話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

田中~年齢イコール彼女いない歴の魔法使い~

ぶんころり

プロローグ Prologue / 投獄 Imprisonment (1)

プロローグ Prologue


 何もない真っ白な空間。

 目の前に神様、それと俺。他には何もない。足下に地面がない。頭の上に空もない。地平線もない。先がない。後もない。もしも宇宙が白かったら、こうなるのではないか。そんな場所でのこと。

 神は言った。

「ウッス! お前は神である私の手違いで死んだッス!」

 俺は答えた。

「それはいくら何でも酷過ぎませんか?」

 神は言った。

「お詫びに剣と魔法のファンタジーの世界で、お前が望む限りのチートを与えて、好きなだけ俺TUEEEさせてやるッス! 金も権力も女も、何もかもがお前の思うがままッス! うんたらかんたら!」

 俺は答えた。

「それは本当ですか?」

 神は言った。

「本当ッス!」

 俺は感激した。

「ありがとうございます。とても嬉しいです」

 神は言った。

「さぁ、みんな大好きチート選択の時間ッス!」

 俺は答えた。

「であれば、イケメンを下さい」

 神は答えた。

「イケメンッスか?」

 俺は答えた。

「はい、イケメンです。イケメンチートが欲しいです」

 神は言った。

「本当にそれでいいんスか?」

 俺は答えた。

「はい、本当にそれで構いません」

 俺は更に続けた。

「世界の誰もが惚れ、うらやみ、嫉妬する、絶対のイケメンを下さい。視界に収まれば、老若男女を問わず、いっぺんたりとも視線をらせなくなるほどの、圧倒的な美しさと、格好良さと、カリスマを誇る、絶対究極のイケメンをっ!」

 神は同調した。

「確かにイケメンは素晴らしいッス。イケメンなら人生イージーモードッス」

 俺はことさらに語り掛けた。

「そうでしょう。そのとおりでしょう。神すらも認定するイケメンを下さい」

 神は言った。

「だがしかし、お前をイケメンにすることはできないッッス」

 俺は嘆いた。

「何故ですかっ!? 神よっ!」

 神は言った。

「お前はイケメンになれない運命のもとに生まれてきたからッス」

 俺はざんした。

「どうか、どうかイケメンにして下さい。イケメンチートが欲しいんです。過去に犯したどれだけまつな罪であろうとも、この場にさらし、謝罪し、償う覚悟がございます。ですから、どうか私にイケメンを下さい」

 神は断言した。

「不可能ッス。そのチートだけは不可能ッス。だめだめー、絶対にだめー」

 俺は絶望した。

「そんなっ……」

 神は言った。

「他のチートを選ぶッス」

 俺は口をつぐんだ。

「…………」

 神はかした。

「早くしろッス。欲しいチートを言うッス」

 俺は急かされた。

「そ、それなら回復魔法を。どんなケガでも病気でも治せる回復魔法を下さい」

 神はうなずいた。

「良いッス。お前には最高の回復魔法チートを与えるッス」

 俺は目元に浮かんだ涙を人差し指でぬぐった。

「ありがとうございます」

 神は言った。

「せいぜい次なる生を楽しむが良いッス」

 俺は答えた。

「あ、ありがとうございます……」

 そうして、転生チートの受付窓口は過ぎていった。

投獄 Imprisonment


 転生の後、俺は何処どことも知れない河原に倒れていた。

 うつぶせに倒れていた。

 何故に倒れていたのかは分からない。おかげで鼻の頭やら何やらが痛い。立ち上がると肌に付着した砂がパラパラと落ちた。皮膚を指先でなぞれば、多少の凹凸がうかがえる。それなりの時間、倒れていたようだ。

 軽く身体からだを払って、土埃を身体から叩き落とす。

 身を起こして人心地付いたところ、神との約束を思い出した。

 大慌てで、流れる水面に自らの顔を映し出す。

「おうふ……」

 そこにはブサメンがいた。

「これは救われないな」

 やはり、イケメンにはなれなかったようだ。三十代中頃の中年野郎、それが自身の世間に晒す無様だ。なんてブサイクなのだろう。だから彼女ができないんだよ。だから人生ハードモードなんだよ。

 ステータスはどんな具合だよ。


   名前:タナカ

   性別:男

   種族:人間

   レベル:1

   ジョブ:特になし

   HP:9/9

   MP:87500000/87500000

   STR:3

   VIT:2

   DEX:6

   AGI:1

   INT:5402000

   LUC:1


 おう、MP高いな。回復魔法用だろうな。

 スキルはどんな具合だろう。


  パッシブ

   魔力回復:LvMax

   魔力効率:LvMax

  アクティブ

   回復魔法:LvMax


 発注通りだ。

 これで顔さえイケてれば言うことなかったのにな。

「…………」

 しかし、ここはどこだろう。周りには木が沢山生えている。右を見ても木、左を見ても木、なんかもう全力で森である。マイナスイオン的なエナジーをビンビンに感じる。突っ立っていても仕方がないので、川沿いに歩いてみることとした。

 テクテクと。

 すると数分ばかり進んだところで、道っぽい所に出た。道幅数メートルばかり。田舎にありがちな、道の真ん中に草が生えていて、その両側が地肌を晒しているモヒカン気味な道だ。アスファルトの気配はまるで感じられない。

「あ、馬車きたよ、馬車」

 道の一方向から馬車が来た。

 荷台を引く馬は二頭、二馬力。ほろの付いた馬車で、荷台にアーチ状に厚手の布地が張られている。コネストーガ幌馬車というヤツにクリソツだ。基本的には木製と思われるが、車輪に限り金属が使われている。

「おーい、おーい」

 手を振ってみる。

 が、目の前をスルーされた。

 ガタンゴトン。

 小気味良い音を鳴らしながら、ゆっくりと遠のいていく。

「…………」

 そのまましばらく待っても、止まる気配がない。

 段々と遠ざかり、その姿は小さくなっていった。

 ヒッチハイク失敗。

「……行くか」

 仕方がないので、その後を歩いて追いかけることにした。

 思いのほか馬の歩みは速くて、途中で見失った。



 小一時間ばかり道沿いに歩いたら、街に着いた。

 かなり大きい。街の周りは壁で囲まれている。中世ファンタジーの城塞都市って感じだ。剣と魔法のファンタジーの街ってやつだ。規模はどれくらいだろう。少なくとも東京なんとかランドぐらいはあるように思える。

 その出入り口、遊園地の入園受付的な場所で、兵士っぽいのに止められた。

「身分証を見せろ」

「……持ってないです」

「ならば銅貨十枚で十日間。銀貨一枚で百日間。選べ」

「…………」

 どうやら入園料が必要らしい。

 金なんて無いです。

「どうした?」

「いや、ちょっと色々とありまして……」

 どうしよう。

 悩んだところで無いものは無い。

「……色々と? なんだそれは」

「ごめんなさい、やっぱりやめときます」

「……あぁ?」

 Uターンだ。

 Uターン。

 すると、後ろから兵士が追いかけてきた。

「こらっ! 待てぇええっ! 怪しい奴めっ!」

「ちょっ……」

 全力で逃げ出す。

 疾走。

「待てぇっ! 大人しく投降しろぉぉっ!」

「田中~年齢イコール彼女いない歴の魔法使い~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます