外れスキルは、レベル1!~異世界転生したのに、外れスキルでした!

武蔵野純平

第41話 ダンジョンで不思議に思うこと

 俺たちは、四階層の戦いに慣れてきた。

 四階層の魔物レッサーツナは、動きが速く突進力が強い。
 だが、レッサーツナの動き自体は直線的だ。


 突っ込んできたレッサーツナを、俺が盾で弾く。
 ↓
 レッサーツナが床に落ちる。
 ↓
 アンとミレットがタコ殴り。


 この戦い方で連戦連勝を続けている。
 必勝パターンがわかれば、何ということもない!

 ミレットは、魔法を使わなくても戦闘に参加出来るので喜んでいる。
 魔法の杖を振り回しながら『死になさい!』なんて言っているミレットには、先ほどの甘い雰囲気の欠片もない。

(ふう、ダメダメ! 相手は、まだ子供だよ!)

 そうなのだ。
 俺は日本からの転生者。
 前世では大人だった。

 一方、ミレットは十三歳。
 大人の俺が十三歳のミレットにトキメクなど、『事案発生!』である。

 だが、現在の俺は異世界の少年でミレットと同じ十三歳。
 母親であるサオリママに甘えることもある。
 多分、精神が肉体に引っ張られているのだろう。

 つまり、俺は名実共に十三歳で、ミレットとホニャララホニャララしてもセーフ?

 ホニャララ♪
 ホニャララ♪
 ホニャララ♪
 ホニャララ♪

 頭の中がホニャララだらけになりながら、四階層の通路を走っていると、後ろからミレットが叫んだ。

「ユウト! 前!」

「え?」

 イカン!集中していなかった。
 前方にレッサーツナ!

 俺が足を止めて盾を構えると同時にレッサーツナが空中を突進して来た。
 俺はちょっと焦ったが、この階層で繰り返してきたパターン通りに行動する。

「セイッ!」

 盾を横に動かし、突進して来たレッサーツナを受け流す。
 レッサーツナは、突進した勢いのままダンジョンの壁にぶち当たり、壁に当たった衝撃で床に落ちた。

 床に落ちるとビチビチと跳ねている。
 まさに陸に上がったマグロ。
 シメ時である。

「こんのぉ! マグロ野郎!」

「えい! えい! えい!」

 アンがショートソードでレッサーツナの胴体を突き。
 ミレットが、レッサーツナの頭部に魔法の杖を振り下ろす。

(マグロさんを許してあげて……。マグロでも許して……)

 俺は女性に逆らってはダメだなと思いながら、タコ殴りにされるレッサーツナに心の中で手を合わせた。

(成仏しろよ! アディオス!)


 俺はこの初心者ダンジョンのコンセプトが分かってきた。

 一階層は、魔物との戦闘。
 二階層は、人型魔物との戦闘、武器への対応。
 三階層は、魔法を使った戦闘。
 四階層は、盾を使った戦闘。

 つまり色々な戦闘パターンをこなせる冒険者パーティーじゃないと、ダンジョン攻略が進まない。

(これは誰かが意図して作ったのだろうか? それとも偶然?)

 俺はそんなことを考えながら、四階層の通路を走った。
 というのもミレットを意識してしまうと、前のめりになった姿勢で無様に走ることになるからだ。

 真面目なことを考えて邪念を振り払う。

 もし、誰かが意図したとしたら?
 何のために?

 俺は走り、戦いながら思考を進める。

(いきなり強い魔物を配置したら? 例えばドラゴンとか?)

 もしも、ダンジョンが何かの防衛施設であるとか、金庫のように大切な物を保管する施設とかであるなら、強力な魔物を配置するのが正解だろう。

 だが、この初心者ダンジョンは違う。
 まるでトレーニング施設のようだ。

(ダンジョンとは何なのだろう……?)

 そんなことを考えながらも戦闘を続け、俺たちは五階層――最後の階層へ続く階段にたどり着いた。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品