話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

デザイア・オーダー ―生存率1%の戦場―

波摘

「序章」(3)

 機械都市突入には、外周金属壁に穴を開けるために地上からの砲撃が必要不可欠だ。しかし目標を射程に入れるということは、イコールで『オール・プレス』粒子砲の射程に入るということだった。加えて、砲台に『デス・ボート』のような高機動移動をさせることは不可能であったため、撃破されることを前提とした使い捨て自走式砲台が準備されたのだ。

「よし、今のうちに突破する。急げ」

 ブラックオメガ1――という呼称も他の機体がいなくなった今では何の意味も成さないが、彼らの機体はこじ開けられた突入口へ一直線に進んでいく。

 しかしその時、小隊メンバーを保護していた薄青色のバリアに異変が生じ始めた。小刻みに明滅が繰り返され、今にも消失してしまいそうだ。

『クソッ……粒子壁の展開がそろそろ限界だ……。この状態でドでかいの一発喰らったら守り切れねえぞ、気をつけろ!』

 防御粒子壁を必死に維持する茶髪の少年は、額から大量の汗を流しながら苦しげに叫ぶ。

 依然として敵の猛攻は続いている。衝撃が立て続けに『デス・ボート』を襲って、小隊メンバーたちを左右へ振り回す。

 そんな時、『オール・プレス』の低層壁面に設置されていた近距離用防御砲台から撃ち出された、真っ赤なエネルギー砲弾がブラックオメガ1の機体前方から迫る。直撃すれば、砲弾は防御粒子壁を容易く貫通し、機体は撃墜されるだろう。

 操縦手の少年は砲弾をなんとか回避しようと咄嗟に舵を右に切るが、機体の動きが追いつかない。『デス・ボート』はドリフト状態に陥り、砲弾に対して真横を向いた状態で突っ込んでいく。砲弾の直撃まで数秒の猶予もない。直撃すれば全てが終わる。

 何か回避策はないかと小隊の誰もが瞬間的に考えを走らせたが、何か思いついたところで実行に移すまでの時間はなかった。

 ただ一人を、除いて。

「――やっとわたしの出番ね」

 狭い機体の中、仲間を押し退けて立ち上がった少女。

 彼女が持つ淡い橙色の光の膜を纏った鋭い大剣の一太刀が、迫るエネルギー砲弾をいとも容易く弾き飛ばした。

 光を鏡で反射したかのように高速で近くの地面へ着弾した砲弾は、ブラックオメガ1通過後すぐに大爆発を引き起こし、機体後方には急激に火炎が広がっていく。指揮長の少年は、人間離れした少女の一連の動作に心の中でそっと舌を巻き、彼女をじっと見つめた。

 彼女は『デス・ボート』の側面、開いたドアの前に堂々と立っていた。

 身の丈ほどもある大きな剣を携え、吹きつける強風に怖気づく様子もなく。

 後ろで結んだ彼女の長い髪が猛烈な勢いの風圧ではためく。大きな瞳に小振りな唇。身長は低く、全体的に幼い印象を受ける少女。

 だが、この場で誰よりも圧倒的な力と存在感を誇示してみせたのは彼女だった。

 彼女は少年たちとは根本から違う存在だ。無茶な左右移動を繰り返す『デス・ボート』の中で立ち続け、顔色一つ変化していない。

『き、きき金属壁、突破しますっ! ――やった! やりました! 侵入成功です!』

 危機を乗り切った『デス・ボート』は凄まじい勢いを保ったまま、機械都市内部へと侵入する。味方の支援砲撃によって生じた金属壁の歪んだ大穴を抜けると、舗装されたアスファルトや大小様々なビル、信号、歩道や電灯、ガードレールなどによって形成された都市風景が現れる。

 だがどこを見ても酷く荒廃していた。人類が使わなくなった街は急速に風化してしまったようだ。

 猛烈な攻撃をかいくぐった『デス・ボート』は大きな音を立てながら機体の舵を横に切り、衝撃を吸収して静止する。停止地点周辺は倒壊寸前のビル群に囲まれているエリアだった。

『やったぁ~。こ、こここれでぼくの役目は完了――』

「気を抜くな、神楽!」

『へ――』

 座席固定具の拘束を解き、素早く地面に降り立った指揮長の少年は、完全に安堵している操縦手に鋭く警告を送る。同時、『デス・ボート』に向けて二方面からライフル弾サイズのエネルギー銃弾が多数浴びせられた。敵意の証であるかのような、血の色をした真っ赤な弾丸は『デス・ボート』の薄い外装甲を一瞬で貫通し、引きちぎられたような形に歪んだ穴が無数に開けられていく。この機体はもう帰り道では使用できないだろう。

「全員、ただちに散開! 神楽は運転席に身を隠せ!」

 敵攻撃から逃れるため、指揮長の少年は鋭く指示を出す。『デス・ボート』から飛び降りた小隊メンバーたちは全員素早く地面に降り立つと、手頃な遮蔽物に身を隠して次の指示を待つ。

 戦場で軽口を叩たたき、変わり者である彼らにおいても、指揮長の命令は絶対だ。

 だが、ただ指揮長だからという理由で従っているわけではない。従うに値する価値があると、彼ら自身が判断した。

 ただ一人、大剣を手にした異質な少女だけは指示に従わず、無防備なまま、損傷した『デス・ボート』に寄りかかり、事態を静観していた。

 遮蔽物に身を隠した指揮長の少年は、顔を出して素早く敵の姿を確認しようとする。

 銃声が止み、再び静まり返った都市。人間や他の動物たちが全くいない廃墟と化した街の中、鈍い金属音と共に何かが物陰を移動する気配。

 そして――少年たちは邂逅を果たす。

 廃ビル群の陰から姿を現したのは、野生動物のように四足で歩行する機械の獣。

 全身を構成する金属は鈍く輝き、身体を動かす駆動音が微かに響く。

 本物の生き物であれば頭部にあたる部分からは、代わりに二本の銃身が生えていて、非常に不快感を覚える禍々しい外見をしていた。

 機械生物ドレッドメタル

 金属の身体を持ち、目の前の四足型や『オール・プレス』のように多種多様な姿形をした彼ら。人類を殺戮し、蹂躙し、恐怖に陥れた醜悪な存在。

 ――その機械生物ドレッドメタルこそ、少年たちが現在対峙している敵であり、排除の対象だった。

 小型の四足機械生物ドレッドメタルは二体ずつ、二方向から距離を詰めてきていた。だが、この程度の敵の数なら容易く制圧できるはずだ。

 そう踏んだ少年は、小隊メンバーに指示を出す。

 冷酷な声色で。

 ただ絶対的な従属を求める。

「……全員注目。キミたちに与える指示は一つだけ。――ボクに従え」

「ファンタジー」の人気作品