話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

王の獲物は無垢な花嫁

夏川まどか

第一章 さらわれ、そして奪われ (3)

 オルガは鸚鵡(おうむ)返しにつぶやき、呆然と青年を見つめた。
 言われてみれば、パレードなどで遠目に見たアデルバート王子は、こんな顔をしていたかもしれない。
 ――でも、どうして王子殿下が? 結婚式の真っ最中に、いきなり馬で教会に飛びこんできて、私を……たぶん、さらったのよね? ここへ連れてきたのは、いったいなんのため?
「いったい……なぜ……?」
 だがアデルバートはその質問には答えず、寝台の方へ歩み寄りながら言った。
「殿下は堅苦しい。呼び捨てでいい」
 無造作に手を伸ばされ、オルガはびくりと身をすくませた。
 (あご)を取られ、覗きこむように間近で顔を見つめられる。
「近くで見ると、いちだんと美しい」
 もう一方の手で髪をすくいとられて、今度は全身を観賞するように眺められた。
「この髪といい、姿形といい、実に見事だ。まさに白い鹿だな」
 王子の言っていることがよくわからない。オルガはこわごわ、もう一度質問を試みた。
「ここへ私を連れてきたのは、どうしてですか?」
「私の妻にするためだ」
 返ってきた答えは、オルガの想像を絶するものだった。
 ――え? 今、なんて……?
「つ、妻……?」
 驚きのあまり、オルガはつい、なじるように言ってしまった。
「わっ、私はっ……結婚式の途中だったんですよ? もう夫がいるんです! 他の人の妻になど、なれるわけがないじゃありませんか!」
 だがアデルバートは涼しげな顔で言った。
「オルガと言うそうだな。式は完了していないし、婚姻届も出されていない。法的におまえは未婚のままだ。それに……体もまだ、あの男のものにはなっていないのだろう?」
 顎をつかまれたまま指先で頬を撫でられて、オルガは震え上がった。
 ――まさか……本気で言っているの……?
「おっ、お待ちください!」
 寄せられる顔を避けて、必死に声を振り絞る。
「だからといって……ど、どうして王子殿下が、私などを……っ!」
「殿下はやめろと言ったはずだ」
 アデルバートはじろりと睨みつけて言い、ついで表情をやわらげて問いに答えた。
「おまえのことが気に入ったからだ。一目見て、ほしいと思った。だから妻にする」
「……わ、私はただの、平民です……」
「それがどうした? 身分制度は残っているが、実質的に国民はみな平等だ。フェノビアはそれほど融通のきかない国ではない。自由な恋愛も保障されている」
「自由な恋愛?」
 緊張と不安のためか、オルガはまたしても口をすべらせてしまった。
「無理やり連れてきて……これが自由な恋愛だというのですか? 私のことを、お、お気に召していただけたのは、うれしく思います。でも……私は殿下――いえ、ア……アデルバート様のことを、存じ上げません。それなのに――」
 しまったと気づいたときには遅かった。
 先ほどまで穏やかだった緑色の目に、険呑(けんのん)な光が浮かんだかと思うと、オルガは一瞬で寝台の上に押し倒されていた。
「そんなに私のことが気に入らないか」
 怒りを含んだ低い声が言う。
「ならば、おまえのこだわる、身分にふさわしいやり方をしてやろう。フェノビアの王子の命令だ。私の妻になれ」
「いっ、嫌です!」
 オルガはもがいたが、アデルバートの力は強く、びくともしなかった。
 知らない男に力ずくで押さえつけられている。その事実が急に実感として湧き上がり、たとえようのない恐怖に襲われる。
「やめて! お願いです、放してください!」
 先ほどは素直に引きさがってくれた手が、今度は離れてくれないどころか、ますます強く力をこめてくる。両手首を頭上で一つにまとめられ、体重をかけてのしかかられると、オルガはもはや身じろぎすらできなくなってしまった。
 全身を圧迫する大きな体の重み。伝わってくる温もりと鼓動。首すじにかかる熱い吐息。手首に絡みつく長い指の感触。そのどれもが恐ろしくてたまらず、小刻みに体が震えてくる。
 あいているほうの手で頬を撫でられると、ぞくっとして泣きそうになった。
 結婚こそ決まっていたものの、オルガは全くといっていいほど経験がなかった。ベネディクにキスをされたことぐらいはあったが、それすら唇を触れあうだけの他愛ないものだったのだ。
 ――怖い! やめて!
 オルガは声も出せず、心の中で叫んだ。
 心臓が早鐘のように打ち、息が短く浅くなって、呼吸さえままならない。目を閉じることもできず、迫ってくる緑色の瞳を、魅入られたように見つめるばかりだ。
 頬を撫でた手が、首すじをなぞり、さらにその下へと移っていく。
 アデルバートの指の動きが、目で見ているようにありありと感じられた。ドレスの上から触れられただけで、そこがかっと熱くなり、痺れに似た不思議な感覚が周囲に広がる。恐ろしい。なのに不快ではない。のしかかる重みや温もりを、心地よいとさえ思ってしまう。
 ――私、どうしてしまったの? こんな……こんなふうにされて……。
「あっ」
 胸の脇をかすめられたとたん、電流のような衝撃を感じて、オルガは思わず声を上げた。
 体の奥で、得体の知れないものが頭をもたげた気がした。どろりとして熱く、暗く、決して見てはならない、忌まわしい何か――。
 端整な顔が少し傾けて寄せられ、静かに唇を重ねられた。
 ぞくりとして、また未知の衝動がこみ上げる。
 唇を強く吸われ、弾力のある舌が間を割って入ってこようとしたが、オルガは歯を食いしばって拒んだ。
 ――嫌! 嫌!
 ただただ恐ろしくて、惨めだった。とてつもなく悪いことをされているという気がした。いや、自分の中に悪いものが潜んでいるのかもしれない。それを暴かれ、アデルバートに知られてしまうのが怖い。
 ――お願い! やめて……!
 そう強く思った瞬間、つうっと片方の目尻から涙がこぼれ落ちた。
 唐突に両手が解放され、アデルバートの体が離れていく。
「なぜ、そこまで拒む」
 途方に暮れたような声が聞こえた。
 目を向けると、寝台の傍らに立ったアデルバートが、表情のない顔で見下ろしていた。
「王子の妻になれるというのに、うれしくないのか? それほどあの男のことを、愛しているというわけか?」
 オルガが答えられずにいると、アデルバートは不愉快そうに眉をひそめ、流れるような身のこなしで背を向けた。
「もういい。今日は休め」
 そのまま振り向くことなく出ていってしまい、二人を(へだ)てるように扉が閉じられた。


 取り残されたオルガが放心する暇もなく、しばらくすると侍女が五人、扉を開けてぞろぞろと中に入ってきた。
「お召し物をお持ちいたしました」
「まずはお湯浴みをどうぞ」
 言われるまま部屋を出ると、すぐ近くの浴室に案内された。
 浴室というよりも浴場だ。一度に十人も入れそうな大きな湯船に、広々とした洗い場。そのすべてが贅沢に大理石で造られ、そこかしこに彫像まで飾られている。

「王の獲物は無垢な花嫁」を読んでいる人はこの作品も読んでいます