外れスキルは、レベル1!~異世界転生したのに、外れスキルでした!

武蔵野純平

第21話 一緒に昼食

 ダンジョンから出て来たのは、四人組の冒険者パーティーだった。
 昨日、見た顔だ。
 一緒に新人研修を受けた連中だな。

 俺はミレットに気が付いたことを知らせ、剣を納める。

「昨日一緒だった連中だね」

「そうですわね。ねえ! 一緒に休憩しませんか?」

 ミレットが四人組の新人冒険者パーティーに声を掛けた。
 四人組は、ビックリしたみたいで『どうする?』なんて相談している。

 俺は四人組を観察する。
 四人は全員革鎧で、魔法使いはいない。
 男の子二人に女の子二人。
 身につけている装備は、所々傷があったり、変色していたり……。
 つまりくたびれている。
 昨日、冒険者ギルドに貸与された装備品だ。

 ということは、四人組は親に装備を買えってもらえない普通の平民だろう。
 少なくともジャイルのように、親に装備を買いそろえてもらえる金持ちじゃない。
 ジャイルとも関わりはないだろう。

 ちらっとミレットを見る。
 ミレットは四人組と話したそうだ。
 そういえば、色々な人と交流したいと言っていたな……。
 ここはミレットに協力しよう。
 お昼ご飯をご馳走になったお礼だ。

 俺は四人組に声を掛けた。

「俺はユウト。こっちはミレットだ。良かったら座って休憩しながら情報交換しないか?」

 四人組は俺に声を掛けられると、顔を見合わせた。
 俺はニヤッと笑いながら、くだけた口調で続ける。

「もっとも、ご存知の通り俺は『外れスキル』らしいけど?」

「プッ!」

「こちらに外れスキルの方はいらっしゃいませんか? はーい!」

「ハハ! 何だよ! それ!」
「ウケる!」
「フフフ。面白いわね!」
「ねえ、一緒に話をしましょうよ。お昼ご飯を食べながら」

 四人組の女の子二人は、ミレットの隣に。
 男の子二人は、俺の側に座った。

 俺たちはお弁当を食べながら、ワイワイと話した。
 俺が『二人ともレベル2になった』と告げると男の子二人――ディキシーとペリンが驚く。

「ええ!? 二人ともレベル2なの!?」

「早いな!」

 俺は事前情報を持っていないので、午前中でレベル2になったのが早いのか遅いのかわからない。
 ディキシーとペリンに話を振る。

「早いのかな?」

「普通は二日。早くて一日だろ」

「うん。俺も近所のお兄ちゃんから、そう聞いたぜ」

「そうか……俺とミレットは早いんだな」

 なぜだろう?
 俺はディキシーたちが、どんな風にダンジョン探索をしているか聞いてみた。
 すると入り口付近をウロウロしていると言う。

「それじゃ魔物を見つけるのに時間がかかるだろう?」

「ああ。オマケに他の新人パーティーもいるから取り合いになってる」

「ヒドイのはジャイルのパーティーだよ」

「何があったの?」

「横から出て来て、獲物を横取りするんだ」

 ペリンが口を尖らせる。
 詳しく聞いてみると、ペリンたちがホーンラビットと戦闘になっているにも関わらず、横からジャイルが割り込んで来たそうだ。

「それはヒドイな……災難だったな……」

 ジャイルの行動は、バッドマナーどころじゃないな。
 俺はディキシーとペリンに『冒険者ギルドに報告したらどうか?』と提案した。
 だが、二人の反応は悪い。

「ユウト。ジャイルの実家を知ってる?」

「いや、知らない」

「ジャイルの実家は商店なんだ。それも大店の」

「ジャイルの実家ににらまれたら、ちょっと厄介なのさ」

 なるほど……街の有力者ってことか。
 俺は納得してうなずく。

「それはもめない方が良いな」

「だろう?」

「だから、俺たちは横取りされたけど、すぐにジャイルたちから離れたのさ」

 あいつはどこまでも迷惑なヤツなんだな。

 ミレットの方もジャイルの話になっていた。

「ジャイルは、ミレット様のことを好きよね!」

「そうそう! わかりやすすぎるわよね!」

 ミレットは、女の子二人に困った笑顔を向けている。
 女の子二人は、ミレットの気持ちを察したみたいで、話題の転換を図った。

「でも、ジャイルのパーティーは無茶苦茶よね!」

「そう! ジャイル以外のパーティーメンバーがかわいそうだわ!」

 彼女らによると、ジャイルは昨日と同じで自分中心の立ち回りをしていたそうだ。

「本当にジャイルさんも、もう少し周りに優しくなれると良いのですけど……」

 ミレットが顔を曇らせた。
 ミレットはジャイルと関わり合いになりたくないんだな。

 俺もジャイルにからまれたくない。
 近づかないようにしよう。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品