老いた剣聖は若返り、そして騎士養成学校の教官となる

文字書男

序章 老いた剣聖は若返り (1)

 

 

【若返る剣聖】


「理事長がおっしゃっていた伝説の剣聖、本当にいるのかしら? 自信がなくなってきたわ」

 青々とした草木の香りと、時おり耳にする動物のけたたましい鳴き声。

 それは辺りのうす暗さと相まると、どこか不気味ささえ感じられた。しかし、そんな人里を離れた山奥に立ち込める朝霧が、山道を歩くネネ=ベルベッタの、腰まである一つ結わえの髪を潤わせた。その毛色たる黄緑色を、艶やかに映えさせてもいた。

 黄色い瞳と二重まぶたが組み合わさる、ややたれた目が印象的な、童顔の女。

 二十二歳という実年齢よりも、五歳ほど下に勘違いされてしまいがちなのが、近頃の悩みだった。普段から、勤め先の端正なセットアップを着崩して、特に胸元の露出度を高めているのは、少しでも大人っぽく見られたいがため。とはいえ、女性としての発育もそれなりであるため、無自覚に自分を貞操観念がゆるい未成年女子だと主張する──風紀の危うさを感じさせてしかいない。

 これらも裏を返せば、伝統ある制服や腰から下げる細身の剣に、相応ふさわしくあれるようにと、背伸びの仕方を間違えているのはともかく、前向きかつけなな心がけがあればこそなのだ。

 彼女の目的は、この山に住んでいるらしい、一人の男に会うことである。

 今年で九十歳になる老人は、名前をアラン=スミシィといった。七十年前、連邦と帝国の戦争が、まだ熱戦状態にあった時代。彼は数多あまたの戦地におもむき、連邦の劣勢を単騎でくつがえす活躍をしていた騎士だった。

 刀と呼ばれる片刃の剣を一振りすれば、遠方にあった敵陣の隊列に死体の道ができた。

 平原の戦場において、100メィダ(※100メートル)の距離をわずか三回の跳躍で越えた。

 敵意には異常に敏感で、差し向けられた刺客の存在に気がつくと、必ず先手をとった。

 戦時中に受けた傷は、小さな切り傷を一つだけだった。

 通称を『剣聖』として、このような逸話がある。

 ただし、彼が表舞台より消息を絶ち、七十年という年月がつ中で『現実味がないもの』『戦時中の誇張表現』とされるようになると、これらの事実は人々の記憶から風化していき、いつしか存在すら伝説とされるようになった。

「かなり時間も経ってるのに、人の気配なんてまったく感じられないんだけど……私って血迷ってるのかな? むかしから伝説とか迷信とか、信じちゃう方なんだよなぁ」

 アランの存在に半信半疑だと、思わずつぶやいた言葉どおりの憂いに肩を落とした。

 わけあって、ネネは並々ならず強い騎士を探さなければならない。だから、彼の当時を知る人物に聞かされたアランという名前を頼りにし、かれこれ半年近くも行方を追ってきた。つい最近になって新しい所在のうわさを聞いたところ、それがどうやらこの山らしいのだ。

 かくして、意気揚々と入山したのは良かったが、いまだ一向に見つかる気配がない。そもそも『この山にいる』という噂をあてに、進む方角もあてずっぽうで、本当にいるのかさえ怪しい男を探す──などというのは、いわば行き当たりばったりの無計画。

 そうも心もとないのに、数時間も勾配を登れば、流石さすがに肉体的にも精神的にも疲労があってしかり。であれば「いっそのこと諦めて帰っちゃおうかなぁ」と意思が揺らぐような言葉まで、口走る始末になろうものだろう。

 山奥の開けた場所に、掘っ建て小屋を見つけたのは、ちょうどそんな時である。

「あれは……生活感がある。きっと誰かがいるに違いないわ。噂は本当だったのかしら?」

 期待に胸を膨らませ、たちまち軽くなった足取りのまま、辺りの様子を調べてまわる。

 狩猟によって食料を調達しているのか、軒にはさばいた肉が吊るされていた。付近で滝の音がすることから、大人一人がおさまりそうなみずがめには、清水が満ちているに違いない。横の畑は見るからに土が痩せているが、どうにか工夫して野菜を育てているらしい。

 あれこれと物色がてらに憶測しながら、しきりに耳にする甲高い音をたどり、ネネは小屋の裏手にまき割りをしている男のうしろ姿を見つけた。

「ふむ……客人を招いた覚えはないが?」

 並みの壮年のそれと見える姿とは裏腹に、どこかすごみのある背中。

 そこに声をかけるつもりでいて、逆に見向きもされずに尋ねられる。ネネは驚くあまりに、ひるんでしまった。それでも、ようやくそれらしい人物に会えたことにとし、気持ちを切り替えた。

「アラン=スミシィさんで、いらっしゃいますか?」

「いかにも、私はアランだが、あなたは?」

「突然の訪問をお許しください。中立国アイゼオンの平和管理局から参りました、ネネと申します」

 長い白髪を揺らして振り返った男の顔は、ひどくしわだらけに見えた。

 反して、首から下の身体からだは、着物ごしにも体力がみなぎっているさまを感じさせる。目も隠れそうな長いまゆ毛、口周りには長いひげ──容姿こそ年老いたものであるが、まだ肉体は壮年と同等なものが維持されているようだった。

「はて、管理局のお嬢さんが、私に何用か?」

「アランさんにお貸しいただきたいのです。かつて歴代最強の剣聖とうたわれた、そのお力を」

「……まずは事情から、お聞きしよう」

 薪割りを終えたアランに連れられ、ネネはのろのろと掘っ建て小屋に入った。

 外観からは想像もつかないだろう、きれいな屋内。あがりがまちのわきに並べられた履物が、土足厳禁であることを暗示する。囲炉裏がそなわる板張りの座敷には、質素なござが敷かれていた。文明的でない極貧の生活様式にも思えるが、どことなく居心地がいい印象である。

「では聞こうかな」

 アランが二人分の茶を用意してから、落ちついて話をする。

「開戦から数えて、おおよそ二百年。西のカルメッツァ帝国と東のメオルティーダ連邦が、七十年前から停戦状態にあるのは、ご存じのことかと思います」

「……人間が死にすぎた。それで連邦も帝国も、ともに停戦を望んだ」

「はい。拡大しすぎた軍事力同士の衝突で……中立の立場にあったアイゼオンの仲裁で、停戦状態に入り、後々も互いの軍事力はきっこうしていました。これが七十年と続いている要因になっています」

「停戦協定後といえば、私はすぐに隠居したから、その辺りはわからぬな。ほとほと戦というものに愛想がつきてしまった……それで?」

「アイゼオンは、来年にもその均衡が崩れるのではないかと、そう懸念しています。連邦の兵力は、ここ十年間にわたって、衰退の一途をたどっているのです」

「もし、このまま連邦の兵力が弱まり続けたとすれば、帝国は協定をにして攻め入ってくると。七十年、すでに両勢力は回復しきっているのだろうが、そこに差が生じてしまったか」

「アイゼオンは停戦の維持を望んでいるのです。そして、かなうのならばこのまま和平をと……。もしも開戦してしまえば、また多くの人が死にます。ですから、どうかアランさんの力をお借りしたい」

「この老いぼれにどうしろと?」

「内々に連邦主要都市にわたり、とある騎士養成学校で、教官として兵の教育をお願いいたします」

 真剣な面持ちで見つめられたアランが、黙ってみをあおり、静かにちゃたくへ戻す。

「……仮にも、一度は連邦に忠誠を誓った身であるから、応と返したい。だが、私にはもう無理だ。年老いてしまってから、全盛期の一割も力を出せなくなった。それにとしが歳だ、いつ逝っても不思議ではない。ほかに、まだ若く腕の立つ者をあたった方が良かろう」

 言葉を聞いたネネは、視線を横に逃がして、わずかに考えた。

 男が本当にあの伝説の剣聖であるならば、まだ望みがある。すでに年老いていることは承知の上であるから、こうした場合の用意もある。であれば確かめるべきことが一つ、これは欠かせない。

「老いた剣聖は若返り、そして騎士養成学校の教官となる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます