魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?

手島史詞

プロローグ

プロローグ



 ――どうすればいいのだ、このじようきようを……!

 ザガンはいま、きゆうに立たされていた。

 そこは自身の居城だ。

 ゆかは古びてささくれたクヌギでできており、かべこけむしたいしれんを積み上げたもの。じゆうたんかべけをかざってそうとはしているのだが、ザガンは根本的に手入れというものをしてこなかった。

 建築から最低でも二百年はっているだろう、いんうつとした空気のこもるはいじようである。

 そんな城の玉座でひざを組んでふんぞり返るザガンの前に、ひとりの少女がちょこんとくしていた。

 まず目をくのはこしまでおおう真っ白なかみ。そしてその髪を飾るしんのリボン。小さな顔にまる大きなひとみは夏の空のようなこんぺきで、くちびるひかえめでうすももいろだった。

 きやしやたいを覆うのは純白のドレスで、開いたむなもとからは細い体に反して大きなふたつのふくらみがのぞいている。

 ただ、その瞳はひどくうつろで、耳はツンととがっていた。

 古くは北の聖地ノルデンようせいとも呼ばれた伝説の種族――エルフだ。

 特に、白い髪の個体はめずらしく、ことさら力が強いと言われていた。

 人より神に近いとされるかのじよたちだが、その神聖さゆえに人族からねらわれることも少なくはない。彼女たちはその髪の一本から血の一てき、命そのものでさえ、じゆつてきしよくばいとして計り知れない力を持っているのだ。

 そのはかなくも神秘的な少女の首には、くさりのついた無骨な首輪が嵌まっていた。

 奴隷の首輪である。

 そして、この少女の存在こそが、ザガンをのうさせるものの正体だった。


 ――好きな女の子と会話するのって、どうすればいいんだ……!


 数刻前、この少女にひとれしてそのがらを買い取ったまではよかったのだが、ザガンはこれまでとしごろの少女と口をく機会自体がほとんどなかった。

 異性の気の引き方などまるでわからない。

 少女の方もれいという身分で買い取られているのだ。きんちようしているのか、表情はかたく、無表情と言っても差しつかえないほどだ。

 いつまでもだまっておくわけにはいかない。なにか言わなければ。

 心の中で言葉をおもかべてみる。

『空がれいですね』

 ――……いや。これは、ない。これはないな。

 ここは窓も見えない室内で、てんじようを見上げればなんのごうもん器具かびた鎖がぶら下がっている。そもそも外はくもっていたはずだ。

 いくらなんでも、これはない。ならばなにを言うべきか。

『この城、どう思いますか?』

 ――頭を冷やせ。ここは死体やじゆつ道具がゴロゴロ転がってる廃城だぞ?

 しよけいじようごくのようですね、という返事しか思い浮かばない。

 というか、連れてくる前にそうくらいしておくべきだったといまさらこうかいする。

 そうして半刻が経とうとしたころだった。

 先に口を開いたのはザガンではなかった。

「ご主人さま。質問を、お許しいただける……でしょうか?」

 すずを転がすような、静かで心地ここちい声だった。

「……なんだ?」

 あいに返事をしてしまい、ザガンは頭をかかえたくなる。

 ――これではまるで腹を立てているようではないか!

 せっかく少女の方から話しかけてくれたというのに。

 ザガンがもんぜつしていると、少女はなにも感じていないようなこわでこう言った。


「わたしは、どのような殺され方をするの……でしょうか?」


 がくぜんとして、ザガンは口を開く。

「ちょっと待て! なぜおれがお前を殺すことになっている?」

「え……。ちがう……んですか?」

 そう言って、少女は壁や天井からぶら下がるものに目を向ける。

 血がべっとりとこびり付いたノコギリ、内側に長い針が取りつけられた鉄のひつぎ、大小さまざまなはさみなど、ぶつそうこの上ないしろものそうしよくひんのように飾られている。

 この城の前の持ち主が残した、拷問器具だった。

 ――それ以前に、げんかんに今朝のしんにゆうしやがいを放置したままだったものな。それはこわがるよな……。

 思い返してみれば、あの死体――頭をばしたざん体である――を見て少女も身をこわらせていたような気がする。

 こんな不気味な場所に女の子を連れ込んで『自分はしんだ。怖いことはなにもしない』などとのたまうじゆつがいたら、ザガンならとりあえずぶんなぐるだろう。

 ダラダラとあせが背筋を伝う。

 いつさいの希望を失ったような瞳をする少女に、ザガンはなにも言い訳ができなかった。


 ことのほつたんは、その日の朝のことだった。

「魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます