外れスキルは、レベル1!~異世界転生したのに、外れスキルでした!

武蔵野純平

第39話 LV3にレベルアップ

 昼食が終ったので、レベルアップを実行だ。

 今、通り抜けてきた三階層の魔物レッサートレントは討伐ポイントが2ポイントもらえる。
 レッサートレントを五体倒したので10ポイント。
 一、二階層では、六体倒し6ポイントを稼いだ。
 保有していた4ポイントあったので、レベルアップに必要な討伐ポイントが20ポイント貯まった。


 ◆―― ステータス ――◆


【名前】 ユウト

【レベル】3

【スキル】レベル1 剣術 盾術 気配察知

【討伐ポイント】0


 ◆―――――――――――◆


 相棒のミレットもレベル3にレベルアップした。
 ミレットは討伐ポイントを7ポイント保有している。
 アンはレベル2にレベルアップしたそうだ。

 レベルが上がるごとに、レベルアップに必要な討伐ポイントが増える。
 RPGの経験値システムと同じだ。

「ミレット。レベル4に必要な討伐ポイントは、30ポイントだよね?」

「そうですね。三階層から討伐ポイントが2ポイントに増えましたけど、30はちょっと遠く感じますね」

「そうだね。討伐ポイントを稼ぐなら三階層のレッサートレントがカモだけど、ダンジョン突破を考えると次の階層攻略を優先しないと……。レベルアップと攻略のバランスが難しい……」

 俺とミレットが『うーん』とうなる。
 アンが俺とミレットの様子を見て呆れ声を上げた。

「いやいやいや! レベルアップ早いよ! 攻略スピードも早い! 二人とも何を言ってるの!」

 アンに言われてハッと気が付いた。
 俺のスキル【気配察知】とミレットが提供してくれた地図のおかげで、俺たちは効率良くダンジョン探索が出来ているのだ。

 普通の新人冒険者は、あてどなくダンジョン内を歩き回り、魔物とエンカウントするのを待つ。

 前世日本人の俺から見ると、計画性の欠片もない。
 攻略する気があるのか? と思える。

 そんな風に感じるのは、俺がRPGをプレイした経験があるからだろう。
 つまり俺はRPGを通じて擬似的にダンジョン探索を経験しているということだ。
 スキルや地図のおかげもあるが、ダンジョン探索の要領が新人としては良い。
 アンの目に俺は『爆速ダンジョン攻略マン』に見えているのかもしれない。

「いや、コレが俺とミレットの普通なんだ」

「いやいや! この速度は普通じゃないから!」

「お父さんを助けるためだから。よろしく~。ついてきてね~」

 俺はアンの泣き言をサラッと受け流す。

「さあ、行こう!」

「行きましょう!」

「ふええ……。私、大丈夫かな……」

 俺とミレットが元気よく立ち上がり、アンがぼやく。
 いやあ、アンが元気になって良かったな!

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品