話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ティレアの悩み事~異世界邪神転生綺譚~

里奈使徒

プロローグ 「ティレアの転生」 / 第一話 「妹が中二病になっちゃった」

プロローグ 「ティレアの転生」


「ティレア、焼飯三つお願いね」

「は~い」

 俺は注文を受けると厨房へ行き、綺麗に手入れされた愛用の包丁を取り出す。鋳造で作られたものだが、自慢の愛刀である。それを使って、ネギ、レタス、ニンジンに似た物をみじん切りにしていく。

 次に鍋に油を敷き、ご飯と卵にさきほど刻んだ具材を入れ火を通す。火は強火、そして焦げないように素早く鍋を振るのがコツである。味付けにうちの秘伝のスパイスを少々入れると、異世界風焼飯の完成だ。

 美味しそうな匂いが漂ってくる。出来立て熱々のまま、お客さんに届けに行く。

「お待たせしました」

「お! いい匂いで食欲をそそられるよ」

 お客さんは皿を受け取ると、熱々の焼飯を口の中に放り込む。

「あ、あ、熱、うん、うまい、うまい」

 がつがつと音を立てうまそうに平らげていき、あっという間に皿に入っていたものが消えていった。

「ごちそうさん。今日もうまかったよ、ティレアちゃん」

「いつもありがとうございます」

 丁寧にお辞儀し、綺麗に空になった皿を片付ける。

 ふぅ、今日も働いたなぁ。

 一生懸命作った自分の料理を、お客さんが美味しそうに平らげていく姿を見ると嬉しくてたまらない。料理人冥利に尽きるというものだ。

 今、俺は充実した毎日を送っていると言っていい。まったく前世の自分がいかにダメだったか痛感してしまう。

 俺は前世の記憶を持っている。俗に言う転生者だ。前世の名前は塩田鉄矢、ごくごく普通の家庭で生まれ育った日本男児であった。だが、悲しい事に不幸な人生、三十三年間無職童貞のまま失意のうちにこの世を去ったのである。働きもせず、所謂ニートだった俺は散々親に迷惑をかけて生きていたのである。

 しかも中二病だったから始末が悪い。自分は特別な人間である、人とは違う能力を持っていて何かしらの使命を帯びているといつも思っていた。だから、受験のために勉強したり糧を得るためだけに働いたりするなんて考えられなかった。俺はあくせく頑張っている人達を冷めた目で見ていたのである。

 案の定、学校はいじめを受け辞めたし、職に就く事もできなかった。最後は親にも見捨てられ、半ば自暴自棄になってトラックに突っ込み、死んだのである。

 その時も自分は特別な人間だから死ぬ事はない、なんて半分思っていたから救いようがない。病院に運ばれ生死を彷徨う思いをしてやっと目が覚めたのである。

 俺は特別じゃなかった。特別な人間だと思い込む事で、苦しい事から逃げていただけだと気付いたのである。やり直したいと思った。

 今度こそ、悔いの無い人生を歩みたい。

 強い後悔の念を最後に意識を失ったのだ……。

 そして、目が覚めると赤ん坊になっていた。

 え、何? どういう事? とは思わなかった。

 中二病ゆえにありとあらゆる漫画や小説を読みふけっていた俺は、状況をすぐに理解できたのである。自分は前世の記憶を持って転生したのだと。

 何という中二的展開!

 しかも、剣と魔法の世界というおまけ付きである。だが、俺は転生したからといって自分が特別な者だとはもう思わなかった。これが小説だとやれチートだハーレムだと世界を蹂躙するのだろうが、現実はそう甘くはない。前世では、その思い上がりで痛い思いをしたのである。

 せっかく神様が二度目のチャンスをくれたのだ。

 今度こそ真面目に生きようと思う。

第一話 「妹が中二病になっちゃった」


 転生して十数年が経過し、今に至る。俺は女性として転生した。名をティレアという。今年で十七歳になる。男の記憶があるから不便な事は多々あったが、もう慣れた。俺の容姿についていえば、腰まで伸びたサラサラの髪、ぱっちりとした二重瞼、そのどこか凛とした雰囲気とあわせて美少女といって良い。

 また、俺の家は料理屋をやっている。お店の名前は「ベルム」。由来は俺の生まれた町ベルガをもじってつけたと聞いている。「ベルム」はこの町唯一の料理屋であり、町の皆にも出てくる料理がどれも美味しいと評判のお店なのだ。その評判も父さんのおかげである。父さんの料理の腕はピカ一。俺も早く父さんみたいに人を唸らせる料理を作りたいと、日々料理修行に励んでいるのだ。

 前世、ろくに家事もできないダメダメな男であったが、今ではお店の料理をいくつか任せられるようになっていた。父さんが厳しくも温かく指導してくれたおかげである。父さんは、頼りがいがあり料理の腕もある尊敬できる人なのだ。また、母さんも尊敬できる人である。母さんは料理一筋な夫を助けながらも色々なことによく気が付く優しい人なのだ。

 そして、俺には三つ年下の妹がいる。妹の名はティムと言って、突然変異なのか俺や両親と違い銀色の髪をしている。

 ティムの銀髪はとにかく綺麗だ。太陽の光を受けてキラキラときらめくその銀髪を見ると、思わずうっとりしてしまう。俺はティムが小さい時から世話をしてきた。ティムは何かにつけて「お姉ちゃん、お姉ちゃん」と言ってきてとにかく可愛い! 前世一人っ子だった反動か特にティムを可愛がっているのだ。

 俺は今の家族が大好きだし、料理を極めようと思っている。だから異世界だろうが転生だろうが冒険なんかしようとは思わない。やる意味もないのだ。

 それにこの世界に魔王はいない。昔々の時代には、ゾルグという地を七つに裂き、人間、獣人、竜人、あらゆる人という人を全滅させた魔王がいたらしい。いかにもな話で、いわゆる御伽話の世界だ。異世界と言ってもこんなもんだろう。

 前世でも鬼がいたとか河童がいたとかそんな話はよくあったし、それらと同じ伝説だろう。こちらでは科学が発展していない分、世の皆は魔王の存在を信じているみたいだけど、前世で科学の知識を持っている俺にはピンとこない。大方、獣人とかエルフとかの中で勢力を誇った者が、魔王と呼ばれたんじゃないかと思う。

 だからこの世界では勇者が魔王を倒すといったファンタジー的な要素は無い。冒険者はダンジョンを攻略したりせず、魔獣といった野生の獣を狩るのが主な仕事なのだ。冒険者というより猟師といったほうが的を射ているかもしれない。いくら魔法が存在するといってもあまり夢が無い世界なのである。

 まぁ、前世と同じく中二病を発病していれば、嬉々として冒険者になって冒険に出ただろうけどね。今の俺は家族を愛する一介の料理人であり、このまま料理の腕を磨き、料理屋「ベルム」を繁盛させるのが夢なのだ。

 そんな夢に向かって邁進する充実した毎日であったのだが……。

 最近悩みがある。

 それは俺の可愛い妹、ティムの事だ。あんなに「お姉ちゃん、お姉ちゃん」と言っていたのにここ数日、妙に余所余所しいのだ。

 昨日もちょっとスキンシップ過剰だと思うが、ティムの頬にすりすりしながら「ティム、今日も元気で可愛い!」と言ったら何も言わずにすっと避けたのだ。

 これが反抗期というものなのか?

 くぅ~悲し過ぎる!

 今日もティムに無視をされたらどうしよう? 考えれば考えるほど不安が募ってくる。しばらくそっとしておいたほうがいいのだろうか? いや、こういう時こそ、普段通り振る舞わないとね。

 俺は意を決し、ティムに声をかける事にした。

「ティ~ム、こんなとこにいたの? お店の手伝いの時間だよ」

「人間、口を慎め! 我はゾルグ魔王配下六魔将が一人、カミーラである!」



 な、なんという事だ……。

 妹に中二病が発病してしまった。

「ティレアの悩み事~異世界邪神転生綺譚~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます