話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

私は敵になりません!

佐槻奏多

1章 逃亡します! (1)

 1章 逃亡します!


「うそうそ悪役とか何なの……。いや絶対夢。夢よ。あははは」

 思わず口から乾いた笑いがれる。

 誰だって悪役になんてなりたくないだろう。悪役の最期なんて、悲惨なものが多いのだから。楽しい人生を送りたいよね? そもそもゲームと同じ世界って何ですかそれ?

 でも待って自分、TVゲームだなんて滑稽こっけいなものはこの世界にない。きっと脳が夢を見ている時に、変な妄想を作り上げただけ……と思ったところで、気付く。

 ──この世界らしい考え方でいくならば、鮮明でしっかりと記憶に残る夢って、正夢だと認定されてしまうってことを。

「教会の仕事の一つが、ゆめきじゃないのよー!」

 近隣の王国に至るまで、ほとんどの人達が信仰しているエレミア聖教。基本的な教えは、清く正しく生きましょうという、よくある代物だ。だけど夢が神からの賜り物と位置づけられ、まるで夢占いみたいな夢解きを真面目に行っているのだ。

 例えば「昨日、なんかすごく鮮明にあこがれのカレに告白される夢見ちゃった! きっとカレも私のこと好きなのよ!」と言うと、前世の日本では「夢と現実の区別がついてない変な人だ」と思われるだろう。

 しかしこっちの世界で修道士のみなさんに夢の内容を話すと、夢解きの解説書をめくりつつ「相手が貴方あなたを思っているからかもしれませんね」とか大真面目に解説されるわけだ。

 とにかく私は正夢じゃない可能性を探して、脳内に増えた記憶を検証してみた。

「そもそもゲームのキアラは魔術が使えたはずだけど、私はそんなことできないし。それに、周りで使ってる人も見たことないんだけど」

 魔法がこの世界にあることは知っている。

 王宮お抱え魔術師なんてのも時々いるらしく、戦場ではかなりいい戦力になるというが、魔術師は希少だ。好戦的なルアインだって、最近の戦いでは魔術師を参戦させていない。

 どうやってなるのかは門外不出で、魔術師からその弟子へと伝えられていくと小耳にはさんだことはある。ただ、悪魔と契約するのだとかうわさされているが。なら、ここがゲームとそっくり同じ世界だとしたら、近い将来、私は悪魔と契約させられるっていうこと?

「やだよ悪魔と契約なんて!」

 家族には恵まれず、結婚でも恵まれないことは決定している。その上悪魔と関わるなんて、人生ハードすぎない?

 他に否定材料はないかと探してみたが、王妃の名前も一致。主人公の家であるエヴラール辺境へんきょうはく家というのも存在する。隣国の名前はルアインで一致。……もう詰んだとしか思えない。

 しかも敵役だ。

 ゲームでは、王妃の引き入れた隣国の軍が駐留するとりでや町に戦いをしかけると、何回かに一度、キアラが敵として参戦してくる。

 巨大土人形ゴーレムを作製して戦う相手を増やして逃げてしまう、面倒な敵だ。

 その後、王城の近くまで進んだ頃になって、ようやくキアラと戦えるようになり、主人公と仲間たちが倒すのだ。

 呼び出した土人形ゴーレムを倒されると、キアラが誰かの剣で刺し貫かれる様子がアニメーションで表示される。

 その殺害シーンを思い出した私は、鳥肌が立ってきた。

「うう、若いそらで死にたくない……ってそうだ。結婚しなきゃいいんじゃない?」

 キアラ・クレディアスにならなければいい。今現在魔法は使えないのだから、結婚後に悪魔と契約させられるのだろう。今なら魔術師にもならずに、ひっそりと生きていけるのではないだろうか。それなら戦争に駆り出されることもない。

 ──よし、逃げよう。

 決めた私は、寝台の下から小さなトランクケースを引き出し、鍵を開けて財布を取り出す。

 そこには伯爵から教会学校へ入る前に渡されたお金が、十万シエントほど入っている。これは本来、貴族令嬢である私が寮の召使いに部屋の掃除を依頼したり、細々こまごまとした用事を代行させるために使うはずだったものだ。

 けれど私は、自分で掃除もやっていた。毒薬を所持しているからだ。養父のパトリシエール伯爵が、私に持たせたのだ。万が一のためにとか言ってたけど、あのおじさんは毒を持たせて何をさせる気だったんだろう……。

 毒は捨ててしまいたかったんだけど、適当に中身を空けた場所の庭の木とか草が枯れるのではないかと思ったので、何もできなかった。人が死ぬ量だけは教えられたけど、成分とか全くわからなかったから。

 ……そうか。毒を持たせるような養父のことだ。結婚した私に悪魔と契約させる可能性って、すごい高いじゃないか。

 今更それに気付いた自分にあきれつつ、私は財布を黒いスカートのポケットにねじ込む。次にスカートをたくし上げて、太腿ふとももにナイフと毒薬の瓶を特製の革ベルトでくくり付けた。

 ナイフでの戦い方は、伯爵家に養子になった直後に教えられた。……これも護身のためとか言ってたけど。毒を持たせたり刃物で戦えるようにしたり、パトリシエール伯爵は私を暗殺者にでもしたかったのだろうか。

 しかしこれからは身一つで生きていかなければならない。結構物騒なこの世界で、武器もなしに生きていける気がしない。そこに関しては感謝しよう。

 さて準備はできた。

 他の荷物を持たずに部屋を出た私は、なるべく落ち着いた足取りで寄宿舎を後にする。荷物なんて持っていたら、誰かにとがめられた時に「教科書を忘れて、授業棟へ取りに行くの」とかせないので。

 また、誰かを頼ろうとは思わなかった。浅く付き合う友達はいても、彼女達はきっすいの貴族のご令嬢。親に逆らって一人で生きるんだ! と話したところで、驚かせ、戸惑わせるだけだ。下手をすると親切心から親元に連絡されてしまうかもしれない。それは困るのだ。

 私は人と会わなさそうなルートを通って、教会学校の敷地の端まで移動した。

 生け垣と学校の石壁の間に隠れ、一度息をつく。

 すぐ目の前には、以前から知っていた壁にあいた穴がある。あとはここから出るのみだ。

 教会学校のある丘から一番近い町までは、目と鼻の先だ。人ごみに紛れて衣服を取りかえてしまえば、教会学校から逃げてきたことを隠せるだろう。

 その後は最速でこの領地から外へ出よう。

 できれば他国へ行きたいが、見知らぬ土地で暮らすのでさえ大変そうなのに、風習も違う他国へ行くのは怖い。幸いこの国はそこそこ広い。有名な都市へ行かなければ見つかりにくいだろう。貴族令嬢として育てたはずの娘が、どこかの貧しい町で生活できるとは思うまい。

「田舎よ。田舎に行こう。でもちょっとは裕福な商人とかが暮らしてるぐらいの町がいいわ」

 そういう所なら、仕事もそこそこありそうだ。

 大まかな方針を決めた私は、夕暮れを待たずに教会学校の壁が崩れた場所から抜け出した。

 学校の周囲は、丈の高い林に囲まれている。そこをつっきろうと足を動かしかけたその時、ふいに馬のいななきが聞こえた。

 門のほうだ。普段は、司祭が出入りする時と、食料を運ぶ馬車が朝やってくる以外には教会学校を訪れる者はほとんどいない。きゅうきょ、家に帰ることになった生徒でもいるのだろうか。それともパトリシエール伯爵が、私を連れ戻そうと、手紙と同時に馬車も寄越していたとか?

「私は敵になりません!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます