チート魔術で運命をねじ伏せる

月夜涙

第1話 英雄

 

第1話 英雄

 

 自分の存在が遠くなっていく。(たましい)が抜ける感覚だ。

 VRマシーンを使っていないのに、いつもの感覚がした。

 ゆっくりと目を覚ます。

 そこは見覚えのある風景だった。気持ち悪いぐらいに真っ白な部屋。ここを見るのは六回目だ。イルランデでのはじまりの場所。

 異彩を放つ、透明の巨大な円柱型の容器に俺はいた。容器の中には溶液が満たされており、生温く粘ついた感触が肌を通して伝わって来る。

「初めまして、(たましい)の漂流者。僕が神だ!」

 見知った顔、ゲームでまっさきに会うキャラクター、桃色の髪をした中性的な少女。

「言葉は分かるかい? 一応、この世界の常識と、言語はプレゼントした。さあ、声を聞かせてくれたまえ、この世界での君の産声を」

 心底楽しそうに、自称神様は言う。

 俺は口を開く。溶液が口に流れ込むが不思議と息ができる。

「Hello,world」

 いつも、最初はそう言うことに決めていた。返事も予想している。

 神様はいつも、君の新たな人生に祝福があらんことをと返事をするのだ。

「いつも君はそれだね。たまには違うこと言いなよ」

 しかし、予想は外れ、ゲームとはまったく違うセリフが返ってきた。

「ふふ、驚いた? 今まではゲームだった。でも、ここからは違う。さあ目を覚まそう。現実を見るんだ。君が選んだ新しい人生を」

 容器が割れ、溶液ごと俺は外に放り出された。

 

◆ ◆ ◆

 

「えっと、君のことは(そう)()と呼ぼうか? それとも君がよくゲームで使ってたカランドとでも呼んだほうがいい?」

 (そう)()は俺の本名。カランドが俺のゲームキャラ名だ。

「ソージでいいよ。もう、現実とこっちを使い分けるのはやめにしたいんだ」

「おっけー。分かった」

 神様はメモ、メモ、と言いながらわざとらしく羊皮紙に羽毛ペンで俺の名前を書いた。

「さて、何から聞きたい?」

「とりあえずは、ここがゲームじゃないということが本当かを聞きたい」

「うん、本当。ゲームじゃないよ。君たちの言葉を借りると異世界かな?」

「そうか」

「すぐに納得するんだね」

「なにせ、VRマシーンを使わずにこんなところに連れてこられたんだ。信じるしかない。それに、俺が信じたい」

 そう、どんな形であれイルランデに来られたのだから問題ない。

「ふーん。そう。他には? あと四分三〇秒しかないけど、時間内ならたいていのことは答えるよ」

「なんだ。その時間制限は」

「神様が人間に(かん)(しよう)するのには制限があるし、力を使うんだよ。君をこっちに連れてくるのにだいぶ力を使ったからね。あと四分一〇秒。君との会話が終われば、力を使い果たして、僕は休眠することになる。休眠期間はだいたい六年ぐらいかな」

 なんでもないことのように、神様が(ほが)らかに笑う。

 もっと詳しい話を聞こうと思ったがやめた。それよりも大事な話がある。

「まず、ここが現実だと言ったが、なら、俺が今までやってきたイルランデはなんだ」

「あれはゲームだよ。ただし、僕の力で作ったこの世界のシミュレーション結果。君たちはゲームでこの世界の未来を体験してきたんだよ。僕は運命と未来の女神だからね。結構そういうのが得意なんだ」

 そう言われて妙に納得ができた。

 イルランデは明らかにオーバースペックだし、規制しようと各国の政府が動いたのに、ゲーム内でプレイヤーたちがネットを使って行った通信の(こん)(せき)を辿ることすらできなかった。

「なんのために、こんなゲームを作った」

「それはね。この世界を救うために英雄が必要だったからだよ」

「意味が分からない」

「まあまあ、落ち着いて。順を追って話そうか」

 神様は仕方ないなぁとでも言いたげな生暖かい目を向ける。

「僕たち神は、あまり世界に(かん)(しよう)できないルールなんだ。英雄そのものを作れない。だから、まず英雄になりうるポテンシャルの肉体を作った。それが、その空っぽのホムンクルス。(たましい)を作ることは規約違反だから、まずは肉だけ。最高のホムンクルスを作るのに限界まで力を使って、六年休眠しちゃったな。懐かしい」

 神様はペタペタペタと、愛おしそうにホムンクルス=俺を撫でる。

「それはおかしい。ゲームで散々使ったから分かるけど、このホムンクルスはけっして強くない。成長しなければ、そこらのチンピラにも負ける」

「うん、そうだよ。もともと人間を逸脱するものは作れないからね。僕の作れるのは人間としては強い程度の器だけなんだ。でも、そんなの意味がない。だから、現時点の強さを捨てて、極限まで素質をもたせることにした。それなら、英雄になる可能性があがる」

「確かに、ホムンクルスは才能にあふれていた」

「でしょ? でも、そうなると次の問題ができてしまった。うまく成長させないと、この子の力を活かせない。才能は才能でしかないんだ。この子をいれる(たましい)。それをどうするか悩んだ」

 それは分かる。二〇万人以上プレイしていたゲームのときのイルランデでも、そのホムンクルスを使って成功できなかったやつはいくらでも居た。

「だからね、実際に使わせて、見てみようと思ったんだ。ちょうど君たちの世界にはゲームという素敵な概念があった。君たちなら、ゲームだと言うだけで、僕の選抜試験を違和感なく、数万人単位で引き受けてくれる。だから僕はゲームと(いつわ)って、この世界のシミュレーションを君たちの世界の人間にさせたわけ。それで力を使い果たしてまた六年間休眠して、起きたときに結果をみて、選んだのが君だ。君が一番うまく、僕の作ったホムンクルスを使える」

 なんて壮大な話だ。

 最高の素質を持ったホムンクルスを作り上げ、それに見合う(たましい)を選ぶために、ゲームに偽装して、この世界の未来を体験させ、数十万人の中から(たましい)を選んだあとは、自らの世界に引き寄せるなんて。

「面白い副産物もあったけどね。君たちが作り上げた魔術。うん、こっちの世界で同等の水準まであがるのは三〇〇年あとだよ。それはきっと君の助けになるはずだ。ゲームに偽装するときに、こっちの世界の大魔術師の意見を聞いて、情報交換とか、魔術開発の仕組みを作ったんだ。きっと面白いことになるって言ったから苦労してやったんだけど。君たちの魔術を見ていると心底思えるよ。彼の助言を聞いてよかったってね」

「その魔術だけど、データベースにアクセスできなくなっているんだ」

 メニューを開いてデータベースにアクセスしダウンロードするのが常だが、それができない。

 魔術創造の仮想開発環境は頭に浮かぶが、どうしてもデータをとりに行けなかった。

 このままでは、プレイヤーたちが作り上げてきた無数の魔術が利用できない。

「それは心配しないで、君が言うデータベースに登録してある魔術も、情報交換されたデータも、すべて君のそこに入っている」

 とんとん、と神様は頭を叩いた。

「思い出して、君は知っているはずだ」

「あっ、あああああ」

 その瞬間、情報が次々と洪水のように押し寄せた。

 ゲーム内全てのプレイヤーが開発した魔術、蓄積された攻略情報。そして現実からもちこみゲームに登録した情報、そのすべてが頭の中を駆け巡る。

「その体ならしばらくすれば勝手に情報を整理して、インデックスをつけてくれるよ」

 情報酔いをする俺を尻目に、神様はのんきにお茶を(すす)った。

 俺は情報を無理やり力でねじ伏せる。まだ聞かないといけないことがある。

「俺のゲームでの経験は正しいのか?」

「それは正しいとも言えるし、正しくないとも言える。あくまであれは僕がこの世界すべての情報を取り込んでの演算結果だ。当然ずれることもあるさ」

「最後に、なぜ英雄が必要なんだ。俺は何をすればいい」

「英雄が必要なのは、破滅が来るからだ。破滅の内容は言えない。神様の(かん)(しよう)制限ってやつだ。君たちに体験させたゲームですら、破滅という要素は抜いてある。君が何をすればいいかも言ってあげられない。これも神様の(かん)(しよう)制限。強いていうなら、誰よりも強くなってほしい。その願いだけだよ」

 神様はそう言い終わると立ち上がる。

「そろそろ時間だ。僕は眠る。君がこの世界で幸せになることを願っているよ。いろんな意味で君は僕の息子だから。あと、お金はいつもの場所に入っているから。おやすみ」

 そして俺の頬にキスをして、微笑み……消えた。

「好き勝手なことを言うだけ言って消えたな」

 俺は頬を撫でる。そこには、まだ唇の感触が残っていた。

 やる気は出た。

 最高の才能をもった体に、現実世界での数十万人分の英知の結晶。

 きっと、破滅がなんであろうと乗り越えていけるだろう。

「チート魔術で運命をねじ伏せる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます