話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔人勇者(自称)サトゥン

にゃお

プロローグ 魔人勇者 (1)

 

 魔人界。それは人間の住む世界とは異なる空間にある、超人たちの住む世界。

 

 彼らはその名のとおり、人とは比べ物にならぬ強大な魔の力を持ち、永遠にも近い歳月を生きる種族である。だが、彼らがその寿命を全うすることは極めて(まれ)だ。

 なぜか、それは彼らがその前に自ら死を求めるからだ。

 魔人は退屈を(きら)い、興を求める。

 彼らは死の理由を探し、争い、互いに殺し合う。

 殺し合いに悦楽と生の意味を見出し、強者との(かい)(こう)(かつ)(ぼう)する。

 相手は魔人でも魔獣でもかまわない。強き者、強き獣、強き精霊、強き神。どんな相手であろうと、彼らは自らの力を試す。そして生き残った者は充足とともに新たな強敵を求め、死した者は心満たされ現世から消え去るのだった。

 いつまでも続く(ひま)(つぶ)しのための殺し合いこそが魔人たちの生き方であり、すべてであった。

 死ぬために生き、楽しむために死を求める。それこそが、魔人のあり方。

 だが、何事にも例外は存在する。

 数多存在する魔人の中で、その生き方を否定する者がいた。

(ひま)(つぶ)しのための自殺願望などくだらぬ。私は殺し合いがしたいわけじゃない。私には果たすべき野望がある」

 そのような世迷言を述べる彼を、魔人たちはせせら笑った。ときには下らぬ戯言だと、命を(つぶ)そうとする(やから)もいた。だが、彼には力があった。魔人の中でも指折りの力を持つ彼は、向かってくる者たちを次々と(ひね)(つぶ)した。

 幾百、幾千、幾万という(しかばね)(いや)(いや)ながら築き上げた時、彼の名前は魔人界で知らぬ者がいないほど、強者として(ひび)き渡っていた。

 やがて、彼は魔人界の頂点の一角――魔神七柱の三位という地位まで辿(たど)り着く。そのことを聞き、彼は興味なさげにこう告げた。ただ邪魔をする奴を返り討ちにしただけだ、何の興味もない、と。

 それから時が過ぎ、魔人の正統から外れた()(たん)(しや)である彼は、とうとう己の夢に辿(たど)り着く。(やみ)深き(どう)(くつ)の最下層にて、()(えつ)の笑みをこぼす。魔法陣と術式は完成され、あとは実行に移すのみ。

 彼は軽く息を吐き、最後の別れとばかりに楽しげに言葉を放つ。

「我が夢の(たい)(どう)から三千と四百年ばかりか。世話になったな、カルヴィヌ」

 感謝の言葉に、カルヴィヌと呼ばれた(よう)(えん)な女魔人が笑って首を振る。

 言葉にしても足りないほどに、彼女には借りができてしまった。これから先、それを返せなくなることだけが残念だった。

「魔人勇者(自称)サトゥン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます