたままがした処女の顔の皮ってのは、いいばいたいになるんだ。簡単に死ぬなよ?」


 少女の瞳に、地面に投げ捨てられた肉片生皮が映った。

「い、いやっ、いやああああああああああああああああああああああああああっ!」

 ぜつきようする少女に、男はますます気分をよくしたようにみを浮かべる。

「それにな、やっぱりお前みたいないい女の顔を剥ぐってのは、個人的にもたまらんのだよ。顔を剥ぎ終わったら、体の方も可愛かわいがってやるから安心しな。ひひゃひゃひゃ!」

 ザガンが男の後ろにとうちやくしたのは、そのときだった。

 そのまま男の頭をわしづかみにすると、片手でヒョイと持ち上げる。

「あ、あれ……?」

 少女のほおにあてがおうとしたナイフがはなれていき、男は間の抜けた声を上げる。

「だ、誰だてめえ!」

 自分の置かれた状況を理解していないのか、せいを上げる男にあきれた。


「お前こそ誰だ。ごうかんだかごうもんだか知らんが、人の家の庭鹿さわぎしやがって、これからるところだったのに目が覚めちまっただろうが」


 あんみんぼうがい――少女への哀れみも正義感の欠片かけらもない言葉に、男だけでなく少女までもが愕然とする。

 廃城を中心にこの森一帯がザガンの領地だった。

 そして、それは同時にここでは誰もザガンには勝てないということでもあった。

 魔術師ならばその意味くらいは理解できるだろう。男はそくにナイフをほうり出して手を上げる。

「ま、待て! 同じ魔術師だろう? 俺を殺しても貴様にはなんの得もないぞ。のがしてくれたら俺の研究成果をじようする!」

 それはいのちいだった。それも、財産のすべてを投げ出してもいいという次元のものだ。

 魔術師にとって、個人の研究成果というものはそのまま自分の力とえられる。知識を手にするということは、それだけ多くの魔術をるうということなのだから。

 なのだが、ザガンはろんげな目で男をにらむと、てるようにこう言った。


「人の生皮を剥がないと使えんような魔術なんぞ――いらん」


 直後、男の頭が果実のようにパシャンと砕けた。

「……あ、やっちまった」

 男は少女の上にまたがっていたのだ。その頭をつぶしたのだから、砕けた肉片や血しぶきはまともに少女の上に降り注いでいた。

 血まみれになって、少女は気を失ってしまう。目が覚めれば心的外傷のひとつやふたつは負っているだろう。

 さすがにとしもゆかぬ少女にこの仕打ちは、ザガンの胸にも罪悪感が込み上げた。

 ――お、落ち着け。俺は魔術師だ。これくらい、すぐに元に戻せる。

 血のあとがなければ少女も全てを夢だと思い込んで忘れることができるかもしれない。

 ザガンは気を落ち着かせるように深呼吸をすると、人差し指を立ててクルリと回す。

「逆巻けえんかん

 そう唱えると、地面に大きな円環が広がる。せいな文字と図形でつむがれたほうじんだ。時間を戻したかのように少女の体から血しぶきと肉片が剥がれ、魔術師の死体へと集まっていく。ザガンの手にこびり付いたのりもだ。

 これが魔術だった。

 魔術というものは、基本的にこの魔法陣をえがくことで行使される。この図形の中では物理法則を無視して魔術師の望み通りの現象を起こすことができるのだ。その手順や仕組みをふうすることによって、個々に力の差というものが現れてくる。

 じゆもんという、その意味を口にすることで魔法陣を描く手間を省く方法もあるが、原理的には同じことをやっていた。

 もっとも、この魔術は物体の位置を動かすだけのもので、むくろに集まった肉片は確かに失われた頭部の形に集まりはしたがすぐにグシャリとくずれる。

 それでも、少女の体は破れた衣服もふくめて元に戻っていた、

 改めてその顔を見て、ザガンはほうっと息をもらす。

 ――美人だな。

 それから、少女の首に一本のペンダントが下がっていることに気づく。

「……じゆうもんしよう――教会の人間か?」

 教会というのは、魔術師を目のかたきにするしよう神の使徒――そして彼らが保持する正義の聖騎士団を示す。

 騎士といえば本来、王に忠誠をささげるけいけんな兵士を指すが、彼らでは力ある魔術師にはたいこうできない。しかし教会には魔術に対抗できる神のせきが存在する。

 魔術師との戦いの場におもむくのは王の騎士ではなく教会の聖騎士で、いつしか騎士と言えば教会を指すようになっていた。

 つまり教会は魔術師の宿敵だ。

 ――どうしよう。俺が犯人だとかんちがいされてそうな気がするが……。

 一応、ザガンはこの少女を助けたことになるのだが、向こうにしてみればあくにんづらの魔術師が仲間割れをしたようにしか見えなかっただろう。しかも血しぶきのシャワーまで浴びせられているのだ。

 少女が目を覚ましたとしても、誤解を解くのは難しいかもしれない。しかし、曲がりなりにも一度は助けた少女を殺し直すのも後味が悪い。

「……まあ、別にいいか」

 少しなやんだ末、ザガンは少女を外に放り出すことにした。

 森の外に延びるかいどうに放り出してやれば誰かが見つけてくれるだろう。その先でも気を失った少女に危害を加えるような悪党に見つかるようなら、彼女の運が悪いのだ。そこまでめんどうを見る義理もない。

 軽くかかとらす。少女の体の下に、先ほどのものとは別の魔法陣が描かれた。

「魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます