話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

初恋彼氏は溺愛ストーカー!?

春日部こみと

1 私の恋は、誰にも言わない。 (3)

「……えっと」

 びっくりしすぎてそんな微妙な反応になってしまった。

 年上だとは知っていたけど、まさか三十歳になるとは思わなかった。

 私の表情に、橋本さんは唇を尖らせる。

「ヤダちょっと~、引かないでよぉ」

「下手したら本当に十七歳に見えるから、冗談にならないなあと……」

「それはそれでショックだからやめて」

 彼女は頰を膨らませたりして、仕草まで可愛い。本当に十代でも通りそうだ。

 私達は笑い合いながら、どちらからともなく歩き出す。

「和泉さんは? 何歳なの?」

「鈴奈でいいですよ。今年二十五歳になります」

 隣に立つと、彼女はとても小さくて、見下ろして話す形になった。

 百六十四センチある私の肩ぐらいに目線がある。百五十センチあるのかな? ないかもしれない。年上の人に失礼かもしれないけど、なんて可愛いの……。

「じゃあ私も恵でいいよ! あと敬語もなしね!」

「あ……じゃあ、恵ちゃん?」

 呼び捨てに抵抗があったのでそう提案すれば、恵ちゃんは「いいね、それ」とくすぐったそうに笑った。

「二十五歳ってことは、やっぱり一回就職したクチ?」

「あ、実は私、アメリカの大学を卒業しているんです。アメリカは卒業の時期がこっちとは異なるので、一年置いてから受験したんで……したの」

 つい敬語を続けてしまい、恵ちゃんに睨まれて、言い直す。すると恵ちゃんは「よろしい」とでもいうように頷いた。

「じゃあ帰国子女だ! 英語ペラペラ!?

「まあ、それなりに……」

「すごい~」

「いや、今時英語が話せる人はごまんといるし、自分は話せないと思ってる人も、実際トライしてみたら話せるものだよ? 日本人って、英語教育最短でも三年はされてるんだし」

「なるほど。そんなもんかなぁ」

 恵ちゃんは唸りながら首を竦める。

「まあ、確かに文法はわかってるからね。あとは苦手意識の問題なのかな。私は完全理系で、文系教科すっごく苦手だったから、院試時も苦労したよ~。大学も工学部だったし、就いた職もシステムエンジニアだったしね」

「システムエンジニア!」

 心理士とはあまりに異なる分野に目を丸くすれば、恵ちゃんはカラカラと笑った。

「SEの仕事も面白かったんだけどね。でも、他の世界も見てみたくて。ほら、人生は一回きりだから、やりたいことやらなきゃって!」

 私は自分の隣を歩く愛らしい女性をまじまじと見た。この小さな身体のどこに、そんなエネルギーを持っているんだろう。

「すごいね……恵ちゃん。すごいバイタリティ。尊敬する」

 しみじみと言えば、恵ちゃんは照れたように頰を染める。

「ええ? そんなことないでしょ? 鈴奈ちゃんだって、アメリカの大学出た後、心理士になるためにここ──」

「和泉先輩!?

 歩きながらすっかり話し込んでいた私達は、会話に割り込むようにしてかかった大声にビクリと身を震わせた。

 目を見開いて周囲に目を遣れば、ちょうどすれ違うかたちで通りかかった様子の男性が、身を捩るようにしてこちらを見ていた。

 同じくらいの年頃の、まったく知らない顔だ。

「──え……」

 ビックリして返事もできないでいると、その男性は信じられない、といったように私を凝視して、やがて笑みを零す。

「和泉先輩ですよね!? 生頼高校で、生徒会長だった!」

 母校の名前を言い当てられて、私はギクリと身を強張らせた。

 身を守るようにしてバッグを両腕に抱えると、引きりそうになる頰を叱咤して、なんとか微笑みを浮かべる。

「えっと、ごめんなさい。誰でしたっけ……?」

 相手はどうやら私のことを知っているようだけど、この人に見覚えはない。人の顔と名前はわりと記憶できる方だ。

 警戒心もあらわな私に、男性は慌てたように頭をかいた。

「あっ、すみません、いきなり! 僕、ここの法学部の山口と言います。和泉先輩の後輩です。同じ生頼高校の出身で、先輩の一学年下でした。和泉先輩、僕らの時代の伝説の美貌の生徒会長で、憧れてました! すごいなぁ、こんな所でまた会えるなんて、なんか感動です! 今でもすごくきれいですね……」

 怒濤のような早口で説明した後輩だという山口君は、はぁ、と溜息を吐いて感慨にふけっている。けれど私はそれどころじゃない。

 あの葬り去ったはずの過去に、突然襲い掛かられたような気分だった。

「後輩だったのね。ごめんなさい、覚えていなくて」

「いや、そんなの当然です! 僕が一方的に知ってただけですし! あ、そうだ。和泉先輩、実は──」

「ごめんなさい。もう講義始まっちゃうから」

 まだ何か語り出そうとする山口君に、やんわりと断り文句を挟む。

 所在なさげに、それでも隣に立っていてくれた恵ちゃんを視線で促すと、一度山口君に会釈をしてその場を離れた。

 幾分早足になった私に、小走りになって付いてきてくれながら、恵ちゃんはこそっと囁いてきた。

「あんまり会いたくない人だった?」

 私は苦笑する。そんなにバレバレだっただろうか。

「そうじゃないけど……私には、知らない人だったから」

 その言い訳を、恵ちゃんはすんなり受け入れた。

「ああ、確かに、まるで鈴奈ちゃんをアイドルみたいな目で見てたもんね、あの彼。『伝説の美貌の生徒会長~!』なんて」

「うーん。そんないいものじゃないんだけど。単に女子の生徒会長が珍しかったんだと思うよ」

 苦笑いを見せれば、恵ちゃんはそれを「なるほど」と頷いていた。

 その可愛らしい横顔を眺めながら、私はこの時になってようやく、彼女が自分より五つも年上であることを実感する。

 彼女は幼げで愛らしい外見だけど、人に対する応じ方がとても大人だ。

 相手の意見を遮らず、否定しない。受容の用意ができている彼女の姿勢は、不用意に入っていた私の肩の力を抜いてくれた。

「恵ちゃんみたいな人が、心理療法士になるべき人なんだね」

 思わず感想を呟けば、恵ちゃんは目をぱちくりさせて「なあに、やぶからぼうに!」とはにかむ。

 私も微笑み返しながら、次の講義の教室に足を踏み入れた。

 日本の大学生活で初めて、良い友人に出会うことができた。今夜、父に報告できることがあってホッとする。

 その反面、後輩という人物に遭遇してしまったことを、どうにも不安に感じてならなかった。

(大丈夫。そんなこともあるわ。あの山口君が彼に繫がっているわけじゃなし、大したことじゃない)

 不安を振り切るように自分にそう言い聞かせて、私は講義のために教科書を開いたのだった。


   ***


 私はいわゆる『優等生』だった。

 勉強は嫌いじゃなかったし、やれば点数に繫がる単純作業はゲームのレベル上げのような感覚で楽しかった。

「初恋彼氏は溺愛ストーカー!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます