ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける

横塚司

02話 白い部屋 (1)

 

02話 白い部屋

 

 気づくと、ぼくは白い部屋にいた。

 天井全体が蛍光灯のように光っている。そのせいか、真昼のように明るい。

 部屋の広さは、教室ひとつくらいだろう。

 でも机と椅子は、ひとつきりだった。

 机の上には、ノート型のPCが置かれていた。

 机、椅子、ノートPC。それが、この部屋にあるもののすべてだった。

 ノートPCはすでに起動していて、エクセルのような画面がフルスクリーンで映っていた。

 ぼくはおそるおそる、机に歩み寄る。

 PCの画面を(のぞ)き込んだ。

 画面の上部にぼくの名前が書かれていた。その下に、レベル1、スキルポイント2、と書かれていた。さらにその下には、剣とか(やり)とか魔法とか、そんな単語がずらずらと並ぶ表があった。

 ぼくは(こん)(わく)して首を振った。なんの冗談なのだろう。

 これはいったい、なんなのだろう。

 いや、これがなにかまったくわからない、というわけではない。

 これはステータス表だ。

 ぼくのステータス表だ。

 まるでコンピュータゲームのように、ぼくのステータスが表示されている。

 といっても、筋力とか知力とかHPとかMPが書いてあるわけではない。

 このゲームじみたなにかでぼくにわかるものは、レベルとスキルだけ、ということなのだろう。

 そういうゲームは実際に存在する。なかにはキャラクターの能力がすべてマスクデータのゲームもある。

 さて、この画面の意味だが……。

 ぼくは混乱した頭で考える。レベルが1でスキルポイントが2ということは、ぼくはこれからスキルをふたつ取ることができるということだろうか。

 それとも、スキルごとに取得に必要なポイントが違って……。

 いや、そんなことはどうでもいい。どうでもよくないかもしれないが、いまは置いておく。

 もっと重要なのは、いま、ぼくの身になにが起こっているのか、ということだ。

「誰か!」

 ぼくは叫んだ。

「誰かいませんか! 説明してください。これがなんなのか、どういうことなのか、説明を要求します」

 期待はしていなかった。ダメモトだったのだ。この世界が説明しろといってほいほい説明してくれるほど親切な世のなかなら、ぼくだってもっとうまく生きてこられたんじゃないだろうか。

 少なくとも、あいつを殺そうとするくらい追い詰められなくて済んだかもしれないではないか。

 だが、この空間の主は、どうやらぼくの世界のあれこれよりも、よっぽど親切なようだった。

 PCの画面に、ポップアップで文字が表示された。

「質問をどうぞ」

 親切に入力ウィンドウまで現れた。

 

◆ ◆ ◆

 

 ぼくとコンピュータの応答については省略したい。すごく長くて、しかも()()な部分が多いからだ。

 ぼくはこれでもかとばかり細部の質問を続けた。ここはなんなのかとか、あなたは誰なのかとか、そういったことから始まり、このPCのメーカーはとか、クロックとかまでだ。

 たいていの質問には、答えられないという返答が返ってきた。

 それでよかった。答えなし、というのも立派な情報のひとつだからだ。

 結果としてわかったことは、以下の通りだった。

 

・これは夢じゃない。

 もっとも、「わたしは(うそ)つきじゃない」というひとが本当に(うそ)をついていないかどうかわかるのは、その当人だけである。つまりこれは、夢であるかもしれないし、夢じゃないかもしれない。

 個人的には、夢であって欲しい。

 

・この部屋にはぼくしかいない。

 プライベートルームということだ。(りよう)は4人部屋だから、これはちょっと嬉しい。

 

・この部屋にいられるのは、ぼくがPCを操作してスキル取得画面を閉じるまで。

 その操作を行った瞬間、ぼくはもとの場所、つまり森のなかに戻されるのだという。すごい技術だ。

 

・この部屋のなかにいる限り、外では時間が経過しない。

 何年いても、コンマ1秒たりとも経過しないという。精神と時の部屋より高性能だ。びっくりするほどすごい技術だ。

 ――技術? いや、はは、うーん。

 

・この部屋に来るための条件は、レベルアップすること。

 ふたたびこの部屋にやってくるには、再度、レベルアップする必要がある。レベルアップするためには、敵を殺して所定の経験値を貯めなければならない。

 正直、なんといっていいかわからないが、とにかくすごい。

 

・レベルアップするごとにスキルポイントが得られる。

 スキルポイントを消費してスキルを得られる。一度、取得したスキルの払い戻しは、基本的に不可能。これは不便だ。

 

・スキルとは、いまのぼくの身体に()()されるボーナスのようなもの。

 らしい。つまり、(けん)(じゆつ)スキルを得た瞬間、ぼくは剣の達人になる。

 いや、さすがに達人は(うそ)だ。スキルにはスキルランクがあって、ランク1では達人というほどじゃないらしい。

 ランクを上げるには、やはりスキルポイントを使う。

 

・ランク1にするためには、スキルポイント1が必要。

 ランク1からランク2にするためには、2ポイントが必要。

 同様、2から3にするには3ポイントが必要らしい。

「ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける」を読んでいる人はこの作品も読んでいます