話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生したらスライムだった件

伏瀬

序章 死亡~そして転生

序章 死亡~そして転生


 何という事もない普通の人生。

 大学を出て一応大手と言われるゼネコンに入社し、現在一人暮らしの三十七歳。彼女はいない。

 年の離れた兄が両親を養っており、俺は気ままな独身貴族という訳だ。

 身長も低い訳ではなく、顔も悪い訳ではない。だけどモテない。彼女を作ろうと努力した事もあったが、三回告白してフラれた時点で心が折れた。まあ、この年になると彼女がどうのというのは正直面倒くさい。

 仕事が忙しいというのもあるが、別にいなくて困るというものでもないし。

 ……言い訳してるのではないよ?

 何故そんな事を考えていたかと言うと――

「先輩。お待たせしました!」

 笑顔で俺に向かって歩いて来る、爽やかな青年。そして、その横に並ぶ美人さん。俺の後輩のむらと、会社のマドンナと名高い、受付のわたりさんである。

 そう、今日はこいつ等に、結婚するから相談に乗ってくれと頼まれたのだ。つい、何故自分はモテないのか、などと考えてしまった理由である。で、仕事帰りに待ち合わせ場所の交差点脇で、電柱にもたれてつらつらともの思いにふけっていたという訳だ。

「おう。で、相談ってなんだ?」

 俺は沢渡さんに目礼しながら質問する。

「どうも初めまして、沢渡です。いつもお見かけしてますが、話すのは初めてですね。何だか緊張します」

 緊張してるのは俺の方だっての!

 そもそも俺は、女子と話すのが苦手なのだ。

 察しろって……などと、内心でボヤく俺。

 大体、どう見ても恋愛に縁のなさそうな俺に持ってくる相談ではない。絶対に当てつけだろうと思う。恐らく、間違いないだろう。

「ども。かみさとるです。緊張なんてしなくても大丈夫ですよ。沢渡さんは会社で有名だから、紹介されなくても知ってますよ。田村はたまたま同じ大学でして、会社の研修会で意気投合しましてね。それ以来の付き合いなんです」

「有名ってなんですか! なんか、変な噂でも流れてるんですか?」

「ええ。はら部長と浮気してるとか、かめやま君とデートしてたとかね」

 ついからかい始めてしまった。軽いジョークのつもりだったのだが沢渡さん、顔を真っ赤にしながら涙目になってしまって。これは、可愛いわ。

 俺のジョークはデリカシーに欠けるしセンスもないから、絶対に止めておけとよく言われるんだけど、ついつい言ってしまうのだ。

 やはり、今回も失敗か。やっぱ俺、性格悪いな。

 田村が沢渡さんの肩を叩きながら取り成してる。

 くそ、田村め! こういう状況はまさに、リア充爆発しろ! って叫ぶ場面だな。

「先輩、それくらいにして下さいよ! 美穂もからかわれてるだけだって」

 笑いながら取り成す田村。出来た後輩だ。

 嫌味がなくて爽やかで、憎めないやつなのだ。

 田村はまだ二十八歳で、俺とはだいぶ年も離れてるのに、何故か馬があった。しょーがない、素直に祝福してやるか……。

「すまんな、性格が悪いもんでね。まあ、ここで話すのもなんだし、場所を変えて飯でも食いながら話聞くわ」

 妬んでても仕方ない。そう思って俺が言った時だ。

「「「キャーーーーーーーーーー」」」

 悲鳴。混乱。

 なんだ? 何が起きてる!?

「どけ! 殺すぞ!!

 その声に振り向くと、包丁と鞄を持った男が走ってくるのが見えた。

 悲鳴が聞こえる。男が向かってくる。手には包丁。包丁? その切っ先には……。

「田村ぁーーーーーー」

 俺が田村を突き飛ばした瞬間、背中に焼けるような痛みが走った。俺はその場に崩れ落ちるようにうずくまり、背中の痛みに耐える。

 何が起きたのか理解出来ない。動きたくても動けないのだ。

「邪魔すんなぁーーーー」

 叫びながら逃げていく男を眺めて、田村と沢渡さんの無事を確認する。

 田村が、声にならない叫び声を上げながら駆け寄って来た。

 沢渡さんは突然の事態に茫然自失になっているようだが、怪我はなさそうだ。良かった。

 それにしても、背中が熱い。痛いとかそんな感覚通り越して、背中が熱い。

 なんだこれ? 熱過ぎる……勘弁して欲しい。


《確認しました。『対熱耐性』獲得……成功しました》


 もしかして……刺されちゃった?

 刺されて死ぬとか、ないわぁ……。


《確認しました。『刺突耐性』獲得……成功しました。続けて、『物理攻撃耐性』獲得……成功しました》


「先輩、血、血が出て……血が止まらないんですぅ」

 なんだ、うるさい奴だ。田村か。変な声が聞こえた気がしたが、田村ならしょーがない。

 血? そりゃ、出るよ。俺だって人間だ。刺されたら血くらい出るさ!

 しかし、痛いのは敵わんな……。


《確認しました。『痛覚無効』獲得……成功しました》


 えっと……やばい。俺も痛みと焦りで意識が混乱しているようだ。

「た、田村……ウルサイぞ。た、大した事ないだろ? 心配すんな……」

「先輩、血、血が……」

 真っ青な顔で泣きじゃくりそうな顔して、俺を抱えようとする田村。男前が台無しだな。

 沢渡さんの様子を見ようとしたが、視界が霞んでよく見えない。

 背中の熱さが感じられなくなり、代わりに猛烈な寒気が俺を襲った。

 やばい、な……。人は血液が足りないと死ぬんだっけか。


《確認しました。血液が不要な身体を作成します……成功しました》


(ちょ、お前、さっきから何言ってるんだ? よく聞き取れない……)

 声を出そうとして、出なかった。やばい。本当に俺、死ぬかも……。

 てか、だんだん熱さも痛みも感じなくなってきた。

 寒いのだ。寒くてどうしようもない。何て事だ……寒さで凍えるとか、俺も忙しいな。


《確認しました。『対寒耐性』獲得……成功しました。『対熱耐性』『対寒耐性』を獲得した事により、『熱変動耐性』にスキルが進化しました》


 その時、俺の死にかけの脳細胞が、閃きのように重要な事柄を思い出す。

 そうだ! PCのハードディスクの中身!!

「田村ぁーー!! 万が一、万が一だが、俺が死んだら……俺のPCを頼む。風呂に沈めて、電気流して、データを完全に消去してやってくれ……」

 俺は、最後の気力を振り絞って、心残りであった最重要事項を伝えた。


《確認しました。電流によるデータの消去……情報不足により実行不能。失敗しました。代行措置として、『電流耐性』獲得……成功しました。付属して、『麻痺耐性』獲得……成功しました》


 田村は一瞬何を言われたのかわからなかったのか、きょとんとした顔をした。

 その後意味を理解した様子で、苦笑を浮かべる。

「ははっ、先輩らしいですね――」

 男の泣き顔なんて見たくないしな。苦笑いでも、泣き顔よかマシだ。

「俺、本当は、沢渡の事、先輩に自慢したくて……」

 そうだろうと思ったよ……。全く、この野郎は。

「チッ……、たく。全部許してやるから、彼女の事、幸せにしてやれよ。PC頼んだぞ……」

 最後の力で、それだけを伝えた。



 何という事もない普通の人生。

 大学を出て一応大手と言われるゼネコンに入社し、現在一人暮らしの三十七歳。彼女はいない。

 年の離れた兄が両親を養っており、俺は気ままな独身貴族だった。

 お陰で、童貞。

 まさか、未使用であの世に旅立つ事になるとは……俺の息子も泣いてるだろう。

 すまんな、お前を大人にしてやれなくて……。

 次生まれ変わる事が出来たら、ガンガン攻めよう。声かけまくって、喰いまくるぞ……。ってそれは駄目か。


《確認しました。ユニークスキル『捕食者』を獲得……成功しました》


 そして四十歳目前の俺なんて、三十歳童貞で魔法使いならもうすぐ賢者だったのに……大賢者も夢じゃないが、流石さすがにそこまではどうかと思うけど。


《確認しました。エクストラスキル『賢者』を獲得……成功しました。続けて、エクストラスキル『賢者』をユニークスキル『大賢者』に進化させます……成功しました》


 ……って、さっきからなんだ? 何が、《ユニークスキル『大賢者』》だ。舐めてるのか?

 全然ユニークなんかじゃねーよ!

 笑えないよ、こっちは!

 本当に失礼な……。

 そんな事を考えながら、俺は眠りについた。


 これが死ぬって事か……思ったほど寂しくないな。


 それが、俺がこの世で思った最後の言葉だった。

「転生したらスライムだった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます