話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服~

鹿角フェフ

第一話 NewGame (1)

第一話  NewGame


 …………死んだ。

 それがたくが抱いた最後の感想だった。


 意識は既に闇に落ち、五感はとうの昔に喪失している。

 不治の病と言えばドラマチックではあったが、それで心に何か納得が生まれる訳でもなく、得られたのはただ長い時間を病床で過ごすという無価値な人生だけだ。

 僅か十八という年齢でこの世を去るのは不幸ではあったが、幸いなことに心の内は穏やかであった。

 それは十分に生きたという満足感であり、医者や看護師に心配される程に熱中できるゲームと最後の数年で出会えたという奇跡でもあった。

 語る言葉は尽きないが、拓斗は満足の内に死ねたのだ。

 だが。

「……うーん。これが死後の世界? なんだか少し寒いな」

 意識は再度彼のもとへと舞い戻った。

 拓斗が目を開けると、そこに広がっているのは一面の緑。頭上高く見える木々の隙間から、木漏れ日が差し込んでくるのが見える。

 背中には堅い感触。手で軽く触ってみるとザラザラとした触感が返ってきたので、恐らく石で出来た台座か何かなのだろうと拓斗は判断した。

 着慣れた病衣はそのままだったが、鬱陶しい点滴針や人工呼吸器のマスクなどは綺麗さっぱり消失している。

 それどころか彼が今まで感じた中で一番と言ってよいほどに、身体は力に満ちていた。

「はは、空気が旨いや」

 すぅっと思いっきり吸い込むと清涼な空気が肺を満たし、眼前に広がる緑の景色が彼を蝕む鬱屈とした病室の思い出を塗りつぶしてくれる。

 重い病で動かすのも辛かった身体がやけに軽々と動く事実に、やはりここは死後の世界だろうかと拓斗は感動する。

 ぺたぺたと身体を触り状態を確認していると、不意に声がかかった。

「お目覚めになりましたか?」

 控えめな声は、彼の予想が正しければ少女の物だった。

 もしかしたらこれが噂の天使という存在なのかもしれない。

 荒唐無稽な予測ではあるが、今この場で意識をもって自己を認識している時点で既に常識を超えた出来事が起こっている。

 死後の世界を案内してくれる天使であれば不作法な態度は取れない。

 慌てて着崩れた病衣を正して声の方へと顔を上げる。

 だが──。

 真の非常識は、目の前の少女そのものだった。

(──え? ど、どういうこと?)

 彼の驚愕はいかほどであろうか。

 だがどれほど目を瞬かせてもその光景は変わらずそこにある。

 目の前の少女は拓斗の驚きを見越しているかのように静かに佇み、彼が自らの内に生じた混乱を消化する時を待っていた。

 灰を思わせるくすんだ白髪に、少女の体躯を包み込む漆黒のローブ。

 随所に映える金属製の装飾は既存の法則を無視したかのような捻れを有しており、だがその全てが見事に調和している。

 そして何より人では持ち得ないその深く吸い込まれそうな深淵の瞳こそが、彼が知る彼女の証明にほかならない。

 拓斗は彼女を知っていた。

 否、彼女のことだけは死んでも忘れないだろう。

 彼が病床でずっとプレイしていたゲーム。

 ダークファンタジー世界を舞台にした国家運営シミュレーションゲーム、『Eternal Nations』に登場する英雄ユニット。

「もしかして……『アトゥ』?」

「はい。──我が王よ」

 その少女は彼が生涯において最も愛したゲームの、最も愛したキャラクターだったから……。

 拓斗の驚愕を知ってか知らずか、アトゥと呼ばれた少女は柔らかな微笑みと仰々しい礼をもって拓斗の言葉に応えている。

「王……」

 その言葉に小さな違和感と巨大な混乱が彼を襲う。

 自分の身に何が起こったのか理解する暇さえ与えられていないが、唯一理解できることは彼女が自分に敬意を払っているということだ。

 不甲斐ないところは見せたくない。

 自分が最も愛したゲームのキャラクターにだけは落胆されたくない。

 それはただの虚栄心であったが、あの病室で過ごした彼にとってはそれが全てであった。

 情けないところを見せるなど、彼の選択肢には存在しえない。

 彼女が自分を王と呼ぶのであれば、そうあらねばならぬ。

 もはや妄執に近い感情ではあったが、それが拓斗の信念であり、また彼にとって最も尊い物だった。

(ど、どうすればいいの!? ロールプレイ!? 王ってことはマイノグーラの指導者ってことだと思うけど……? 王っぽく振る舞えばいいのかな? でもどうやって!?

「ふふっ……」

「──っ?」

 小さな微笑みに彼の心臓が痛いほど高鳴る。

 以前の彼ならばすぐさま大量の看護師と医者が飛んでくるところだが、今の彼はこの程度で体調を崩すことがないのが幸いだ。

 もっとも、だからといって目の前の少女が見せた笑みがどのような意味を持つのかを教えてくれる訳ではなかったが……。

「大丈夫ですよ。拓斗様」

 柔らかな言葉は、緊張した彼の心を溶かすに十分なものだった。

 だが次いで紡がれる言葉はそれ以上に彼を驚愕させたが……。

「前人未踏の難易度ナイトメアクリア! 使うは最も扱いが難しいとされる破滅の文明『マイノグーラ』。公式に認められたユーザーランキングに堂々一位として輝くその手腕。伝説のプレイヤー、イラ=タクト!」

「ええっ!? な、なんで?」

 それは彼が己の人生で残した軌跡だった。

 拓斗の人生はほとんどが病室にあったと言って差し支えない。

 毎日が検査と投薬の連続で、休まる暇は無い。

 家は裕福であったが、両親は病弱な彼にさほど興味はなかったのだろう。

 忘れた頃、義務的に見舞いに来る程度で後は孤独だけが彼の日常だった。

 だがその中で、彼が唯一自分の可能性を見いだすことが出来たのが国家運営シミュレーションゲームの『Eternal Nations』であった。

 ファンタジー世界に存在する多種多様な種族と国家を使い、世界に覇を唱えるターン制のゲーム。

 一回のプレイ時間が十数時間という時間泥棒な点も、彼の生活スタイルに妙にマッチしていた。

 やがて孤独を忘れる──塗りつぶしてくれる程に熱中したそのゲームでいつしか彼はランキング入りを果たし、ランキング争いに熱を上げるプレイヤーなら存在を知らぬ者はいない程になる。

 そう、人ではクリアできないとまで言われた『Eternal Nations』最高難易度、それを最も使いにくいとされる国家「マイノグーラ」でクリアしたことは彼が誇る偉業だ。

 プレイヤーの間では伝説とまで言われる記録を打ち立てられたのも、まさしく目の前にいる少女──アトゥと呼ばれるユニットが存在したからでもあるのだが。

「私も、全部覚えているんです」

 短く放たれた彼女の言葉は、非常識さをのぞけば拓斗の疑問に全て答えていた。

「拓斗様が話しかけてくれたこと、一緒に世界を何度も征服したこと、何度もゲームオーバーになったこと。全部覚えています」

 語られる言葉は平坦にも思われたが、端々に感情が込められていることが分かる。

 恐らく、彼女も自分と同じ気持ちを抱いているのだろう。

 拓斗の胸は、感動の二文字であふれかえっていた。

「ご安心下さい。私は、拓斗様のことをちゃんと覚えております」

 拓斗はその言葉に目頭が熱くなるのを感じる。

 もしかしたら涙がこぼれ落ちていたのかもしれない。

 何か気の利いた台詞を言うべきだと思ったが、今の彼にその余裕はなく、掠れるように内の想いを吐露することしかできない。

「君を……アトゥを使うのは僕のプレイスタイルで、ポリシーだったんだ」

「はい、いつもご一緒させていただきました」

 アトゥは可能性の英雄ユニットだ。

「異世界黙示録マイノグーラ~破滅の文明で始める世界征服~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます