話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界はスマートフォンとともに。

冬原パトラ

第一章 異世界に立つ (1)

第一章 異世界に立つ



 目覚めると空が見えた。

 雲がゆっくりと流れ、どこからか鳥のさえずりが聞こえてくる。

 起き上がる。痛みはない。立ち上がり周りをわたすと、山々や草原が広がり、どこか田舎いなかの風景といった感じだった。

 ここが異世界か。

 大きな木が遠くに見える。その近くに見えるのは道だろうか。

「とりあえず道なりに進めば人に会えるかな?」

 そう判断し、目の前の大きな木を目指して歩き出す。やがて道が見えてきた。これは確かに道だ。

「さて、どっちに向かうか、だけど……」

 大きな木の根元で右手に行くか左手に行くかなやむ。ううむ、右手に行けば一時間で、左手に行けば八時間で町に着く、とかだと困る……と思案していると、とつぜん内ポケットのスマホが鳴った。

 取り出して見ると、「着信 神様」の文字。

「もしもし?」

『おお、つながった、繋がった。無事着いたようじゃな』

 スピーカー部を耳に当てると神様の声が聞こえてきた。さっき別れたばかりなのに、なんかなつかしさを感じる。

『言い忘れとったが君のスマホな、マップとか方位とかもそっちの世界仕様に変えてある。活用してくれ』

「そうなんですか? いやまあ助かりましたけど。ちょうど道に迷っていたもので」

『やっぱりか。君を送る場所を町中にしてもよかったんじゃが、さわぎになるとめんどうかと思ってな。人目のないところにしたんじゃが、それはそれでどこに行けばいいかほうに暮れるわな』

「ええ、まあ」

 しようしながら答える。確かに僕には行く当てがない。故郷も知り合いもないのだから。

『マップでかくにんしながら進めば問題なく町に着くじゃろう。ではがんってな』

「はい。では」

 電話を切るとスマホの画面を操作し、マップのアプリを起動する。自分を中心にして地図が表示された。かたわらに道がのびている。これがあしもとのこの道だろう。縮尺を変えていくと道の先、西の方に町がある。えっと……リフレット? リフレットの町か。

「よし、じゃあ向かうとしますか」

 僕はコンパスアプリで方位を確かめ西へ歩き始めた。



 しばらく歩くとけっこうまずいじようきようじゃないかと思い始めた。

 まず、しよくりようがない。水もない。町に着いたとして、それから? お金がない。さいはあるが、こちらの通貨がはたして使えるか? つうに考えて使えないだろう。さてどうしたものか……。

 と、ぼんやり考えながら歩いていると、なにやら後ろから音がしてきた。り返ると遠くからこちらに向かってくる何かが見える。あれは……馬車か。馬車なんて初めて見た。おそらくだれかが乗ってはいるのだろうが……。

 異世界に来てのファーストコンタクトだが、どうしたものか。馬車を止める? 乗せてください。それもアリかもしれないが、やめることにした。か。

 馬車が近づくにつれ、その馬車がすごく高級なモノだとわかったからだ。きらびやかな細工とじゆうこうな作り。間違いなくあれは貴族とか金持ちの乗るモノだ。

 そんな人を止めて「無礼者! 手打ちにしてくれる!」とでもなったらたまらない。後ろから近づく馬車に道をゆずり、はしの方へ身を寄せた。

 目の前をガラガラとつちけむりを上げながら馬車が通過していく。面倒なことにならずにすんだと、また道にもどり、歩き始めようとして馬車が停車していることに気がついた。

「君! そこの君!」

 バタンと馬車のとびらを開けて出て来たのはしらと立派なひげをたくわえたしんだった。しやたスカーフとマントを着込み、胸にはのブローチが輝いている。

「なんでしょう……?」

 興奮した様子でこちらに向かってくる紳士を見ながら、心のかたすみで「あ、言葉が通じる」と僕はあんしていた。

 ガシッとかたつかまれ、ジロジロとめ回すように身体からだを見つめられる。え、なにこれ。ヤバイ状況でしょうか。

「こっ、この服はどこで手に入れたのかね!?

「は?」

 いつしゆん、なにを言っているのかわからず、ポカンとしてしまったが、そんな僕をお構い無しに、髭の紳士は後ろに回り、横に回り、めつすがめつ僕の着る学校の制服をながめている。

「見たことのないデザインだ。そしてこのほうせい……一体どうやって……。うむむ……」

 なんとなくわかってきた。要するにこの制服がめずらしいのだ。おそらくこの世界にはこのような服はないのだろう。で、あるならば。

「……よろしければお譲りしましょうか?」

「本当かね!?

 僕の提案に髭の紳士が勢い良く食い付く。

「この服は旅の商人から売ってもらったものですが、よろしければお譲りいたしますよ。ただ、着る物を全部売ってしまうと困るので、次の町で別の服を用意していただけるとありがたいのですが……」

 まさか異世界の服ですとは言えないので、思い付いた言い訳を並べ立てる。この服が売れて多少のお金になれば助かる。目立たなくもなるし、一石二鳥かもしれない。

「よかろう! 馬車に乗りたまえ。次の町まで乗せてあげよう。そしてそこで君の新しい服を用意させるから、その後でその服を売ってくれればいい」

「では取り引き成立ということで」

 髭の紳士と僕は固いあくしゆわす。そのまま馬車に乗せてもらい、次の町リフレットまで三時間ほどられた。その間髭の紳士(ザナックさんと言うらしい)は、僕のいだ制服の上着を受け取り、ざわりやい目などを興味深く確認していた。

 ザナックさんはふくしよく関係の仕事をしているそうで、今日もその会合に出た帰りだそうだ。なるほど、服飾にたずさわっているのならあの反応もうなずける。

 僕はといえば、馬車の窓から流れる風景を楽しんでいた。見たことのない世界。これからはここが僕の世界なのだ。



     ◇ ◇ ◇



 ザナックさんと出会ってから三時間。揺られ揺られて、馬車はやがてリフレットの町に着いた。

 町の門番らしき兵士にあいさつと軽い質問をされ、早々に入ることを許される。兵士たちの態度からザナックさんはけっこう有名らしい。

 ガタゴトと馬車が町中を進んで行く。古めかしいいしだたみの上を進むたび、ボックス型の車体が小刻みに揺れた。やがて商店が並び、にぎわう大通りに入ると一軒の店の前で馬車は止まった。

「さあ、降りてくれ。ここで君の服をそろえよう」

 ザナックさんに言われるがままに、僕は馬車を降りる。店には糸と針のロゴマークの看板があったが、その下の文字を見て、ちょっとまずいことに気が付いた。

「読めない……」

 看板の文字が読めない。これはかなりまずくないだろうか。話はできるが文字が読めないとは……。まあ、会話はできるのだから誰かに教えてもらうことは可能だろうが……。勉強しないとな。

 ザナックさんに連れられ店内に入ると数人の店員たちが僕らをむかえる。

「お帰りなさいませ、オーナー」

 店員たちの言葉に僕はちょっとおどろく。

「オーナー?」

「ここは私の店なんだよ。それよりさあ、服をえたまえ。おい、誰かかれに似合う服をみつくろってくれ!」

 ザナックさんはかすように僕を試着室(カーテンで仕切られた部屋ではなく本当の小部屋)へとし込んだ。そして、何着かの服を持ってくる。着替えるため、ブレザーの上着を脱いでネクタイを外し、ワイシャツを脱ぐ。その下には黒のTシャツを着ていたのだが、それを見てザナックさんの目の色がまた変わった。

!? き、君、その下の服も売ってくれんかね!」

 追いぎか。

「異世界はスマートフォンとともに。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます