話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ぼくの手を借りたい。

つくね乱蔵

第一章 想い出を喰らう樹 (1)




第一章 想い出を喰らう樹




 箱の中身は何でしょねぇぇぇ~


 脳天気な掛け声の合唱が響き渡る。

 心霊現象研究ゼミナール、略して心研ゼミの新歓コンパ名物が始まった。

 ゼミナールとは名ばかり、実体は単なるサークルである。

 主な活動は実話怪談の読書会と心霊スポット探訪と、世間的には胡散臭い物好きの集まりだ。ただし、顧問のとうとらろう教授の熱心な指導と広報活動により、その内容は非常に濃いものであった。

 夏ともなれば、テレビ局から心霊番組のゲストとして出演依頼が続くほどだ。

 とはいえ、酒の場になると話は別。ちょっと心配になるぐらいのバカばかりである。

 この新歓コンパ名物は、そのバカの証明であった。

 一人ずつ前に出て、テーブル上の箱に手を突っ込む。

 見事に中の物を当てれば、賞品として好きなメニューを注文できる。

 外したら、罰ゲームとしてタバスコ入りの生ビール。

 ありがちな展開だが、通常と異なる点が一つある。

 目隠しをしない。箱自体もふたが無い。要するに中の物が丸見えなのである。

 だったら全員当たりじゃん、などと甘く見てはいけない。

 見えていても当たらないのがこのゲームのみそである。


 例えば、一人目の男子生徒に与えられた問題は、誰がどう見てもカニであった。

 当然、男子生徒も自信を持って答えた。

「カニっ!!

 ぶ~♪

「ええっ!? だってカニじゃん」

 後藤田教授が重々しく正解を告げた。

「正しくは、スベスベマンジュウガニだよ」

 タバスコ入り生ビールは、大変に辛そうであった。

 その後も、人を小馬鹿にした問題が続く。

 正直、当たるはずのない内容ばかりである。

 賞品を出す気がないのは明らかであった。


 ところがそんな中、見事に正解する学生が現れるのが心研ゼミのすごいところだ。先程のカラオケ大会で、ジャイアンばりの音痴を披露していた女子だ。

「テディベア、一九七五のイギリス製。持ち主は当時六歳の女の子」

「当時とは?」

 担当の後藤田教授の質問に、その子はあっさりと答えた。

「既に亡くなられていますから。七歳の誕生日を迎える前に、風邪をこじらせて。正解なら明太子コロッケを」

「素晴らしい。明太子コロッケ追加!」

 教授が大きな音を立てて拍手した。


 さて、ここに己の順番を暗い顔で待つ男がいた。

 その名はみさきけん

 プロレスラーみたいだが、見るからに貧弱な体つきは、秒殺で名前負けだ。

 本来なら、心霊現象を大の苦手とする男である。

 祖母の命令でなければ、心研ゼミなどには一ミリたりとも近づきたくない。

「あんたみたいな臆病者は、ちぃっと後藤田先生に鍛えてもらいなはれ」

 どうやら祖母は、後藤田教授とみの仲らしい。

 健吾の将来に何も注文をつけない祖母が、唯一こだわったのがこの心研ゼミであった。

「次は、ええと……一回生、岬君」

「……はい」

 健吾は、重い足取りでテーブルに向かった。

 正直、怖い。

 その理由は少年時代に遡る。

 そしてそれこそが、心霊現象を嫌いになった原因でもあった。


 小学五年生のクラス会でこのゲームをやった時のことである。もちろん普通の、中が見えないルールのほうだ。

 ダンボールで作った箱に、生徒が順番に手を突っ込んでいく。

 中身は当時流行はやったスライムや、ゴム製のカエルなどだ。

 普段いばっている男子が悲鳴をあげたり、クラスのアイドル的存在の女子が怖がる様がやたら可愛くて、男子全員がはにゃ~んとなったりと、会は結構盛り上がっていた。

 いよいよ自分の番になり、健吾は目隠しをして利き手の左手を箱に入れた。

 その瞬間、クラスがざわめいた。

 イタズラ好きの男子が、中に入っていた猫のぬいぐるみを取り上げてしまったのだ。

 そうとも知らず、健吾は恐々、手探りしている。

 腰がひけ、まるでトイレを我慢しているように見える。大変に情けない姿だ。

 皆の笑い声を聞いて、健吾は焦った。


 くそう、どこだっ?

 何が置いてあるんだよ


 震える指先が何かに触れた。

「あった!」

 思い切ってつかむと、それは握り返してきた。

「どわぁぁぁっ!!

 恥ずかしくも悲鳴をあげてしまった健吾であるが、それを上回る悲鳴とけんそうが教室を包んでいた。

 健吾の手がつかんだもの、それは〈人の手〉であった。

 ダンボール箱の底には穴が開いていない。

 箱が置かれている机にも開いていない。

 というか、そもそも机の下に誰もいない。

 それなのに、箱の底から手が生えているのだ。

 手は、健吾の左手をつかんで離そうとしない。

 健吾は立ったまま失神した。

 悲しいことに、少しだけ漏らしていた。

 さらにその出来事以来、健吾は霊が見えるようになっていた。

 見えたからと言って、何かできるわけもない。

 ほとんどの場合、霊は何の前触れもなく現れる。嫌だな、見たくないなと思い煩う毎日は、健吾を引っ込み思案の少年に変えていった。

 健吾の住環境も良くなかった。

 彼の家がある場所は、縁賀町という。正式には、ふちがまちなのだが、皆はエンガチョと呼んだ。

 エンガチョの健吾。

 それが小学時代ついて回ったあだ名であった。

 あだ名は日常生活までも変えてしまう。

 卒業するまで、誰も健吾と手をつないでくれなかった。

 六年生の運動会、たった一人のエアーフォークダンスは今でも想い出すたび、健吾の胸に砂嵐を吹かせる。


 だが、あれはあの時だけのこと。

 あれ以来、中高と通じて何事も起こらなかった。

 まぁ、起こらないように細心の注意を払っていたとも言えるが。

 相変わらず霊は見えていたが、何もできない相手には向こうも期待しないようで、接してこようとはしなかった。

 だいじょうぶ、だいじょうぶ。

 そう自分に言い聞かせ、健吾は箱に向かった。

 第一、今回は最初から中身が見えているのだ。

 安心安心。


 箱の中身は何でしょねぇぇぇぇ~


 そぅっとのぞき込む。

「うっ」

 ぬふふ、と後藤田教授は悪魔の笑みを見せた。

「断っとくけど、只のワラ人形じゃないよ。今朝採集したばかりの新鮮極まる一品だ」

「これ触って何を当てればいいんですか」

「どんな呪いを秘めたワラ人形か、だよ」

 んなもん、わかるか。

 よしんばわかったとしても、口に出したくない。

 タバスコ入りビール決定だな。

 それよりも、新鮮なワラ人形に触ったりして呪われないのだろうか。

 イヤな汗をにじませた健吾は、目を背けたまま手をのばした。

 次の瞬間、指先が妙な感触を受けた。

 例えてみれば、そう、犬にめられたような──

 流し目ちらり。

 ほら、やっぱり。

 箱の中にあったのは、犬の生首であった。

 頭の上に先程のワラ人形を乗せている。どうやら押しのけて出てきたらしい。

 嬉しそうに健吾の手を舐めている。

 これは怖いというよりは、すごく可愛い。


「どういう仕掛け?」

 学生達は大喜びである。

「いや、仕掛けなんてないよ。あれはどうやら霊体だね」

 後藤田教授がのほほんと分析した。


 全員がどよめいた。先ほど、テディベアの詳細を言い当てた女子学生が、近づいて頭をでた。

「すごーいっ!! 可愛いー!」

「よし、みんなせぇ~の!」


 箱の中身は何でっしょねぇぇ~


 怖がる様子などじんも無い。勢いに押され、健吾は答えた。

「柴犬」

 ぶ~♪

「ええっ!? じ、じゃあスベスベマンジュウ柴」

「やな柴犬だね。正解は豆柴だよ」

 タバスコビール決定。

 一気に飲み干す健吾を見上げながら、豆柴は緩やかに消えていく。

 ちなみに、豆柴が見上げる姿は本当に可愛らしかった。


 最高に盛り上がる中、教授の目は笑っていなかった。

「ぼくの手を借りたい。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます