話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

出雲の阿国は銀盤に舞う

つるみ犬丸

プロローグ / 一章(1)


プロローグ

 さんざ様。

 あたえとお前様のあの離別から、ずいぶんな年月が流れました。

 過ごした日々、肌の温もり、そして共に傾き目指しました天下一。もう会うこと叶わぬと心得てはおりますが、しかし輪郭をくっきりと心に焼き付けた思い出たちは、そこに根を張り未だ離れようとはいたしません。

 だから瞼を閉じれば、心の暗闇には鮮やかにあの頃が駆け抜け、あたえは戻らぬ日々を偲び明け暮れ決まって泣いているのでございます。涙を流す体は果てて久しゅうございますが、それでも泣かぬ日はございませぬ。せめてただ一度でいい、あの舞いをお前様と共にしとうございました。

 今日もそうでございます。心にお前様のお顔を思い浮かべますと、それだけで胸に強い気持ちがぐんと衝き上げ、あたえはまた昼間から情けなくおろおろと泣いておったのでございます。そしてことが起こったのは、その最中でございました。

 何故かふと、懐かしい気配を覚えたのです。

 花が咲くように柔らかく耽美だけれど、どこか現のない雰囲気。それは心に詰まったあたえの晴れぬ気持ちを、まるで春を見た雪のように溶かしてしまう温かいものでした。生き別れ捜していた、己の半身に出会ったかのよう。

 目を向けますと、ああ、なんということでございましょう。美丈夫でこそございませんが、しかしさんざ様と瓜二つの空気を持つ者が、連れと語らいながらこちらに向かってきておるではありませんか。

 あたえは我が目を疑いました。

 けれど、この眼がお前様を見間違いましょうか。

 言い切れます。あの者はお前様の縁の者でございましょう。恐らくは、近しいなにかも持っているはずでございます。

 ただあいにくなことに、彼の男は目の前のあたえに気が付きませぬ。

 こちらに向かって手を合わせると、足を返して行ってしまおうとするではありませぬか。いくら「待ちなされ」と、心の中で叫んでも、それは他の人間と同じくあの者に届かぬようです。

 ですが、今回ばかりは諦められません。もう後悔はしたくありませぬ。

 ああ、ああ。そこへ行きたい。いますぐさんざ様の生き写しの許へ、この場所に桎梏される我が身を運びたい。百年河清を俟つのはもうたくさんじゃ。

 助けてくだされ、さんざ様。いや、もはや我が主でも魔でも仏でも、他のなんでもかまわぬ。どうか、どうか頼むえ。あたえを――。

一章

 バスは『吉兆館前』の停留所に到着すると、俺を含む数人の乗客を降ろし、鈍いエンジン音を響かせて行ってしまった。舞い上げる埃は初夏の朝日を反射していて、ちょっと粉っぽい。

「ここで合ってる……、よな?」

 俺は顔を上下させて、風景とガイドブックを見比べる。すると確認はその通りで、目の前にかかる橋には上品な白の欄干が、まっすぐ滑らかに向こう岸まで延びていた。目を先にやると石製の巨大な鳥居が道路をまたぐ形で立っていて、その厳かな雰囲気に俺は妙な頼りがいを感じてしまう。

 この神門通りという道をそのまま進めば、やがて目的地である出雲大社が見えてくるだろう。晴れ渡り抜けるような青空も心地好く、今日できっとスランプは底打ちしてくれると思ったり。期待に口角を緩ませながら、俺は鞄の所定位置にガイドブックを仕舞う。すると、

「兄ちゃんも、お参りかい」

 バスを一緒に降りた爺さんが、親しげに声をかけてきた。

「はい。ちょっと近くまで来たんで、寄ろうと思って」

「へえ。しかし若い人の一人は珍しい」

「あー、みんなで来てたんスけど、ここに用があるのは俺一人だったんで。抜けてきました。まあ、最近ちょっと色々あって。厄を落とせればなーって感じです」

 俺の言葉に爺さんはハハハと笑い、軽く目礼して先に歩いていった。冗談と取られたのだろうか。でもここんとこはマジで憑きものを疑うほど不運が連続しているので、厄落としってのはけっこう本気なんだけど。

 俺は「はあ」と息をつき、記憶を辿る。

 数ヶ月前のとある一件を皮切りに始まったこの不幸。

 風呂の温度を確認しに行ったらスマホを落として水没させ、寝坊したときに限って信号は赤ばっかりで、予定があるときにはだいたい雨が降る。昨日だってサビ抜きで頼んだ寿司にたっぷりワサビが入っていた。

 だから全ての不幸の始まりであるあの一件を含め、それらを祓うという行為は、俺にとって修学旅行のグループ行動を抜けて参拝するのに充分な理由である。友人たちの失笑はけっこう心に痛かったが。

 まあ、いい。

 今日できっと、そういう全てに区切りを付けられる。

 区切りを付けたら、あの一件を引き起こしたこの体質だってどうにかなるはず。厄落としに具体的ななにかを求めるほど信心深くはないけれど、こういうのはきっと気持ちの問題だから。

「さ、行くか」

 誰に言うでもなく呟き、俺は靴紐が解けていないか、ボタンはきちんと留められているか、鞄のストラップは裏返っていないかを確認し、そして決意のこもった一歩目を踏み出した、そのときだった。

「トモちゃーーーーん!」

 って女の叫びと共に、体を貫く衝撃。不意打ちも重なって、思わず腹の空気が魂と一緒に口から発射されそうになる。視界は裏返り、目に入った太陽が眩しかった。

「あ、あ、愛姉?」

 俺は呼吸と体勢を整え、自分の腰に抱き付く女の名を半ば確信を持って呼ぶ。俺をその恥ずかしいあだ名で呼び、かつ挨拶の前にタックルかますような不躾な女はこの世でただ一人だけだ。

「ちょっと、愛姉だろっ! なんでっ? なんでここにいんの?」

「なんでって、心配してきたんじゃん! 大丈夫だったっ?」

 愛姉は俺の腰にしがみつきながら顔を上げた。華のある顔立ちの中に心配の色が浮かんでいるが、その理由が不明である。

「だいじょばねえ。愛姉に出会う直前までは平気だったけどな。いまは腰が痛えよ」

「腰がっ? 誰かにいじめられたの?」

「違う、皮肉に気付け。って言うか、なんなんだよ。なんでここに……!」

「誰にいじめられたの? 名前言ったらあたしが殺してきてあげるから!」

「人の話を聞け!」

 と、人の話を聞かない人間に言っても無意味である。俺は舌打ちをして、自分の腰から愛姉を無理矢理引き剝がす。そして服をパンパンと払い、睨むように彼女を見た。

「……で、いいか、愛姉」

「うん! どうしたの?」

「無理だとは思うけどよく聞いてくれ。俺は誰にもいじめられてねえし、なにも困ってねえ。もし困ったことがあるとしたら、いまというこの状況に対してだけだ」

 一言一言に力を込めて口にするが、でも愛姉は俺の口調にこもった険なんて気にしない。それでも状況だけは理解したのか愁眉を開き、白っぽいノースリーブのワンピースを、ひらひらと風に揺らした。

「――で、マジでなんなの?  なんで愛姉がここにいんの?」

「だってトモちゃん、修学旅行の自由行動抜けるって言ったじゃん。いじめられたのかと思っちゃうし。お姉ちゃんとして心配すんの、当然って言うか?」

「言うか? じゃねえ」

 俺が息を吐き出して屈み込むが、愛姉は「よかったよかった」と、腰に手を当てガハハと笑う。

「出雲の阿国は銀盤に舞う」を読んでいる人はこの作品も読んでいます