話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒竜女王の婚活

杉井光

1 黒竜王の婚礼(6)

 初夜の前の沐浴は、懐かしい香りのする湯が使われた。

「これは、アンジュさまも大好きだった姫杏の実の香りですね」

 マイシェラが湯をかき混ぜながら言う。言われてみれば、よく食べていた果物のにおいだ。

「ええ。それと白檀の皮、凍らせた月露草を使っています。王妃さまが特別な夜にだけ使われる香です」

 戸の向こうで黒竜王宮の女官の一人が言う。もう一人の声が横から付け加えた。

「昔、後宮にお妃が大勢いらした頃は、それはもう毎晩のように費やしていたとの噂ですけれど、最近はとんと使いませんでした。久しぶりですわ」

「アンジュさまはお美しいし、きっと陛下も明日からはひっきりなしにご所望でしょう。毎晩用意しておかなくてはなりませんね」

 くすくすと女たちのひそめた笑い声が交わされた。

 宮勤めの女官というのはこんなにも品がないものなのか、と湯浴みをしながらアンジュはあきれる。女官といえばマイシェラしか知らないアンジュにとっては悪い意味で新鮮だった。

 それにしても、今の女官の話からすれば、黒竜王には現在他に妃がいないわけだ。最近代替わりした、という宰相マバロの情報がどうやら正しかったようだ。

 若い男、ということだ。

 武術の心得があるなら苦労するかもしれない。魔術に長けているという噂もあったが、そちらは眉唾ものだ。

 どのみち、一太刀で決めるしかない。

 キサナに仕込まれた剣技を信じるだけだ。

「マイシェラ。私が寝所に入ったら、おまえは外に逃げるんだ。いいな」

 声をひそめて言った。

 マイシェラは微笑み、しばらく沈黙し、やがてうなずいた。

「わかりました、アンジュさま」

 嘘だ、とアンジュは感じた。

 ここで否と答えたら、アンジュがマイシェラの身を案じて任務を投げ出してしまうかもしれない。だから嘘でも「逃げる」と答えるのが侍女の務めだろう。

(それなら……もう、方法はひとつしかない)

 湯からあがったアンジュは、マイシェラに身体を拭いてもらい、薄衣に袖を通した。

 太腿にひやりと冷たい感触がある。グラシュリンガの王宮職人に造らせた草の葉のように薄い刃が縫い込んであるのだ。二十あまりの節に分かれた刃を糸でつないだもので、衣から外して糸をぴんと引き絞ればひとつながりの剣に変わる。

 薄衣の上から長衣をはおり、マイシェラを伴って沐浴場を出た。

 六人の女官たちに囲まれるようにして、回廊を巡り、寝所へと向かった。

 後宮の美しい中庭には水瓶を捧げ持つ女神の像の噴水が設えられ、今は月光が優しくそれを照らし出していた。

 遠く背後からは夜通し続く祝宴のざわめきが、反対側からはウルクラマ湖の水面を渡る風の音が聞こえていた。

 アンジュにあてがわれた寝所は、広い黒竜王宮の最も奥まった位置にあった。

 なんと無駄な広さだろう、と部屋に足を踏み入れるなりアンジュはあきれる。グラシュリンガの王宮であれば皆を集めて宴を開けそうなくらいの空間に、寝台だけがぽつんと置いてある。これでは冬は寒くてしょうがないのではないか。

 もちろん、ここで冬など迎えないのだから気にしてもしょうがない。

 冬どころか――明日を迎えることさえない。

 女官たちは寝所の四隅の燭台の火を消すと、全員が廊下にさがり、最後にマイシェラが扉を閉めた。

 闇の中にアンジュひとりが残される。

 光といえば、窓にかけられた厚手の幕の隙間から差し込んでいる月の光だけだ。窓の外はおそらく湖だろう。

 寝台に上がり、刃を隠した腿に手をやる。

 黒竜王を一撃で絶命させ、すぐに寝所を出て、廊下で控えているマイシェラを連れて王宮内を強引に突っ切り、外に出る。

 自分が時間を稼ぐ間にマイシェラを街の喧騒に紛れ込ませる。

 これしかない。

 声もたてさせず、一瞬で決めなければ――

 アンジュの全身がこわばった。

 寝台の向こう端に人の気配がいつの間にかあったからだ。

 婚儀の間、隣の座所にいたのと同じ気配だ。

「――その刃を捨ててくれぬか。喜ばしい初夜につまらぬ術を妃に使いたくはない」

 声がした。アンジュは息を呑んだ。

(今の声……そんな、まさか)

 反射的に太腿の剣に手を伸ばす。

 けれど、全身が雷に打たれたかのように固まった。

 そのまま寝台に倒れ込む。

(なにをされた?)

(身体が……まったく動かない)

 荒い呼吸と早まる動悸で胸が圧迫される。

 人影が寝台に両手をついてにじり寄ってくる。

 黒曜石を溶かして梳いたかのようなつややかな長い黒髪が、さらと音をたてる。室内に差し込むわずかな明かりでその者の横顔が闇に浮かぶ。

 しばし、アンジュはなにもかもを忘れてその顔に見入った。

 湖面に映り込んだ月のような、人間が触れることを許されていない美しさ。だれにも愛でられることなく天上で凍てつき水底で静寂に沈む美しさだった。

 だから最初、それが人間の顔であるとさえ認識できなかった。

 冷気が胸にまで染み通ってくるにつれ、鼓動が落ち着き、アンジュは自分の顔の両側に手をついて真上からのぞき込んできているその者が、同い年ほどの少女であることをようやく呑み込みつつあった。

 少女だ。

 何者なのか、という疑問はまったく浮かばなかった。なぜなら少女の額に、紫の微光を帯びた紋様が浮かび上がっていたからだ。

 ちょうど、竜の頭部をかたどったような――

「捨てろ、と言われても捨てられぬか」

 黒竜王はつぶやき、唇の端を歪めた。

「しかたない。いま少しの不自由は我慢せよ」

 そのほっそりした手がアンジュの腰から脚にかけてをまさぐる。全身の麻痺はいまだ続いており、まったく抵抗できなかった。

 ぶつり、と糸が切られる感触が伝わってくる。

 黒竜王が手を引き上げると、ぞろり、と連なった刃が明かりの下に出てくる。

「なるほど、なかなかの細工物。これなら怪しまれず寝所に持ち込めるな。グラシュリンガの職人も侮れぬ」

 そう言った途端、刃は赤熱したかと思うと、端から黒煙に変わり、いがらっぽいにおいだけを残して消えてしまう。アンジュは目を剥いた。

 つまらない奇術などではない。本物の、異形の力だ。

「これで安心して添い寝もできるな」

 黒竜王がそう言うと、アンジュの全身の硬直が唐突に解けた。アンジュは寝台の反対端まで跳びすさって身を低くし、少女をにらみ据えた。

(失敗した。最初から露見していた)

(どうする。素手で縊り殺せるか? いや、それよりもマイシェラが)

 アンジュの心中を見透かしたかのように黒竜王が言う。

「下手なことをすれば、外で待つそなたの侍女の命はないぞ。落ち着け」

 歯を軋らせる。

「……なぜ殺さない。……刺客だと最初から知っていたのか」

 ようやくアンジュは声を喉から絞り出すことができた。

「もちろん。そなたのことは以前からよく知っておる。女であるわたしもうらやむほどの麗しさでありながら、男だということも」

「それならなぜ婚儀などわざわざ執り行った? なぜさっさと殺さなかった!」

 黒竜王の顔が翳った。

(なぜ哀しげな顔になる?)

 アンジュの困惑はもはや耐えがたい頭痛に同化しつつあった。

「……わからぬか。それもそうであろうな」

 黒竜王は嘆息して目を伏せる。

「わたしとそなた、境遇が似ていると思わぬか。そなたは男であることを隠し通して女として育てられた。わたしも、生まれを偽って育てられた。竜王家の四百年の歴史で、黒竜が女を選ぶことなどはじめてだったからだ。国が傾くほどの凶兆だと」

 少女の細い指が、額をなぞる。

 竜頭形の紋様は、今は光を失ってうっすらと赤い痣にしか見えない。

「五年前、父が亡くなったときにも、戦時中だという理由をつけて、大がかりな即位式は開かなかった。ほんとうの理由は、わたしを人前に出したくなかったからだ。齢十六の女が黒竜王だと知られれば諸侯の動揺を誘い、叛乱のきっかけとなるやもしれぬ――との判断だろう」

 境遇が似ていることは理解できた。

 しかし、なぜ自分にこんな話をするのか、アンジュはまだ理解できていない。

 黒竜王は薄衣にくるまれた脚を胸に引き寄せて不安げに抱き、言葉を続ける。

「次の代で男子が黒竜に選ばれれば、何食わぬ顔で即位式を大々的に行い、わたしという存在はなかったことにするつもりであろう。ゆえにわたしは後宮に閉じ込められて過ごしてきた。ふふ、そなたのように、性別をたやすく偽れる見てくれに生まれておればよかったのだがな。あいにくと女にしか見えぬ」

 黒竜王は自嘲し、自分の黒髪を手ですくい上げては敷布に落とす。

「楽しみといえば、鴉を遠方に飛ばし、眼を使って見聞を広めることくらい。そなたのことも、鴉の眼を通して昔から知っておった。グラシュリンガは美しい国だからな、気に入って何度も鴉を遣わしたものよ」

 アンジュは警戒心を解かないまま、黒竜王をじっと見つめる。まだ話の真意がまったくつかめない。

「王位を継いでからしばらくして、いつまでも妃をとらねば不審に思われる、と臣どもに言われ、そなたをもらうことにした。わがままを言い、婚儀も正式なものを執り行った。簾から絶対に出ない、という条件つきでだ。臣どもは今日、さぞかし肝を冷やしたことだろうな」

「なぜ、……私を」

 黒竜王は目をしばたたく。

「なぜって、そなたがそのように美しいからだ」

「女のように? つまり、男を装った女が娶るには女を装った男を選ぶしかないと? 秘密を共有して守らせるためか? しかし宮中に迎え入れてしまえば秘密保持などどうとでもなるはずだろう、なのになぜ!」

「そなたはさっきからなにを言っておる。……まだ、わからぬのか」

 アンジュははっとした。

 ほの明かりの中、黒竜王の頬が赤く色づいていたからだ。

 怒り? いや、それだけではなく――

「……恋を、してみたかったのだ。ただそなたを妻に――つまり、夫に、欲しかった。それだけだ。なぜわたしにここまで言わせる!」

 黒竜王はそう声を高くして言い、恥ずかしげに掛布を掻き寄せて口元を隠した。

「ファンタジー」の人気作品