話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服~

鹿角フェフ

第二話 斥候 (1)

第二話  斥候


 二人だけの建国宣言も終わり、早速始まる形ばかりの内政ターン。

 拓斗とアトゥは石造りの台座の上に座り、ウンウンと唸りながら最初の一手を考えていた。

「マイノグーラは邪悪と破滅を司る平和を愛する温厚な文明だ。まずはそのことを踏まえて行動しないとね」

「ええ、その通りです我が王よ! つまり可能な限り他者から発見されることを避ける。これはゲーム序盤での鉄則ですよね!」

「その通り、ここがどこだか分からないけどまずは誰にも見つからず情報収集が先決だね」

「はい! 流石我が王です!」

 楽しそうにキラキラとこちらを見つめるアトゥの視線に苦笑いにも似た笑みを返し、再度辺りの状況を確認する拓斗。

 彼らが座る石造りの台座から五十メートルほどは草花のみが生える開けた場所となっている。

 だがそこから先は木々がぎっしりと繁茂していた。

 どの様な品種か、根は複雑怪奇に地面まで隆起しているので移動は困難を極めるだろう。

 木の高さもそれなりにあり、加えて残念ながら拓斗に木登りの技術はない。

 元特殊疾患病棟患者にそのような技術を求めることは無謀な要求ではあったが……。

(アトゥももちろん登れないだろうし、彼女を探索に出すのも心配だな……)

 ゲームであればスタート時に拠点と探索ユニットが用意されるのだが、現状そのような存在は何処にも見当たらない。

 アトゥは戦闘ユニットに分類されるため、探索には不向きだ。

 そもそも現状の彼女は能力がかなり低く、万が一が発生することを拓斗は酷く警戒している。

 つまり、現状で打てる手は限られていた。

 だがそんな中にあっても可能な道筋は残されている。幾万にも繰り返されたゲーム内での行動が、拓斗にヒントを与えるのも時間の問題だった。

「しかたない、緊急生産を利用するか」

 ぽつりと呟いた言葉にアトゥがすぐさま反応する。

「緊急生産ですか……確かにその手段がありましたね」

 声のする方へと視線を向け、窺うように瞳を覗き込んでくるアトゥに頷き返す拓斗。

 シミュレーションゲームである『Eternal Nations』には、いくつかのメインとなる資源とそれ以外の資源が存在する。

 〝魔力〟はその一つで、〝食糧〟〝資材〟と並ぶもっとも慎重に管理しなければならない戦略資源だ。

 この三つをメインとして様々な施設、ユニットの生産、活動を行い国家を繁栄させていくのがゲームの基本システムである。

 その中で貨幣やエネルギーと似た性質を持つ魔力──これを使用することによって瞬時にユニットや建築物を生産するのが「緊急生産」と呼ばれる手法だった。

 だが便利なこの手法にももちろんデメリットは存在する。

「ああ、緊急生産は魔力効率が悪い。というかぶっちゃけぼったくりだよ。魔力を産出する手段を持っていない現状、あんまり使いたくはなかったんだけど……」

 ボリボリと頭を掻きながら大きなため息を吐くが、他に良い案が浮かばないのもまた事実だ。

 アトゥも腕を組みながらウンウン唸っているが、現状では何かこの状況を打破するような妙案も出てはこない。

 そもそもゲームとは違う状況であり、ここに来た二人が頭を悩ますのも当然といったところかもしれない。

「是非も無し、と言ったところですね。保有魔力はどの程度でしょうか?」

「ゲーム的に言えば200ぐらいかな。吹けば飛ぶね」

 資源は基本的に数値で表現される。これはゲーム的な発想ではあったが、拓斗はこの世界でも自然とその表現に順応できていた。

 もっともゲーム終盤で数万というレベルで動かす魔力が、現状たった200しか無いことに軽い目眩を覚えるばかりではあったが。

「200ですか、大事に使いたいですね。それでは何を生産しましょうか?」

「拠点の生産や魔力産出施設も考えたけど、まずは斥候でいきたいと思う」

 とはいえ愚痴を言っていても何も始まらないことは拓斗もアトゥも十分理解していた。

 共に歩む誰かがいるというのも二人が冷静になることができる理由の一つだったのかもしれない。

 自分たちが知らない世界に突然やってきたという異常事態に見舞われながらも、拓斗はとても滑らかに自らの行動を組み立てていく。

 彼が最初の一手として選んだのは情報収集だった。

 現状がどの様な世界かも把握できない時点で迂闊な行動は取れない。故に世界について知る事を選んだのだ。

 拓斗は視線を向けてアトゥに問う。問題無いか? と。

 返答は了承。

 もっとも、拓斗に絶大な信頼を寄せている彼女がその判断に否を突きつけるはずがないのだが……。

「じゃあ緊急生産! ──斥候!」

 ともあれ、賽は投げられた。

 かけ声と共に目に見えない力の奔流が拓斗の目の前に集まり、空間が歪み何かが現出する。

 はらから生まれる赤子のように粘性を感じさせる出現を見せたソレは、ボトリと落ちると拓斗を見つめ、「ギェェェェェェ!!」と一声鳴いた。

 ベースは鎌の無いカマキリに似ている。

 だが足がカマキリのソレよりもいくらか太く、異様に長い。

 目はギョロギョロと左右非対称に辺りを見つめ、神経質そうに甲高い声を絶えず発している。

 これが拓斗が召喚した斥候ユニット──《あしながむし》だった。

「キモイなぁ」

「キモイですねぇ……」

 開口一番自らが生み出した配下へ非難の言葉を放つ拓斗。

 アトゥも同じ感想であることから、破滅の軍勢であってもなお、この虫は歓迎すべき容姿をしていないらしい。



 何故か目玉を忙しなくギョロつかせ、ぷるぷると奇妙に震える足長蟲をしげしげと見つめる拓斗だったが、すぐに見飽きたのか見目に優しい少女であるアトゥの方へと視線を向ける。

「そういや、アトゥはゲーム内で知ってるから慣れっこだったんじゃ?」

「私の場合もゲーム内の表示──つまり3Dイメージ的な認識でしたから……こうリアルにされるとちょっと」

「ふーん、じゃあ記念に触ってみる?」

「いやですよ! 拓斗様が触ったらいいじゃないですか」

「僕だってイヤだよ!」

「じゃあなんで私にそんなこと言ったんですか!?

「いや、なんとなく」

「我が王が意地悪するー!」

「ごめんって!」

 仲良く遊び始めた二人。足長蟲はその巨大な瞳をギョロギョロと動かしながら無言で佇んでいる。

 もちろん、彼──足長蟲としてはただ指令を待っているだけではあったのだが……。

 その珍妙な容姿と巨大な瞳もあいまって、何か仲睦まじい語り合いを咎められているようにも見えてしまう。

 そのことにはたと気づいた拓斗とアトゥは二人同時に咳払いする。

「では足長蟲くん! 栄光あるマイノグーラの配下として命令を下す! ちょっと周りの様子を確認してきて。もちろん生命体との接触は極力避けてね。観察メインで」

「偉大なるイラ=タクト様を失望させぬよう、しっかり任務を完遂するのですよ」

「ギギギギェェェェ!!

 鳴き声ひとつ、その後は昆虫特有の嫌悪感を抱かせる走りを見せながら森の闇へと消えていく足長蟲。

 その背中を見送りながら、拓斗とアトゥは様々な思いが込められたため息を吐いた。

「少し心配していましたが、ちゃんと配下ユニットとして機能しているみたいですね。拓斗様からはどのように感じます?」

「うん、視界とかもある程度共有できるみたい。足長蟲が得た情報も自然と蓄積されているみたいだね。……はは、本当にゲームみたいだ」

 拓斗の脳内には自分を中心とした世界がまるで3Dマップのように表示されている。

 足長蟲が探索を行っているだろう場所から順次マッピングされている様子を感覚的に理解し、あまりにできすぎた現象に思わず乾いた笑いが漏れてしまう。

「ここまでは順調……ですか。そういえば、魔力は如何ほどでしょうか?」

「これで魔力を100消費して残り100。初期の拠点《開拓地》を作るのに必要な魔力量が20、慎重に使っていかないとね」

「多少余裕があるとは言え、もう無駄遣いはできませんね」

 通常ならば適切な施設や時間、資源を必要とするユニットを強引に生産する場合、消費される魔力量も膨大となる。

 初期必須施設として設定されている《開拓地》とは違い、前提施設と資源が必要な斥候ユニットでは消費される魔力量も大きく変わってくる。

 当然、追加のユニットを生産する余裕など残されているはずもない。

「異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます