魔法のキーボードと夢の継承

O.K

魔法のキーボード

ある町の小さな小学校に通う少年、太郎がいました。彼は小学校4年生で、いつも教室の窓際に座っていました。太郎には一つ大きな夢がありました。それは、自分だけのパソコンを手に入れることです。クラスメートたちが家でパソコンを使ってゲームをしたり、インターネットで色々なことを調べたりしている話を聞くたびに、彼の心は羨ましさでいっぱいになりました。

しかし、太郎の家庭は裕福ではなく、両親もパソコンを買う余裕はないと言っていました。それでも太郎は諦めませんでした。彼はリサイクルショップに足しげく通い、安いパソコンを探していました。ある日、いつものようにリサイクルショップを訪れると、店の片隅に古びたキーボードが置かれているのを見つけました。それは誰も手に取らないような、古臭くて埃まみれのキーボードでした。しかし、太郎はそのキーボードに何か特別なものを感じ、わずかなお小遣いを使ってそれを購入しました。

家に帰ると、太郎は早速そのキーボードを机の上に置きました。パソコン本体はないけれど、キーボードを打つ練習だけでもしたいと思ったのです。彼は紙とペンを用意し、キーボードのキーを一つ一つ押しながら、指の動きを覚えようとしました。

その晩、太郎は夢中になってキーボードを打ち続けました。そして、ふと「パソコン本体が欲しい」とキーボードに打ち込んでみました。もちろん、何も起こるはずがないと思っていました。しかし、次の日の朝、驚くべきことが起こりました。

朝食の時間に、普段はパソコンを買うことに反対していた父親が突然、「太郎、お前にパソコンを買ってやろうと思うんだ」と言ったのです。太郎は耳を疑いました。父親が自分の意思を変えた理由が分かりませんでしたが、心の中では大喜びしました。その日、家族で電器店に行き、太郎はついに自分のパソコンを手に入れることができました。

それから数日後、雨が降り続いていたある日、太郎はまたキーボードを取り出し、「晴れになれ」と打ち込んでみました。すると、奇跡的に空が晴れ渡り、太陽が顔を出しました。太郎はその瞬間、自分が手に入れたキーボードがただの古いキーボードではないことを悟りました。それは、願いを叶える魔法のキーボードだったのです。

このことを誰にも話さず、太郎は大事にそのキーボードを使い続けました。彼はキーボードを使って、困っている友達や家族のために願いを叶えてあげました。しかし、彼はその力を乱用せず、本当に必要な時だけ使うように心がけました。

やがて、太郎は大人になり、立派なプログラマーになりました。彼の家には、今でもあの古びた魔法のキーボードが大切に保管されています。太郎は時折、そのキーボードを眺めながら、子供の頃の自分を思い出し、感謝の気持ちを抱きました。彼の成功の陰には、あの不思議なキーボードと、そのキーボードがもたらした数々の奇跡があったのです。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品