話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ぼくの手を借りたい。

つくね乱蔵

第一章 想い出を喰らう樹 (3)

 その光景をくすくす笑いながら見送っていた教授は、扉が閉まると同時に真顔に戻り、ささやくように言った。

「お手並み拝見といきますか」



「まずは聞き込みから行くわよ」

 由香は借りてきた資料を広げ、てきぱきとアンダーラインを引き始めた。

「直接、現場に行った方が早いんじゃないかと……」

「はぁ~っ?

 生意気言ったのはこの口ですかぁ。と言いながら由香が摘まんだのは健吾の右耳である。

「いたひ。ごめんなさいごめんなさい。ってかそれ、耳です」

「耳は口ほどに物を言いって言うでしょ」

 それも言うなら目だよ、目。健吾はためいきまじりにぼやいた。

「いい? いきなり現場に行って、とんでもない相手だったら責任持てる? あたし、まだ死ぬの嫌だからね」

 言われてみればその通りである。強引なだけではなく、知恵も回るらしい。

「一軒目はここ。この家の奥さんが目撃したらしいわよ」


「すいませーん。奥様いらっしゃいますかぁ」

 爽やかそのものの笑顔を一瞬で作り上げ、由香はインターホンに話しかけた。

「どちらさま?」

 怪しんでいる様子を隠そうともせずに、その家の主婦が顔を覗かせた。

「あたし達、こんめいかん大学の学生なんですが、こちらの地域を研究中でして」

「忙しいから他あたってちょうだい」

 取りつく島も無いとはこのことだ。

「あ、ちょっと待ってください」

 由香がバッグを探った。困った時に使いなさいと言って、後藤田教授が渡してくれた袋があったのだ。

 中を見ると、大小様々な小袋が入っている。

「なによこれ。ワラ人形セットってどう使えってのよ」

「あ、これなんかどうすか?」

☆取材で困った時用・秘密兵器

「ナイス」

 喜び勇んで袋を開ける。

 中身は後藤田教授の名刺であった。しかもにっこり微笑ほほえんだ顔写真付きだ。

「こ、こんなもん何の役に立つってのよっ!」

 地面に叩きつけようとする由香を必死で制止し、健吾は奪い取った名刺を先程の主婦に見せた。

「責任者はこの人なんですが」

 名刺を見せた途端、りあがっていた主婦の眉毛がハの字に下がった。

「あらぁぁん。ゴッチーじゃないのん」

「ご、ゴッチー?」

 さすが、マスコミの露出が多いだけのことはある。後藤田教授は御家庭の主婦層にイケメン教授・ゴッチーとして知れ渡っているのであった。

 その後も名刺のおかげで取材は楽々進んだ。

 が、詳細が分かれば分かるほど、謎は深まっていくばかりである。

 そもそも、祟ること自体がおかしい。

 問題の樹は、町の商店街の中心に立っている。

 話題にすら上らない単なる樹である。近所の年寄り連中が涼んだり、カップルが待ち合わせ場所に使うぐらいだ。

 寂れはじめた商店街の再建にあたり、まずは道路の整備工事が始まったのだが、その行く手を阻んだのがこの樹である。

 切り倒す以外の選択肢は無いのだが、作業が遅々として進まない。

 近づくだけで重機が動かなくなる。作業員のが絶えない。

 見ると、樹皮に少女の姿が浮かび上がっている。時に睨み、時に絶叫する。

 そのぐらいならよくある話なのだが、怖いのはその先だ。

 現場には寝泊りできる仮事務所があり、地方から働きに来た作業員が利用している。

 そのうちの数名が、記憶の一部分を失くしてしまった。

 自分の名前や、職業、何故なぜここにいるか等は分かる。

 消えるのは家族に関する記憶だけだ。

 メールの内容に心当たりが無い。電話で話しているうち、食い違いが起こる。

 約束していた土産みやげ、結婚記念日、子どもの誕生日ぐらいならまだマシだ。

 酷い状態になると、今話している相手が誰だか分からないという者さえ出始めた。


 触れる者を傷つけ、家族との想い出を食べてしまう樹。

 心身両面で祟るという噂が世間に知れ渡り、作業を拒む者が続出し、とうとう工事は止まってしまった。

 頭を抱えた施工業者が相談を持ちかけたのが、後藤田教授であった。


「さて。覚悟はいい?」

「よくないです。帰りましょう」

 ビシッ

 由香が平手で健吾の後頭部を思いきり叩いた。

 乾いた音が青空に吸い込まれていく。

「ぼ、暴力反対っ」

「口で言って分かんなきゃ、いつだって手ぇ出すわよ」

 問答無用。いよいよ現場確認である。

「やだなぁ……なんでこんなバイト引き受けちゃったんだろ」

 ぼやく健吾と対照的に、先を行く由香は鼻歌を続けている。何の歌だか分からない。

 歌が下手な人は、鼻歌も下手なんだなぁ。くだらない発見に感心する健吾の目は自然と、由香の後姿に吸いつけられる。

 細い腰の辺りまで伸びた長い黒髪がサラサラと風に揺れる。

 そう、黙っていれば、本当に美しい女性なのだ。

「それ以上見ると金取るわよ」

 振り向きもせず、ドスの効いた声で由香が言った。

 サトリの妖怪かよ。

 声を出さずに健吾が唇だけを動かす。

「サトリの妖怪かよって思ったでしょ」

「ひぇぇぇぇっ! なんで分かった」

 振り向き様に由香は健吾の耳をつかんだ。

「目は口ほどに」

「合ってるけど、つかんでるのは耳ですっ」

「るっさいわねっ!」

 ストリート漫才を繰り広げながら、二人は商店街を進んでいく。

 あまりにも夢中になっていた為、問題の樹を通り過ぎてしまった。

「西脇さん、今の樹がそうじゃないんですか」

「なにおうっ! あ。そうね。もっと早く言いなさいよ」

「ごめんなさい」

 健吾は素直に謝った。生き残るすべは心得ている。


 新緑の季節にも関わらず、その樹は一枚の葉も茂らせていなかった。

 樹皮も傷だらけだ。その全てが相合傘の落書きであった。

 噂が広まった今では、木陰で休もうという物好きもいない。それどころか、付近を通りかかる者すらいない。

「これって何の樹かしら」

「桜ですね。ソメイヨシノ」

「うわ、植物オタ登場。僕ぅ、植物の名前には詳しいんですぅってか」

「いや、そこに看板が」

「……」

 悔しそうに看板を見つめる由香の側で、健吾は声に出して読み始めた。

「このソメイヨシノは、初代町長が亡き妻との結婚記念日に植えたものです。そのことから、この樹は『永遠の愛を誓う樹』として親しまれてきました。愛する者同士の名前を相合い傘にして刻むと、来世でも結ばれると言われてます」

 なるほどね、と健吾はうなずいた。

「だからこうやって、相合傘を刻んでるわけですね。僕も刻もうかな」

 言いながら健吾は、後頭部をかばった。平手が飛んでくると思ったからだ。

 だが、いつまで待っても平手も手刀も来なかった。


 どうしたのだろう。恐々振り向くと、凄まじい目つきで由香が睨みつけている。

 眼力などという生易しいものではない。

 そこら辺のヤンキー兄ちゃんなら、確実に座り小便レベルだ。

 アメリカならX‐MENのメンバーになれるぐらいの眼差しである。

「すいませんすいません、とにかくすいません」

 健吾が土下座するのも無理はない。

「黙って。動かないで。動くとやられるわよ」

 動くとやられる──?

 普通に暮らしていたら、そんな状況に遭遇する機会などありえない。

 一ミリだって動いてたまるか。健吾は土下座の置物になった。

 由香もまた、動きを止めていた。

 彼女の鋭い眼差しは、樹に注がれている。

 いや、正確には樹から浮きだしている少女にだ。

 写真と同じ姿である。

 少女は、由香を睨み返している。

 うつろな、それでいて強い想いを秘めた目だ。

 その瞳が求めるものを探ろうと、由香は意識を集中した。

 長年に渡る霊視能力の思考錯誤の末、彼女が見いだした技である。

 もとより望んで身につけた技ではない。


 幼い頃、彼女は霊と人間の区別が付かなかった。

 何故なら、何の障害もなくごく自然に霊と会話ができたからだ。

「ぼくの手を借りたい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます