勇者の代わりに魔王討伐したら手柄を横取りされました

赤丈聖

一章 魔王討伐の手柄を勇者に横取りされました (1)

一章 魔王討伐の手柄を勇者に横取りされました


 神の紋章。

 それは、世界を創造した神によって、魔の存在を除く全ての者に与えられし証だ。その者が持つ才能に応じ、生まれながらに胸元に刻まれた紋章の形が一生を示すという。

 一例。【戦士】の紋章を持つ者は、他の何よりも戦士職に就くことに最も適しており、【戦士】の紋章を持たざる者と比較すると、その力に顕著な差が出る。

 逆の例。【戦士】の紋章を持つ者が戦士ではなく魔術師の道を選択すると、【魔術師】の紋章を持たざる者であるが故に伸び悩み、その差に埋もれていく。

 だからこそ、人々は不満を持つ。

 神は平等を与えず、不平等な世界を創造した。全ては神の手中にある、と。

 紋章を与えられし者達に、選択の余地はない。刻み込まれた紋章の所持者として一生を終える他に、安息を手に入れることは出来ないと理解していた。


   *


「クカカッ、遂に俺様も貴族の仲間入りか」

 とある一室に、若い男の声が響く。聖なる銀で作られた鎧を身に着けたまま、ソファに腰を落とし、偉ぶった態度で足を組んでいた。こいつは俺の旅仲間のジリュウだ。

「おめでとう、ジリュウ。願いが叶ったな」

「ああ? この程度の褒美で俺様が満足すると思ってんのか?」

 鼻で笑いながら、ジリュウはそばに立つ俺の姿を見上げて言った。焦点の定まらない揺らいだ瞳の訳は、テーブル上や床に転がる酒瓶の数が物語っている。勝利の美酒に酔い痴れているのだ。

「子爵の地位と領土を戴いたんだ。それに専属の騎士団も……十分すぎると思うが」

「馬鹿を言うな、アルガ。俺様の野望はな、まだまだ道半ばなんだぜ?」

「野望?」

 俺の名を口にし、ジリュウはケタケタと笑う。

「よく聞いとけ。この俺様はな、全大陸を治める王になる器の持ち主だ。魔王亡き今、恐れるもんは何一つ存在しねえからな、この機会を逃す手はねえぜ」

 王の座を狙っていると宣言し、ジリュウはコップに手を伸ばす。しかしながら酒は入っておらず、空のコップを投げ捨ててしまう。

「……魔王亡き今、か」

 あまの魔族を従える魔王は、ゴルゾアと呼ばれる大陸を支配下に置いていた。

 年々拡大する魔王軍の勢いを止めることは出来ず、他の大陸への被害も甚大なもので、誰もが恐怖を抱きながら生きていたはずだ。

 そして、その魔王を倒したのが俺だ。

「魔王の首を……獲ったんだよな」

 一方、ここエルデール大陸には、幾つもの国が存在する。

 山岳地帯に切り開かれた竜人族の谷に、魔を寄せ付けぬ聖なる森の奥地に作られたエルフの隠れ里、他国との交流を一切持たない宗教国家や、大地に根を張らず移動し続ける移民小国等々。

 そんな国々の中で他の追随を許さぬ力を所持した国──ロザがある。

 かつて、全ての大陸は魔王の手中にあり、人々は恐怖に身を震わせていた。そんな中、ロザの下級兵士が魔王討伐に名乗りを上げる。その者は仲間を募り共に旅を続け、魔王の根城へと辿り着く。やがて死闘の末に魔王討伐を果たすと、その首をロザへと持ち帰り、世界に平和をもたらした。

 これを機に、その者が持つ紋章を【勇者】の証と定め、ロザと勇者は深い関わりを持つこととなる。

 それから百余年……。新たに生まれ落ちた魔王は、ゴルゾア大陸を魔で覆い尽くした。日に日に支配範囲が広がり、他の大陸へと侵攻の手が及びつつあったが、ある日のこと、ロザが統治下に置く山奥の村に、再び【勇者】の紋章を持つ者が現れた。ロザの王都にて【勇者】の紋章を示した者は、国王から直々に魔王討伐の命を受け、長旅に欠かすことの出来ない貴重な鎧兜や宝剣を与えられた。

 魔が蔓延はびこる世に、いちの望みが生まれたことは、大陸全土へと瞬く間に伝わった。それはエルデール大陸だけに留まらず、他の大陸の人々の耳にも届くこととなる。

 勇者の誕生は、国の大きさをも変えた。周辺各国は勿論のこと、他の大陸の国々までもがロザ王国へと使いの者を出し、魔王討伐を条件に恭順の意を表したからだ。

 その勇者というのが、俺と言葉を交わすジリュウである。

「クカッ、全く物足りねえぜ。貴族なんかよりも王族の地位を寄こせば、この俺様の野望達成に貢献出来るってのに……気が利かねえゴミ共だよな」

 は、ロザ王国の王城の一室だ。旅の仲間であるホルンとエーニャの姿は何処にもなく、俺とジリュウの他には誰もいない。それもそのはず、ジリュウが人払いをしたからだ。理由は実に単純で、普段は猫を被るジリュウには、本音をぶつけることが可能な相手が俺を除いて存在しないが故だ。

「この後の予定は?」

「魔王の首を獲った俺様のご機嫌取りがしてえんだろうなあ。クソめんどくせえが、ジジイと二人きりの侘しい飯に付き合ってきてやるぜ」

 国王をジジイ呼ばわりし、ジリュウは深い溜息を吐く。とはいえ、頬が緩みにやけている。己の立場にこの上ない充足感を得ているに違いない。だが、

「……なあ、ジリュウ」

 幸いにも、この場には俺とジリュウの二人のみ。ジリュウが本音をぶつける相手が俺の他にいないことは互いに承知の上だが、同時にある理由から俺が面と向かって喋ることが可能な相手もまた、ジリュウだけだ。ホルンとエーニャに聞かれては気まずいことでもあるので、今は絶好の機会と言えるだろう。だから、俺はジリュウに言葉をぶつける。

「魔王を倒したのは俺だろう?」

「……はあ? 何言ってんだよ、アルガ? 浮かれすぎて頭がおかしくなっちまったのか?」

 眉を寄せ、ジリュウは詰まらなそうな表情を作り込んでいく。どうやら気に食わなかったらしい。

 けれども俺は一度も浮かれてなどいない。むしろそれはジリュウの方だ。

「魔王戦の時、最初から最後まで戦ったのは俺だけだ……。ホルンとエーニャは、俺の身を守る為に全力を尽くしてくれたが、ジリュウは何もしていないよな」

 全て事実だ。

 魔王の消滅魔術から俺を救う為、ホルンは片足を犠牲にした。もぎ取られた俺の腕は、俺の身を癒し続けてくれたエーニャの回復魔術で元通りになったが、この世から消滅してしまったホルンの足を元に戻すことは出来なかった。文字通り、ホルンとエーニャが命懸けで援護をしてくれたから、今も俺は死なずに生きている。感謝してもし切れない仲間と言えるだろう。

 但し、ジリュウは違う。

「おいおい、アルガ。てめえの目は節穴か? 俺様が指揮を執ってやったから倒せたんだろ?」

「いや、指揮を執るって……魔王の首を獲れって命令しただけだよな」

「その命令がなかったら、お前は魔王に負けてたはずだぜ」

 言い訳を口にするが、理由になっていない。命令がなければ俺が死んでいたとでも言うつもりか。

「しかもよー、実際に魔王の首を斬り落としたのは俺様だぜ。それはてめえも分かってんだろ?」

「それはっ、……美味しいところだけ持って行くつもりだったんだろう」

「はあ? いやいや待て待て、手柄を立て損ねたからってイチャモンつけてんじゃねえよ、ったく」

 やれやれと、ジリュウが肩を竦める。

「っていうかよ、なんでお前が俺様に口答えしてんだ?」

「したら悪いのか」

「ああ悪いぜ。だってアルガ、てめえはこの俺様の分身なんだからなあ」

「またその呼び方か……」

 分身。それはジリュウが決めた俺の呼び名だ。


 同じ山奥の村に生まれた俺達は、奇妙にも似た形をした、正体不明の紋章を持っていた。何の才能があるかもわからない俺達は、貧しい村で肩身の狭い思いをしていたが、それ故、自然と言葉を交わすようになっていった。

 元々、村の奴らと話すのが不得意で、相手の目を見るのも苦手な俺は、年がら年中自分の部屋に引きこもっていたから、ジリュウの他に話し相手になる奴なんて誰一人いなかった。

 そんなある日のこと、ジリュウは俺に告げた。『俺様の紋章は【勇者】だ』と。

「勇者の代わりに魔王討伐したら手柄を横取りされました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます