話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

デザイア・オーダー ―生存率1%の戦場―

波摘

「第一章 限界超越者」2 (1)

 機械都市攻撃派遣部隊。

 それが、日本が導き出した機械生物ドレッドメタルに対抗する手段だった。

 機械生物ドレッドメタル出現初期は自衛隊を機械都市へ派遣したこともあった。だが当時は機械生物ドレッドメタル戦用の装備などあるはずもなく、派遣した部隊は『緩衝地帯』さえ越えられずに一瞬で壊滅。

 国家防衛力の減少は国全体の治安維持に影響するとして、政府は自衛隊を撤退させ、それとは全く別に、対機械生物ドレッドメタル専門部隊を設立するための官民共同プロジェクトを発足させた。

 だがそれは、国家支援の大義のもとに、利権を巡る様々な思惑を持った民間の巨大企業群が集結する事態を招き、結果的に部隊の主導権は彼らに握られることとなった。そうした経緯で異色な指揮系統の作戦部隊として攻撃派遣部隊は誕生したのだ。

 名目上、攻撃派遣部隊は軍隊ではなく、機械生物ドレッドメタルの排除を目的とした派遣隊であるとされている。そのため厳格な階級制度はないが、現実的には完全な戦闘隊だ。

 多種多様な民間企業が参画しているため、本拠地である『フェイタル・スピア』には最新技術による設備が密集しており、兵器開発も外部と比較すると飛躍的に進歩している。

 だが、民間企業がただ集まっただけでは今日こんにちの技術水準には到達しなかったに違いない。

 技術の進化を加速させた一番の要因は、新粒子『イグジア』の発見だった。

 イグジアは元々、機械生物ドレッドメタルの駆動エネルギーとして用いられていた。機械生物ドレッドメタルは積極的に機械都市から勢力圏を拡大しようとしないが、単独、または少数の個体が機械都市から迷い出て、機械都市周辺の『緩衝地帯』を越え、人類居住区を襲うことは頻繁にある。

 そうした機械生物ドレッドメタルを討伐してその身体を分解したことで、人類は機械生物ドレッドメタルの体内から、イグジアを半永久的に生み出す装置『永久機関ジェネレータ』を発見。以後、絶大な関心を寄せてきた。

 発見当時、『永久機関ジェネレータ』は研究所にて綿密な解析にかけられたが、未知の技術の集合体である『永久機関ジェネレータ』の構造理論は人類には理解不能で、現在まで『永久機関ジェネレータ』自体を生み出すことはかなっていない。

 だが機械生物ドレッドメタルから奪った『永久機関ジェネレータ』を兵器や機器に転用するだけでも、技術は格段に進歩した。敵兵器のイグジアは基本的に赤色に発光するが、人類側の兵器は敵と別方向からイグジア粒子の処理を行っているためか青色に発光する。おかげで戦闘時の敵味方の見分けがつきやすくなった。

 当初は敵側の、しかも得体の知れない技術を使うことに強い反発も見られたが、そのあまりの有用性に反対派は声を小さくせざるを得なくなった。

 謎の機械生物ドレッドメタルが現れ、そのおかげで技術が進歩し、今や人間と機械生物ドレッドメタルの両陣営にとってイグジアという粒子が必要不可欠なものになっているとは、実に皮肉なことだ。

 ――また、攻撃派遣部隊とイグジアについて語る上で欠かせないことがもう一つ。

 それはある意味で兵器。そしてある意味では同じ人間でもある存在――。

「――陽一さーん、難しい顔してどうしたんですか?」

 突然、目の前にぬっと顔が現れて、陽一は「おおぁぁっ――!」と変な声を上げた。身を引いたせいで座っていた椅子の重心が後方へと傾き、そのままドーン! と倒れてしまう。第七兵舎のロビーでぼうっと時間を潰していたため、完全に無防備な状態だった。

梨々奈りりなか……」

「はい、そうですよ~。陽一さんっ」

 天井を仰ぐ陽一を見下ろすように、悪戯っ子っぽい笑みを浮かべて覗き込こんできたのは、同じ小隊のメンバー、安芸あき梨々奈りりなだった。凶悪にして巨悪である彼女の巨乳が暴力的なまでに大きく揺れて、どうあがいても視界に入る。

 今日の梨々奈は私服で、可愛いフリルがたくさんついた白いブラウスにたおやかなフレアスカートという、男性陣の視線を一手に惹きつける格好だった。彼女の腰の辺りまで伸びた長い髪の毛は綺麗に手入れされており、目鼻立ちも柔らかくまとまっていて、お嬢さま然とした見た目をしている。『フェイタル・スピア』内の男性兵士の間では一、二を争う人気だという噂も聞く。

「えへへ、訓練の時はすっごく怖いけど、普段は可愛いですよね、陽一さん」

 ゆらん、ゆらん。

 これでもかというくらい、ゆらんゆらんだった。何がとは言わない。

「……ボクは何も見ていない」

「別に見てもいいんですよ?」

 梨々奈はぶりっ子じみた甘ったるい声で純朴そうな笑みを浮かべつつ、ブラウスの襟元を指でそっと引っ張る。首元の白く艶やかな肌がまぶしい。普段露わにならない綺麗な鎖骨まで視界に入って、陽一は思わず目を逸らした。

「女性がそんなことするもんじゃない」

「え、なんです? そのモテない男子みたいな発言」

「やめろ……」

 外見に騙だまされてはいけない。清純、純情可憐、甘々で可愛いお嬢さまのような外見の梨々奈だが、実はその性根の部分は男を手玉に取る魔女である。自分にこうして話しかけてきているのも、翻弄して遊ぶために違いないと陽一は思っていた。

「なんか元気ないですよねー。うーん? ぎゅっとしてあげましょうか?」

「近づいてくるな、ボクから離れろ」

 陽一は冷たく突き放して距離を取る。だが、内心は危うく魅了されそうで焦っていた。陽一はぶんぶんと頭を振って理性を取り戻す。

 上目遣いで、両腕で大きな胸を挟んで強調し、少し頬を染めながらの「ぎゅっとしてあげましょうか?」は反則だ。銃弾よりも怖い。

「ひどいなー。そんなこと言うの、陽一さんだけですからね?」

「他の男たちは単純すぎるんだ」

「ま、なんでもいいですけどね。私が陽一さんのこと、だーい好きだってことは忘れないでくださいねっ」

「……」

 次々と繰り出される甘々な攻撃に、陽一はついに唖然として固まる。

 思考フリーズ。何なんだ梨々奈可愛すぎ、という言葉だけが脳内で繰り返される。口に出す寸前で気づいて思いとどまった。

「危ない……あと少しでやられるところだった」

「一人で何をぶつぶつ言ってるんです? ちょっと気持ち悪いですよ」

 梨々奈、急に真顔に戻っての、辛辣な一言である。

「持ち上げてから落とすまでが早いな……」

「ファンタジー」の人気作品