外れスキルは、レベル1!~異世界転生したのに、外れスキルでした!

武蔵野純平

第32話 ジャイルよ。ドンマイ! (四日目)

 ――翌日!

 ミレットは普通にやって来た。
 冒険者ギルドのロビーでミレットと昨日の話をする。

 ミレットは、お父さんと話をするためにお休みをしたそうだ。

「お父さんに怒られなかった? ほら、俺はスラムの住人だから、お父さんが嫌がるんじゃないかと思ってさ」

「最初は心配していました。ですが、わたくしがきちんとユウトのことを伝えたので大丈夫です」

「そう、良かった!」

「昨日、ユウトは、どうしていたのですか?」

 俺はジャイルともめごとがおきたとミレットに告げ、事情を説明した。

「まったく……ジャイルさんは……。は~」

 ミレットが眉根を寄せ大きくため息をついた。
 俺はふと気になってミレットとジャイルの関係を聞いてみた。

「ミレットとジャイルは知り合いだったの?」

「そうですね……。お互い顔は知っています。お話しをしたことはないです」

 俺はミレットの説明がイマイチ理解出来なかった。
 さらに突っ込んで質問してみる。

「それって、どういう関係?」

「お互いの親が、仕事でお付き合いがあるのです」

「ああ! なるほど、それで顔を合わせたことはあると?」

「ええ」

「あの……婚約者とか? ひょっとしてジャイルをボコボコにして不味かったかな?」

「ちっ……! 違いますよ! そもそもジャイルさんはタイプじゃありません!」

 ミレットはジャイルを秒殺した。
 どう見てもジャイルはミレットにご執心だった。

 ジャイルよ。
 泣くな。
 強く生きろ。
 ドンマイ。

 結局昨日は、ダンジョンに潜っていない。
 ドナさんとランチした後、冒険者ギルドの偉い人に事情聴取をされたり、タイソン教官と話をしたりで、午後が潰れてしまった。

「じゃあ、また、ダンジョンへ行こう!」

「行きましょう!」

 俺とミレットは、冒険者ギルドのロビーを抜け外へ出ようとした。

 だが、今日は人の動きが鈍く、ザワついている。
 背の低い俺たちは何が起きているのか見えなくて、人の流れに身を任せるしかない。

 人の切れ目から前が見えた。
 ミレットがつぶやく。

「あっ……」

 冒険者ギルドの出口近くに、俺たちと同世代の女の子がいる。
 赤茶色の革鎧にポニーテール。
 新人研修で見た顔だ。

 女の子は通り過ぎる冒険者に、一生懸命話しかけていた。

「お父さんを探して下さい! 昨日ダンジョンに入って戻ってきてないんです!」

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品