外れスキルは、レベル1!~異世界転生したのに、外れスキルでした!

武蔵野純平

第53話 捜索隊

 翌朝、冒険者ギルドへ行くとギルド内がザワザワしていた。
 いつも通りに出発する冒険者たちもいるが、一階のホールで立ち話をしている冒険者たちもいる。
 俺は混み合うホールでミレットとアンを探して合流した。

「ミレット! アン! おはよう!」

「ユウト! おはようございます!」

「おはよう! ユウト!」

 二人とも昨日の疲れはないようで、顔色も良いし、声にもハリがある。
 ミレットの後ろには護衛のシンシアさんが立っていて、俺が挨拶をすると無言で礼を返してくれた。

 俺はホールを見回しミレットに状況を聞く。

「何か雰囲気が違うね?」

「アンさんのお父さんたちを探す捜索隊を募集しているのです。あちこちで参加するかどうか相談しているようですね」

「そうか! 捜索隊か!」

 冒険者たちは、かなり真剣に議論している。
 俺、ミレット、アンで周囲の様子をうかがってみる。

「探しに行ってやろうぜ!」

「ああ、明日は我が身だからな! 俺は参加するぜ!」

「いや、待て! 気持ちはわかるが、ボランティアだぞ? 金は出ないんだ! 生活はどうする!」

「ウチはダメだぞ! 今日は商人の護衛だ。約束を破るわけには、いかないからな!」

 うーむ。
 お金の問題や仕事の問題か……。
 あくまでボランティア、善意の捜索隊だから、無理強いは出来ないよな。

 ミレットは、ちょっと不満そうな顔をしている。

「ねえ、ミレット。仕方がないよ。みんな自分のことで精一杯さ……。人を助ける余裕なんてないんだ。捜査隊に加わりたいと思っても、子供に食べさせるために仕事を休めない人もいるんだよ」

 俺がミレットを穏やかに説くと、ミレットはハッとして顔を上げた。

「そう……ですよね……。ごめんなさい。私が世間知らず過ぎました」

「いや、良いんだよ。ミレットの優しいところは大事にして欲しい。仕方のないこともあるとわかってもらえれば……」

 ミレットはお嬢様みたいだから、お金の苦労をしたことがないのだろう。
 でも、こうして話せばちゃんと理解してくれるところは素晴らしい。

 アンがスッとミレットに寄り、嬉しそうに話す。

「ミレット様。ありがとうございます。ミレット様の優しいお気持ちはありがたいです」

「アンさん……」

「さあ! 受付カウンターに行こう! 捜査隊に加わるんだ!」

 俺はミレットとアンを促して受付カウンターへ向かった。
 受付カウンターに近づくと、受付嬢のドナさんが目ざとく俺を見つけて、人差し指を、クイッ! クイッ! と動かして俺を呼ぶ。

「ドナさん。おはようございます」

「ユウト、アン、ミレット様。おはよ~う。良いニュースよ! 捜索隊の集まりは良いわ。アンのお父さんは義理堅く面倒見の良い人だったから、先輩、同期、後輩の冒険者が志願してくれてるわ。ざっと五十人は出せそうよ」

「「「おお~!」」」

「ただね。そう何日も続けるわけにはいかないから……。わかるでしょ?」

 ドナさんは、アンを気遣う。
 アンは、真剣な表情でうなずく。

「ええ。お金は出ないから、皆さんをずっと拘束するわけにはいかない……。ですよね?」

「そう。だからタイソン教官が指揮をとって、効率的に中級ダンジョンを捜索するの。アンタたちも捜索隊に加わるんでしょ?」

「「「もちろんです!」」」

「良い子ね~! あっ、ちなみに、捜索隊に加わると、ギルドからの評価が上がるのよ。お給金は出ないけど、評価がアップ! ね? ちょっとお得でしょ?」

 ドナさんは、明るくおどける。
 お父さんが行方不明のアンを気遣っているな。
 俺もドナさんに乗る。

「良いですね~。冒険者ランクを上げて、デカい顔出来るように頑張ります!」

「ガツガツして良いわね~! 新人はそうじゃなくちゃ! じゃ、集合場所は訓練場だから、訓練場へ行ってちょうだい」

「「「はい!」」」

 元気よく返事をして、俺たちは訓練場へ移動した。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品