外れスキルは、レベル1!~異世界転生したのに、外れスキルでした!

武蔵野純平

第25話 荒れる三日目

 ――翌朝!
 冒険者生活三日目、ミレットとパーティーを組んで二日目だ。

 冒険者ギルドへ行くとミレットの姿が見当たらなかった。
 昨日は、俺より早く来ていたが……。

 俺は冒険者ギルドのホールに立ち、注意してミレットを探したがいない。
 仕方ない。しばらくミレットを待つことにしよう。

 冒険者ギルドのホールから、次々と冒険者パーティーが出発していく。
 俺と同期の新人パーティーも出発していく。
 やがてホールには人がいなくなった。

 冒険者ギルドのドアが開き、ミレットの護衛をする女騎士シンシアさんが入って来た。
 だが、ミレットはいない。
 どうしたのだろう?

 俺はシンシアさんに声を掛けた。

「シンシアさん、おはようございます! ミレットは?」

「ユウト。本日、ミレット様はお休みになる」

「えっ!?」

 どうしたのだろうか?
 昨日は特におかしな様子はなかった。
 俺はミレットが心配になり、護衛のシンシアさんに尋ねた。

「ミレットは体調が悪いんですか? 病気? 昨日、どこか怪我をしていたのでしょうか?」

 俺はかなり心配をしていたのだろう。
 護衛のシンシアさんが、慌てて手を振って俺をなだめるように説明しだした。

「いや! そうではない! ミレット様の体調は良いし、どこも怪我はしていない。心配は無用だ。今日は旦那様とお話があるので、ダンジョン探索に参加出来ないのだ」

 ミレットが無事と聞いて、俺はホッとした。

「旦那様というと、ミレットのお父さんでしょうか?」

「そうだ。旦那様はお忙しいので、ゆっくり話す時間がなかなかとれないのだ。今日は、まとまった時間がとれるので、ミレット様が旦那様の予定に合わせたのだ」

「なるほど。家族と話す時間をスケジュール調整しないととれないなんて大変ですね」

 家族会議というわけか。
 ミレットのお父さんも大変だな。

「わかりました! じゃあ、今日は俺一人でダンジョンに潜ってきます。連絡ありがとうございました!」

「うむ。気をつけて。無理をするなよ」

「はい!」

 俺は護衛のシンシアさんと別れ、一人でダンジョンへ向かった。
 今日は、無理をしないでおこう。
 城塞都市トロザの町を出て、魔の森へ。

(あれ……?)

 俺のスキル【気配察知】に、ずっと変な反応がある。
 トロザの町から一定の距離を置いて、ずっと俺をつけてくる気配があるのだ。

 もう、冒険者は出発していて、冒険者ギルドを出た時は俺一人だった。
 俺の他に出遅れた冒険者がいたのかな?

 魔の森の中の分かれ道で、俺は初心者ダンジョンの方へ向かう。
 すると後ろの気配も、初心者ダンジョンの方へ来た。

(えっ!? つけられている!?)

 初心者ダンジョンへ潜るのは新人だけだ。
 俺がミレットを待っている間に、新人たちは出発していた。
 俺の後ろをついてくるのは誰なのだろう?

(距離が詰まってる!?)

 スキル【気配察知】によって、俺は後ろの気配が距離を詰めてきたことを感じ取った。

 俺は歩く足を速め、後ろの気配から距離を取ろうとした。
 すると、後ろの気配もスピードが上がる。

(何だ!?)

 俺は初心者ダンジョンの入り口に到着した。
 気配はすぐ後ろに来ている。

「オイ!」

 後ろの気配が、大声を上げた。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品