アチャ先生の紅花恋占い②

小島宗英

自分で決める答え

 占い師としてアチャ先生も私もタロットカードや算命学や易を使いますが、心理カウンセリングの勉強もしています。悩みを持たれている方はわらをもすがる思いで悪質な占い師のところに行ってしまったり、パソコンの占いサイトに大金を投じてしまうことは悲しいことです。
 アチャ先生は
「どんな相談の内容であれ、最後の答えは相談者本人が決めなければならない。たとえ、その答えがあまり良いものでなくても自分で決めたことなら納得がいくものなのだよ」といつもおっしゃっています。
 私達占い師が、お客様と出会いセッションを繰り返し、そしてお客様の心が少しずつ回復し離れていく。それは悲しいようで本当は私達の力が無くても再び立ち直ることができたのだといううれしい事でもあるのです。
 いつか、お客様が
「ああ、そうだ。あのときはあまりにも辛かったけれど、あの占い師さん達に勇気づけられて今日の幸せがある。感謝だな」と思って頂けるように日々、努力を怠りません。
 「日菜子ー!」とアチャ先生の呼んでいます。掃除は終わったようで声のトーンが明るくなりました。悩み事は解決したようです
「ハーイ」と私は元気よく返事をしました。

コメント

コメントを書く

「コメディー」の人気作品

書籍化作品