話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

くろねこルーシー ~はじめての子育て~

矢立健太

第一章 黒猫と占い師 (2)

 何十年も占い師を続けているだけあって、彼女の外見からは相応のかんろくや神秘性が伝わってくる。スーツの上から不格好な黒いマントを羽織っただけの、我ながら貧相としか言いようのない鴨志田とは大違いだ。

 ──オーラがない、か。

 客に言われた言葉を、鴨志田はまた心の中で繰り返した。

「……なによ、さっきから」

 ガリンシャが二本目の煙草に火をつけ、挑むような調子でいてくる。

 鴨志田は先ほどの、彼女と客とのやりとりを思い返した。

「ガリンシャさんって、なんでもはっきり言いますよね」

「あんたね。占い師がはっきり言わなくてどうするの」

「そうなんですけど、なかなか」

 相手の気持ちを考えると、思ったことをそのまま口にすることができない。

 ガリンシャがあきれたように首を振る。

「もう半年でしょ。師匠に教わらなかったの?」

「お忙しい方ですから」

 鴨志田の師匠は占い歴数十年のベテランであり、常に全国各地を駆け巡っている。そういえばこの一ヵ月ほど顔を合わせていない。

 鴨志田の気弱な態度が気に障ったのか、ガリンシャは火をつけたばかりの煙草を乱暴にもみ消し、吸い殻入れの中に落とした。

「もっと客に、来てラッキーって思わせなきゃ」

「なるほど、茶柱が立ったみたいな」

 吸い殻入れの中で尻を立てた煙草を見下ろしながら言った。

 ガリンシャが鼻を鳴らす。

「占いはサービス業なんだから。多少はうそが混じっても、相手が満足できたほうがいいの。それでお金をもらってるんだから」

「そんなことをしたら、えんま様に舌を抜かれませんかね?」

「あんた、ほんと迷信ばっかりね」

 ガリンシャがわざとらしく目をぐるりと回してみせる。

「はぁ」

 肩を落とす鴨志田を見かねたのか、ガリンシャが三本目の煙草に火をつけながら言った。

「なんか特徴つけたら?」

「特徴、と言いますと」

ふうぼうとか雰囲気とか、なにからなにまで普通だもん。もっとキャラ作りなよ」

「キャラ、ですか」

 いちおうマントは羽織っているのだが、これでは足りていないということだろう。

「この世界、キャラ立ってナンボよ。あんたも、これでもつけて占い感を出しなさい」

 ガリンシャが自分の腕につけていたブレスレットを外し、手渡してくる。

「ありがとうございます」

 マントだけのときとそれほど変わらないような気もするが、断るのも悪いので、とりあえず受け取っておいた。



 案の定、休憩のあとも客は来なかった。

 ショッピングモールに閉店の音楽が流れはじめる。

 鴨志田は店を畳み、従業員用のロッカールームへと引き上げた。

「キャラか……」

 ロッカーの内側についた姿見を見つめる。り残した無精ひげが目立っていた。やはり疲れたサラリーマンにしか見えない。

 マントをハンガーにかけつつ、思わず息をついた。

「ため息、やめましょうよ」

「あ、すみません」

 背後からの声に、反射的に振り返った。

 目の前では茶髪の青年が荷物をまとめている。

「カモさんだけじゃないんですから。悩める個人事業主」

かみじようさんもですか」

 彼はまだ二十代の半ばらしいが、鴨志田よりも前からショッピングモールで働いている古株だ。小さなスペースで似顔絵コーナーを開いているものの、鴨志田の占いと同じく、お世辞にもっているとは言えない。

「恥ずかしながら。──ほら、今日も」

 上条は自分のロッカーからスケッチブックを取り出した。ペラペラとページをめくり、中の一枚を鴨志田のほうへ向けてくる。

「これ、わりとうまく描けた自信あったんですけど。素直にやると、なかなか喜ばれないもんです」

 ページには中年女性の絵が描かれていた。鼻の下のホクロが印象的で、ほおあごはずいぶんふっくらとしている。おそらく似ているのだろうが、強調すべきでない特徴を強調しすぎた、ということなのだろう。

「どうやったら喜んでもらえるのか、ほんとわかんないです」

 上条が首を振りながら言った。

 と、廊下へと続く扉が勢いよく開いた。

 現れたのはショッピングモールの管理部長、たきざわだ。年齢は鴨志田よりも一回りほど上だろう。今日も茶色いスーツをすきなく着こなしている。

「お疲れ様です」

 鴨志田と上条はそろって頭を下げた。賃料を払っているとはいえ、鴨志田たちは「店を出させてもらっている」立場だ。

 滝沢は両手をスーツのポケットに突っ込み、おうようにうなずいた。

「おっす。今日いくらあがった?」

「……二千五百円です」

 思わず目をそらしながら、鴨志田はこたえた。

「一人かよ。あれ、単価三千円だろ?」

「いまキャッシュバックキャンペーンをやってまして……」

 少しでも安いほうが客に来てもらえるのではないか。そう考えて導入してみたのだが、いまのところ成果は表れていない。

 滝沢がいらだたしげにまゆをひそめる。

「バックするほどキャッシュないじゃん。おかしいんだって、サービスのポイント」

「すみません」

「一応、あそこもうちの売り場面積に含まれてんだからさ」

 滝沢の視線が上条をとらえる。

「そっちは?」

「うちは、今日は二人……」

「お願いしますよ? ほんと」

 滝沢は乱暴に頭を掻きながら出ていった。

 扉が強く閉じられると同時に、二人揃って肩を落とした。



 空はすっかり夜の暗さに染まっていた。夏の夜風は湿っており、ぬるま湯につかったかのようにまとわりついてくる。

 民家からただよってくる料理のにおいをぎつつ、いつもの路地を歩いた。

 と、鴨志田は本能的に足を止めた。薄闇の向こうへ目を凝らす。

 思ったとおりだ。街灯が照らす電柱の脇に、きらりと光る二つの点を見つけた。

 黒猫は座った状態からのそりと立ち上がった。

「……もう。いい加減にしてよ」

 鴨志田はいま来た道を引き返しはじめた。時間はかかるが、また前を横切られるよりはましだ。

「背に腹は代えられないよな」

 民家をひとつ回り込み、隣の路地へ移る。

 大丈夫、今日はもう不幸なことなんて訪れない──そう心の中で念じながら、鴨志田は夜道を歩きつづけた。



 ショッピングモールからバスで十分、さらに徒歩十分ほどの場所に、鴨志田の家はあった。

 親から受け継いだ日本家屋だ。庭付き一戸建て、と言えば聞こえはいいが、実際はかなり老朽化が進んでいる。

 門に手をかけたところで、荒い息づかいの音に気づいた。見ると、中年の男がきょろきょろと周囲を見まわしながら近づいてくる。

 男性は鴨志田の目の前で足を止めた。

「あの、すみません。このあたりで猫を見ませんでしたか?」

「猫?」

「黒猫です。ちょっと太った感じの」

 先ほど見かけた黒猫は、言われてみれば太めだったような気がする。

「見ましたよ」

「どこらへんで?」

 中年の男性が詰め寄ってくる。かなり切羽詰まっているようだ。

 鴨志田は自分が来た道を指し示した。

「あのへんにいたんで、いまちょっと逃げてきて」

「は? 逃げて?」

 男性は一瞬、困惑したような表情になったが、またすぐに黒猫のことを思い出したらしい。「あ、ありがとうございました!」と言って頭を下げると、焦った様子で駆けていった。

「ルーシー! おーい、ルーシー!」

 どうやらあの黒猫はルーシーという名前らしい。

「ルーシーって……よくあんなもの飼うね」

 鴨志田は去っていく男性の背中を見送り、肩をすくめた。

 よりによって黒猫を飼うだなんて、自分から不幸を招いているようなものではないか。



 引き戸を開けると、包丁がまな板を叩く音が聞こえてきた。玄関にはふだんよりも多くの靴が並んでいる。

 妻のさちと、息子のようが来ているのだ。

 彼女とは半年ほど前から別居している。理由は鴨志田の仕事と収入の少なさだ。

 鴨志田が会社をリストラされ、占い師を始めると打ち明けた時点で、彼女は五歳になる息子を連れてさっさと出ていってしまった。いまは息子の陽と二人で、隣町のマンションで暮らしている。

 鴨志田は靴を脱いで廊下を進み、台所をのぞきこんだ。

「くろねこルーシー ~はじめての子育て~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます