外れスキルは、レベル1!~異世界転生したのに、外れスキルでした!

武蔵野純平

第22話 二階層

 昼食を終えて、俺はすっかり元気が出た。
 ミレットに分けてもらった昼食は素晴らしく、いつかサオリママにも食べさせてあげたい。

 ミレットは長い距離を歩いて疲れていたらしく。
 座ったことで、かなり休まったと言っていた。

 ミレットのMPは、回復しているが、残りはファイヤーボール七発ほどだ。
 午後はなるたけ戦闘を避けて、二階層へ行ってみることにした。

 俺はダンジョン一階層で、スキル【気配察知】を使いホーンラビットを迂回しながら進む。

「こっちにしよう……」

「ユウト。さっきと道が違いますよ?」

「大丈夫。こっちを通った方が魔物に会わない気がする」

「そうですか……それなら良いです」

 ミレットがジトッと俺を見るが、スルーだ。
 ウチのパーティーの主力はミレットで、主力の攻撃手段はファイヤーボールだ。
 ミレットのMPが全回復していない以上、余計な戦闘は避ける。

 一回だけ、ホーンラビットと戦闘になったが、危なげなくホーンラビットを下した。
 俺もレベル2になったので、ホーンラビットの突進を楽に止められるようになった。

 この調子なら二階層も大丈夫じゃないかなと、ちょっと楽観する。

「ミレット! 二階層へ下りるよ!」

「行きましょう!」

 俺が先頭に立ち、二階層への階段を下りる。

 二階層は……。
 一階層とまったく同じだった!

「同じだね……」

「同じですね……」

 俺とミレットは、『二階層に到達!』、『新人で一番のり?』なんて盛り上がっていたのだが、一階層と同じ光景を見て感動が薄れてしまった。

 気を取り直して二階層の探索を始める。
 ミレットは二階層の地図も持っていたので、三階層へつながる階段へ向けて歩いてみることにした。

 スキル【気配探知】に感アリ!
 右の通路に何かいるな……。

 俺は唇に指をあて振り向く。
 ミレットに『シーッ!』とジェスチャーを送る。
 ミレットも同じジェスチャーを返してくれた。

 足音を立てないように、そっと歩いて通路の角から右の通路をのぞき込む。

(いた……ゴブリンだな……)

 ゴブリンは、十三歳の俺たちより背が低い。
 緑色の肌。
 醜悪な顔。
 短い角。
 汚い布を腰に巻き、右手にナイフを持っている。

 俺はゴブリンを観察しながら、戦い方をシミュレーションする。

(あのナイフは危険度が高いな。盾でガードして、剣を突いて近づけないようにしよう)

 俺は軽く動いて、シミュレーションした動きを確認する。

 ミレットにもゴブリンを見てもらう。
 小声で打ち合わせだ。

「どう? ファイヤーボールは効きそう?」

「大丈夫です! 護衛のシンシアに聞いてます!」

 ミレットの護衛を務めるシンシアさんは、元冒険者だ。
 助かるな。
 シンシアさん相手に予習をして来てくれたんだ。

 さすがミレット!

「じゃあ! 行こう!」

「はい!」

 ミレットがギュッと杖を握った。
 俺は左手に盾、右手に剣を持ち、一度深呼吸をした。
 ミレットに目を合わせると、ミレットがコクリとうなずく。

 俺はダンジョンの通路を曲がり、ゴブリンに向かって走り出た。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品