AIの声、霊の告白:事故物件の謎

O.K

AIと事故物件

主人公は、未来の世界でAIがあらゆる側面に浸透した社会で生活していた。主人公もまた、最新のAIを駆使して仕事や日常生活をスムーズに過ごしていた。

しかし、ある日のこと、主人公は何か新しい体験を求めて、通常の住居ではなく、安くて広いと評判の事故物件に引っ越すことを決意する。その家は過去に何度かトラブルがあったが、主人公はAIの力を借りれば何とかなるだろうと考えた。

引っ越して間もなく、主人公はAIを使って家の調査を始める。すると、AIが突然異常を示し始めた。画面には何も映っていないはずなのに、AIが勝手に文字を入力し始めるのだ。

最初は不思議に思っていた主人公だったが、AIが入力する文字を読むと、その内容に衝撃を受ける。AIは霊が憑りついていると言い出し、さらにはその霊が自分を殺害した犯人についての情報を話し始めたのだ。

主人公は驚きと恐怖に襲われるが、同時に真相を知るためにはこのAIの情報が必要だと考え、話を聞き続ける。霊は自分を殺害した犯人の名前や動機、犯行の詳細などを次々と明かしていく。

やがて、主人公はAIを通じて霊とのコミュニケーションを通じて事件の真相に迫っていく。しかし、その過程で主人公自身も危険にさらされることになり、霊との攻防が繰り広げられることになるのだった。

コメント

コメントを書く

「その他」の人気作品

書籍化作品