話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

現実世界に現れたガチャに給料全部つぎ込んだら引くほど無双に(サーガフォレスト)

ARATA

第一章:ガチャ出現編 (1)


第一話 はじまりのガチャ


「何だコレ!?

〝それ〟を見た瞬間、思わず口から出た言葉だ。

 仕事終わりに、いつもとは違う道を通って帰ろうとしたら廃ビルの前の空き地に〝それ〟はポツンと置かれていた。

〈期間限定〉〈いまだけ〉〈レア以上確定〉〈お得な商品の数々〉〈開けてビックリ〉など、これでもか! と言うほどの煽り文句が書かれた〝ガチャ〟だ。

〝ガチャ〟と言っても見た目は少し小さめの自販機のようで、コインでガチャガチャ回すタイプではない。お札の投入口だけがある。

 近づいて、よく見ると………


 一回、一万円


「高っ!!

 こんな怪しい自販機に一万も払うのは頭のおかしい人間だけだろう。絶対やる人間はいない!!! そう思って立ち去ろうとした………………がっ!

 ちょっと気になる………いやっ! かなり気になる!!

 これは怪しい物ほど、やってみたくなる人間のさがなのか? それとも、この自販機の煽り文句に心理的トリックがあるのか??

 今、サイフの中には一万二千円があるのでできてしまう。分かっている。お金をドブに捨てるようなものだ。こちとら二十八歳にもなってフリーター。コンビニと居酒屋で働いて、手取り十六万しか稼げていない。

 そんな俺にとって一万円はデカイ………しかし………

 意を決して一万円をガチャ自販機に入れてボタンを押す。カシャカシャ、カランと軽い音がしてカプセルが落ちてきた。

 とりあえず出てきたことにホッとした。金だけ取られて何も出てこない可能性もあったためだ。

 カプセルを手に取って開け、中身を取り出してみる。中にはビー玉のような玉と説明書と思われる小さい紙が入っていた。そこには、こう書かれていた。


【時空間操作】 SSR

 食べると時間と空間を操作することができるようになる。


「何だコレ!? 食べるの?」

 ビー玉じゃなかったのか。アメのような物なのだろうか?

 それにしても時間と空間が操作できるとか、ふざけている………昔、ソシャゲでガチャの課金をやったことはあったが、まさか現実のいいかげんなガチャに一万円使うことになるとは………。

 何が出て来るか分からなかったけど、一万円でアメはないだろう。

 苦情の電話を掛けようとも思ったが自販機には電話番号などは一切書かれていない。掛けたところで相手にされないだろうが………

 俺は、アメを口に含み、あきらめの表情で自販機を見た。うすーい甘味はあるがハッキリ言ってマズイ。

 もうこの自販機にかかわることはないだろうと思いながら、とぼとぼと帰路につく。


 家に帰って食事の準備をした。ひとり暮らしなので何でも自分でしないといけない。

 ビールを取り出しふたを開け、一口飲んで机に置き冷蔵庫からつまみを取り出し、振り返った瞬間、肘がビールの缶にあたって机から落としてしまった。

「あっ」

 床にこぼれる。っと思った。その時だった。

 ビールの缶が空中で止まっている。映像を一時停止したかのような状態だ。驚いて周りを見渡してみると時計の針も止まっているし、さっきつけたTVの画面も停止している。

 数秒たった後、ビールの缶も時計の針も普通に動きだし、ビールも床にこぼれている。

「うそだろ………」

 信じられない出来事に呆然としながら、俺は腕に鳥肌がたつのを感じた。

 もう一度やってみようと時計の前に立ち、時間よ止まれと念じてみた。373839、………………

 40秒にはならなかった………時計の針は39秒の所で止まったまま動かない。

 本当に時間が止まっている。


「あのガチャ、本物だったのか………」


 ◇◇◇


「時間と空間を操作できるんだよな?」

 時間を止められることは分かったので空間操作について色々ためしてみた。目の前に手をかざしてイメージしてみると少しだけ空間に歪みが生じ、亀裂のような穴が開いた。

 思いがけず、うまくいきそうだ。

「中に入れるかな?」

 穴を広げるイメージをしてみると、体全部を中に入れることができた。

 中は真っ白な、どこまでも続く空間だった。この空間の中では時間が止まっているようで、時計を中に持ち込んだがまったく動かなかった。

 外は時間が動いているのに、中は時間が止まっているという奇妙な光景が広がっている。

 入ってきた所とは別の場所から出られないかと思ってイメージしてみると、真っ白な空間に少しだけ亀裂が入り、外に出られるほどの穴が開いて家のトイレの前に出た。

「なるほど、時間が止まっている空間を経由して別の場所に出れば、瞬間移動したように見えるな。しかも、この時間の止まった空間自体ゲームや漫画に出てくるアイテム・ボックスとして使えるじゃないか!?

 かなり便利な能力であることは間違いない。そう思って無駄に時間を止めたり、意味もなく空間経由で部屋を移動したりしていると………。

「なんか、しんどくなってきた」

 急に体に疲労感が出てきた。どうやら無制限に使えるわけではないみたいだ。

 とにかくすごい能力がガチャから出てきたことは事実だ。俺はすぐにコンビニに行きATMから全財産である二十四万をおろした。フリーターでこれだけ貯金していたなら、かなりがんばった方ではないだろうか。夜中だったがガチャがあった空き地に向かう。

「良かった、まだあるな」

 なくなっていなくてホッとした。さっそく一万円をガチャ自販機に入れてボタンを押す。

 カシャカシャ、コロン………カプセルが出てきた。中を開けてみると…………


 風魔法(Ⅰ)  R

 風の刃を放つ。


「キターーーー!!

 子供の頃に誰でも使ってみたいと思う〝魔法〟が出てきた。すぐ口の中に入れる。全部なめてなくなるのに少し時間がかかったが…………。

「よし! なめ切ったぞ!!

 俺は廃屋に向かって「風魔法!」と叫んでみたが特に何も起こらない。

 色々ためしてみたが、やはり何も起こらない。なぜだろう? 風の刃が出て廃屋の壁に傷が入るイメージをしてたのに、ひょっとして俺には魔力的なものが無いのだろうか?

 時間は止まったのに、魔法は出ない? 疑問はたくさんあったがとりあえず残りのお金でガチャを引くことにした。そして出てきたのが………


 土魔法  (Ⅰ) R

 火魔法  (Ⅰ) R

 空間探知 (Ⅰ) R × 2

 筋力増強 (Ⅰ) R

 千里眼  (Ⅰ) SR

 鑑定   (Ⅰ) R

 魔力強化 (Ⅰ) SR

 寒熱耐性 (Ⅰ) R

 物理耐性 (Ⅰ) R

 魔法耐性 (Ⅰ) R × 2


 職業ボード・戦士   R

 職業ボード・魔法使い R

 職業ボード・僧侶   R

 職業ボード・モンク  SR

 職業ボード・賢者   SR

 職業ボード・狩人   R

 職業ボード・弓使い  R × 2

 職業ボード・探索者  R

 職業ボード・盗賊   R × 2


 なんだか、とんでもないものが色々出て来たぞ……………。


 ◇◇◇


 家に帰ってガチャから出てきた物をじっくり検証することにした。

「〝鑑定〟っていうのがあるな……まずコレから使ってみよう」

 アメを口に含んだ。

 しばらくしてから、鏡を使って自分を見てみるとゲームに出てくるような文字の羅列が見える。


 無職 Lv1


【固有スキル】

「現実世界に現れたガチャに給料全部つぎ込んだら引くほど無双に(サーガフォレスト)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます