NGな彼女。は推せますか?

海津ゆたか

TRACK.1 初恋サイダー (3)

 黒髪ロング美人がキリッとした瞳を俺に向け、眉根を寄せた。

 はい、力強い決意の表れ、確かに受け取りました。

 しゃあ、まだまだ行くぞ。

 続いて、少し離れた場所で合格に感涙している茶髪セミロングの女の子。

「涙はアイドルの神からの贈り物。って、おい、涙をくんじゃない。エモさが消える。涙はオタクに見せてこそ意味が出るんだ!」

 茶髪女子の動きが止まり、顔が引きつった。

 俺の指示を早速に実践するとは、そのけなな頑張りに拍手。

 そのとき、俺を取り囲む人垣の中から冷たい声が上がった。


「キモっ」


 なんだと?

 誰だ!? 女の子が持つアイドルの可能性や素晴らしさを否定し、じよくする奴は?

 アイドルほど尊い存在はないんだぞ!

 この機会に、その尊さをしっかりと説いておく必要があるな。

「いいか、よく聞いてくれ」

 俺は決意を込めてこぶしを握り、周囲のみんなに聞こえるように大きな声を出した。

「アイドルは世界を変えられる」

 そう、絶対に変えられる。

「今がどんなにくだらない世界だとしても、絶対に変えられる。女の子が青春を懸けて笑顔で歌って踊って、それで変わらない世界なんて、世界の方がおかしいんだ」

 俺はエイドスでそれを証明してみせる。

「さあ、俺のもとでトップアイドルになって、一緒に世界を変えよう」

 できるだけ優しくほほ笑み、女の子たちに両手を差し出した。

 サッと人垣が引いた。

 あれ、みんな、まだ恥ずかしがっているのか?

「もう一度言おう。俺のもとでトップアイドルになるのは誰だ」

 そのとき、1人の女の子が声を上げた。

「きゃああああああ」

 いや、悲鳴で立候補っておかしくないか。

 というか、頭上から声が聞こえてくるんだが。

「なんだ?」

 見上げた空に、お下げ髪でメガネをかけた女の子がいると分かったときには、遅かった。

 ドッカーンという漫画みたいな音とともに、女の子がぶつかってきて、その衝撃で俺の体は地面に叩きつけられた。

 背中が痛い。体が重い。しかも、目の前が暗い。でも、柔らかい。

 優しさの塊のような物が、俺の顔を覆っている。

 甘くて、いいにおい……。

「ご、ごめんなさい!」

 かわいらしい声とともに、体に感じていた重さが消え、視界が明るくなった。仰向けになった俺の真上では、アメフトのプロテクターを身に着けた先輩たちが女の子を取り囲んでいた。

「おい、大丈夫か君?」

「あんなにすっ飛んでいくとは思わなかったよ」

 先輩たちは、お下げ髪でメガネの女の子をしきりに気遣っていた。どうやら、合格したこの子を胴上げしていて、そのまま空高く舞い上がらせてしまったようだ。

「だ、大丈夫です。けがはありません」

 女の子は自分が悪くないはずなのに、何度も「すみません」と頭を下げて必死に謝っている。

 まったく、俺がクッションになってなきゃ大惨事……って、おい、先輩方、俺の心配もしてくれ! かわいい後輩男子1名が横たわったままだぞ!

「いやー、けががないなら問題ないよな」

「ホント、問題なくて良かったわー」

 しかし、先輩たちは俺に気付くこともなく、「なんの問題も起きていない」と女の子に念を押した上で、無駄に白い歯を見せて立ち去った。

 これが、エイドスの現実か!

 いや、さっきまでの俺も野郎には目もくれなかったけどさ。

「大丈夫ですか? 痛いところはありませんか?」

 メガネの女の子が俺に手を差し伸べ、起き上がらせてくれた。

 女の子はぶかぶかのニットを着て、中途半端な丈のデニムスカートを穿いていた。足元は真っ白なハイカットの靴下、サンダルには妙にリアルな半魚人がデザインされている。

 ファッションにはあまり興味ないのかな……。

 いや、他人のセンスを分析している場合ではない。今は俺の体のけがの具合を確認する方が先だ。えーと、背中の痛みはすでにないし、他に痛い場所もないな。

「大丈夫そうだ」

「本当にごめんなさい!」

「いや、そんなに謝らなくても……」

 目の前でペコペコと頭を下げるお下げ髪の女の子を見ていて、俺は気付いた。

 女の子は不思議ながく模様のニットを着ている。

 いや、このダサい柄が問題なのではない。

 柄のお陰で妙な立体感を持ち、悩ましげに揺れている物が問題なのだ。さっき、俺の顔を覆っていたのって、もしかして……。

 顔を上げた女の子のほおがサクランボ色に染まっていった。

 彼女の形の良い唇がゆっくりと開いていく。

「あ、あのっ、さっきのおっ、おは……」

「おっぱい?」

 バッシーン!

 漫才みたいな音がした。

 女の子が俺の頬をビンタした。

「そ、そんなのはNGですぅ!」

 顔を真っ赤にさせた女の子はクルリときびすを返すと、逃げるようにその場から走り去った。

 そのとき、俺は胸に湧き上がる衝動を抑えきれず、その場に立ち尽くすしかなかった。

 決して、初めてのビンタ、初めてのおっぱいに衝撃を受けたからではない。

 ビンタの瞬間、メガネの奥でキリリと光った瞳の輝き。

 懸命に話そうとしたときの、決意に満ちたりんとした声の響き。


 ──アイドルは探すものじゃない。向こうからやってくるものだ。


 頭の中では、俺が尊敬するTOトツプオタの名言が何度も鳴り響いていた。

 空から降ってきた女の子は、メガネに黒髪のお下げ、ダサいニットに中途半端な丈のデニムスカート。決して美人でもオシャレでもない。

 だが、それがいい。

 俺はあの子をプロデュースする。

 今は誰も気付いていない、あの子の隠れた魅力を俺が引き出し、その素晴らしさを世界中に広めるんだ。

 地味っ子を磨いてトップアイドルとして育成する。

 ああっ、これぞプロデューサーの王道。

 甘くて刺激的な、まるでサイダーがはじけたような出会い。

「俺の理想のアイドルはあの子だ……」

 俺はこの日、運命の出会いを果たしたんだ。

「NGな彼女。は推せますか?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます