外れスキルは、レベル1!~異世界転生したのに、外れスキルでした!

武蔵野純平

第47話 ボス戦 氷の守護者2

 俺は一人でゴブリン二匹を相手取った。

「お待たせ! ありがとう!」

 足の氷を溶かしたアンが戦線に復帰した!
 時間にして一分程度だったと思うが、正直、キツかった。

「アン! 棍棒ゴブリンは、突いて! 牽制して! 倒さなくても良いから!」

「了解!」

 アンが俺の指示通りに戦いだした。
 アンは攻撃の主体を突きにして、棍棒ゴブリンを近づけさせない。
 コンパクトな攻撃で良い動きだ。

 アンはショートソードを振り回して大ぶりになっていた。
 今のアンならそうそう隙は出来ない。
 これでアンと棍棒ゴブリンは膠着状態になる。

 俺はショートソードを持ったゴブリンを相手取っている。
 これまでのゴブリンと違って強いが、俺はスキル【盾術】と【剣術】を持っている。
 強化されたゴブリンが相手でも、十分戦えている。

 それぞれ一対一の安定した状況に持ち込んだ。

 俺がショートソードを持つゴブリンを倒すか、ミレットが氷の守護者を倒せば、アンの援護が出来る。

 俺は息を整えながら、ショートソードを持つゴブリンの攻撃を盾でいなす。
 徐々に呼吸が落ち着いて来た。

「ファイヤーボール!」

 ミレットの勇ましい声がボス部屋に響いた。

 ゴウ! と音を上げ、火球が氷の守護者へ向かう。

「キアアァァァァァ!」

 氷の守護者が悲鳴を上げ、空中でクルリと回転するように苦しみ悶える。

「いいよ! ミレット! 効いてるよ! 続けて!」

「了解です!」

 よーし! よし!
 ミレットが氷の守護者を削り出した。

 このまま戦闘を安定させて――。

「キャア!」

 ミレットが倒れる。
 氷の守護者から反撃を受けた。
 氷の守護者は、氷のつぶてを大量に飛ばし範囲攻撃を仕掛けて来たのだ。

「ミレット!」

 俺はゴブリンを盾で突き飛ばし、隙を見てミレットに駆け寄った。
 ミレットはあちこち怪我をして、血を流している。

「大丈夫です……。今、ポーションを飲むので……。イタタ……」

「わかった。ミレットの近くで戦って、氷の守護者から攻撃が来たら俺が防ぐから!」

「お願いします!」

 ミレットは、魔法薬ポーションを飲んですぐに回復した。
 ミレットは立ち上がりすぐ詠唱を始める。

 俺はミレットの近くで盾を構え、接近して来たゴブリンに備える。
 なかなか楽をさせてもらえない。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品