話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界サバイバル~スキルがヘボいとクラスから追い出されたけど、実は有能だったテイムスキルで生き延びる~

三門鉄狼

STAGE1 第5話 スキル

「どのくらい登れたかな」

「半分くらいってところじゃないか」

 オレと小見川さんは、山の上にある高校の校舎を目指していた。

 あそこなら人がたくさんいるかもしれないし、そうじゃなくても、食べ物や飲み水は確保できる。拠点として使えるかもしれない。

 それに、あの山の上まで行けば、周りを見渡せる。

 ここがどんな場所なのか、知ることができる。

 なにをすればいいかもわからないこの状況では、とりあえずの目標になる。

「しかし、さっきは本当に運がよかったんだな。ずっと学校の姿が見えない」

「そうだね」

 樹が繁っているせいと、あと角度の問題もあるんだろうけど。

 さっき見えたとき以外は、校舎が全然見えない。

 だから、どのくらい近づいたのかよくわからないのだ。

 多分そのせいで、ほかの生徒たちも校舎の存在に気づいていないのだろう。

 ただ歩いているのもアレなので、オレたちは情報交換をすることにした。

 まずは、この世界に来たときの状況。

「私も、教室にいて地震が起こって、立っていられなくて床に倒れたの。誰かが『机の下に入れ』って叫んで、みんなそのとおりにした。それで、怖くて目をつぶってて、揺れが収まったから目を開けたら――」

 ジャングルにいた、というわけか。

 柱に頭をぶつけて気絶してた以外はオレと同じだな。

「周りにクラスメイトはいなかったのか」

「近くには誰もいなかった。けど、すぐに東堂くんが発見してくれて、コンビニに移動した」

 東堂翔平。

 サッカー部のエースで、クラスの中心的ポジションの男子だ。

 明るくて、成績が良くて、人をまとめるのが上手い、リア充の典型みたいな奴。

 そういえば、あいつは、クラスメイトのオレへの嫌がらせが度を越しそうになったときに、止めてくれたことが何度かあったな。

 もしかしたら、彼も嫌がらせには加わっていなかったのかもしれない。

 彼がまとめ役になったのは、うちのクラスとしては運がよかっただろうな。

 まあ、オレたちにはもう関係ないことだけど……。

「それから、東堂くんが、スキルがわかってる人何人かでグループを作って、残りのクラスメイトを探そうって提案して――」

 ——小見川さんは、勇見たちと一緒に探索していた、ってことか。

「教室にいた生徒も、教室じゃないところに飛んでたのか」

「うん。元いた場所はあまり関係ないみたい」

 それもそうか。

 建物の位置関係もめちゃくちゃっぽいしな。

 そもそも建物は、全部が転移してきてるわけじゃないみたいだし。

 人も、もしかしたら、全員が転移してはいないかもしれない。

 しかし、その辺は法則性がまるで不明だ。

 考えるだけ無駄……かどうかはわからないけど、材料が少なすぎる。

 オレは話を変えることにする。

 ずっと気になっていたこと——スキルの話だ。

「スキルは誰が発見したんだ?」

「最初に合流してたのは、東堂くんと勇見くんと獅子戸くんだったんだけど、この三人の誰かが発見したみたい」

 東堂はサッカー部。勇見は剣道部。そして獅子戸というのは空手部だ。

 東堂を中心に、この三人が二年五組男子の人間関係上のトップスリーと言っていい。

「たしか、東堂くんが〈高速移動〉、勇見くんは〈剣技〉、獅子戸くんは〈格闘〉だって言ってた」

「なるほど」

「え、なにかわかったの」

 オレが納得の声をあげると、小見川さんは不思議そうに訊いてくる。

「ああ。東堂の〈高速移動〉はサッカー部で脚を使うから。勇見は剣道部だし、獅子戸は空手部。ぴったりじゃないか。オレが『動物の言葉がわかる』スキルなのは飼育委員だからで、〈治癒〉を使える小見川さんは——保健委員だろ」

「本当だ……」

 小見川さんは目を丸くする。

「すごい……すごいよ、仁飼くん!」

 本気で驚いたように、そう言ってくる小見川さん。

 いや、褒められるのは悪い気分じゃないけど、そんな大したことじゃないでしょ。

 少なくとも、頭のいい東堂なら、とっくに気づいてそうな法則性だ。

 それとも、そういうのが出てくる小説を読んでないと、こういう発想は出てこないもんなのか?

 それにしても〈剣技〉や〈格闘〉といったスキルは正直羨ましい。異世界に飛ばされるチート主人公なら、やっぱりそういう戦闘系の能力が欲しいところだ。

 こんなことになるとわかってたら、無理してでも運動系部活に所属しておいただろうけど……。

「ところで、みんなスキルに名前をつけてるみたいだけど、それって自分でつけたの?」

「え?」

 小見川さんは一瞬、不思議そうな顔をすると、すぐに首を振った。

「ううん。これも東堂くんが発見したんだけど、スキルを使うときに目を閉じると、そのスキルの名前が見えるんだ」

「そうだったのか……ちょっとやってみていい?」

 そう言って立ち止まると、オレは目を閉じてみる。

 ちょうど今、みるくを抱えているところだ。

 こいつの言ってることを理解しようと、耳を傾ければ——。

「——あれ?」

「どうしたの?」

「みるくの声を聞こうとしたんだけど——なにも聞こえない」

 まぶたの裏に文字が見えたりもしなかった。

「ひょっとして、この世界の生き物じゃないと聞けないんじゃない?」

「ああ、そうなのかな」

 小見川さんの言葉に、オレは納得する。

 考えてみれば、大蜘蛛やオオトカゲの声は、特に聞こうとしなくても勝手に聞こえたのに、みるくの声はこれまで一度も聞いていない。

 まあ、スキルの名前がわかったところで、なにがあるわけでもないだろう。

 多分〈言語理解〉とか、そんな感じだろうし。

「ごめん、先に進もう」

 オレはそう言って、また歩き出した。

         ☆

「ファンタジー」の人気作品