外れスキルは、レベル1!~異世界転生したのに、外れスキルでした!

武蔵野純平

第40話 シャングリラ 四階層レッサーツナと戦闘

 初心者ダンジョン四階層を走る!

 ミレットの護衛シンシアさんから提供された地図を見ると、四階層のルートも単純だ。
 真っ直ぐ、右、左、真っ直ぐ、一回右に折れるだけで、直線に近いルートだ。

 三階層から降りてきた階段から通路を真っ直ぐ走ると、俺のスキル【気配察知】に反応があった。

 俺は走るペースを緩めて、腰のショートソードを抜く。
 十メートルほど歩くと、前方に魔物が見えた!

「何だ……あれ……!?」

「ええっ!?」

「ほあっ!?」

 俺たちは魔物を見て驚き声を上げた。
 魚が宙に浮いているのだ!

「レッサーツナって……あれか……」

「話には聞いていましたが、実物を見ると違和感ありますね……」

「ふええ、ダンジョンって不思議……」

 俺、ミレット、アンは、驚きと呆れの混じった感想を口にする。

 通路の少し先で、小型のマグロが空中をグルグルと回遊しているのだ。
 万有引力とは……。
 答えてくれ、ニュートン……。

 魔法がある世界なのだから空中遊泳する魚がいたって、まあ、おかしくはないか……。
 俺は改めて、この世界の不思議さを感じ、何とか自分を納得させた。

 レッサーツナは、長さ五十センチほど。
 俺の目線よりも上を、グルグル円を描くように泳いでいる。
 通路一杯を使って回遊しているので、レッサーツナとの戦闘は避けられないだろう。

 ミレットがレッサーツナの情報を提供してくれた。

「レッサーツナの攻撃は体当たり。頭から突っ込んで来るそうです」

「ふむ……」

 俺は少し考えてからアンとミレットに指示を出した。

「とにかく戦ってみよう! 倒さなきゃ前へ進めない! 俺が前に出る! アンは俺の後ろ! ミレットは下がって!」

「「了解!」」

 レッサーツナは火属性魔法に強いので、ミレットの魔法は効かない。
 この四階層では、ミレットの魔法はお休みして魔力回復だ。

「行くぞ!」

 俺は盾を構えて、ゆっくりとレッサーツナに近づく。

 レッサーツナは、俺の目線より高い位置を回遊しているので剣を振れば当たる。
 だが、レッサーツナの回遊速度は速い。
 空振りして逆撃されては目も当てられない。

 そこで俺はあえてレッサーツナの攻撃を受ける選択をとった。
 ミレットによれば、レッサーツナの攻撃は体当たり。
 レッサーツナが突っ込んできたところを狙う寸法だ!

(さあ、来い!)

 レッサーツナと俺の距離がニメートルに縮まった。
 飛び込んで剣を振るえば、一呼吸で届く距離だ。

 突然、レッサーツナが回遊を止めた。
 レッサーツナの目が動いて俺を見た。

「うおっ!」

 レッサーツナが猛スピードで突っ込んで来る。
 俺は左手で盾を構えながら、右手で剣を振るう。
 だが、レッサーツナの速度にビビって腰が引けていた。

 俺が振るった剣は空を切り、レッサーツナは俺の後ろへ――。

「このっ!」

「きゃあ!」

 振り向くとアンとミレットが、レッサーツナに襲われていた。
 アンはショートソードを振り回し、ミレットはかがんでレッサーツナの攻撃を何とか避ける。

「ごめん! 下がって!」

 俺は慌てて叫びながら、レッサーツナに剣で攻撃する。
 だが、当たらない。
 速すぎる!

 俺は空振りした勢いでバランスを崩してしまった。
 倒れる先にはミレットが――!

「きゃっ!」

「あっ! ごめん!」

 俺は盾と剣がミレットに当たらないように、大きく手を開いて倒れ込んだ。
 すると、俺がミレットに覆い被さるようになってしまい、俺とミレットは【問題のある姿勢】で密着してしまった。

 革鎧越しにミレットの柔らかい体を感じる。
 ああ、良い匂いがする……。

「ごめん……」

「いえ……」

 ミレットを見ると、顔を赤らめている。

 俺の頭の中で、前世で聞いた曲がグルグル回った。

(シャングリラ♪ シャングリラ♪ シャングリラ♪)

 俺とミレットは見つめ合った。
 だが――!

「てやっ! このっ!」

 アンの声が邪魔……いやっ! 今は戦闘中じゃないか! チュウは、あとだ!
 顔を上げるとアンはレッサーツナと戦っていた。

「こんのぉ! マグロ野郎!」

 アンはショートソードを振り回しているが、正確性に欠ける。
 高速で動くレッサーツナをとらえることは出来ないでいた。

 俺は自分の行動を一旦棚に上げる。

「アン! 下がって!」

 俺は立ち上がると、盾を構えてアンの前に出た。
 アンとミレットを下がらせる。

 レッサーツナは一旦距離を取ってからぐるりと回り、空中を突進して来た。

「ふうぅぅぅ……」

 俺はゆっくり息を吐き出す。

 落ち着いてみれば、何ということはない。
 レッサーツナは直進している。
 空中だから、驚いて対処が思いつかなかっただけだ。

 俺は左手に持った盾をスッと前へ出す。
 そして、レッサーツナの突進にあわせて、盾を右から左へ振るう。
 盾を使って、レッサーツナの攻撃を受け流すのだ。

「セイッ!」

 ゴンと音がして、盾を持った左手に衝撃が伝わる。
 俺の所持スキル【盾術】のおかげで、スムーズにレッサーツナの攻撃を受け流した。

「あっ!」

 振り向くと、レッサーツナがダンジョンの床に落ちビチビチと跳ねている。
 受け流しのショックで床に落ちたのだろう。

 チャンスだ!

「えーい!」

「それっ!」

 すかさずミレットとアンが、レッサーツナに駆け寄る。
 床でビチビチと跳ねるレッサーツナに、ミレットは杖を振り下ろし、アンはショートソードを振り下ろす。
 俺も加わり三人で、レッサーツナをタコ殴りだ。

「この! この!」

「えいっ! えいっ!」

「やあ!」

 すぐにレッサーツナは、ボワンと煙になって消え、水色の魔石がドロップした。
 ちょっと苦戦したが、俺たちは四階層の魔物レッサーツナを討伐した!

「よしっ!」
「やりました!」
「ふああ、厳しい!」

 水色の魔石を拾い上げるミレットと目が合う。
 ミレットは、恥ずかしそうに目をそらした。

 俺の頭の中で、再びあの曲が流れた。

(シャングリラ♪ シャングリラ♪ シャングリラ♪)

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品