外れスキルは、レベル1!~異世界転生したのに、外れスキルでした!

武蔵野純平

第15話 スキル取得

 俺はスラム街の家に帰ってきた。
 母親は仕事からまだ帰っていない。

 今のうちにスキルをとってしまおう!

「ステータス! オープン!」

 俺はステータスボードを呼び出して、スキル【レベル1】をタップした。

「おお!」

 思わず声が出てしまった。
 取得可能スキルが表示されているのだ。


 ◆―― ステータス ――◆

【取得可能スキル】

 討伐ポイント1を消費して、以下のスキルが取得可能です。

 ・剣術
 ・盾術
 ・気配探知
 ・火属性魔法

 ◆―――――――――――◆


 今日、研修で見たスキルだ。
 どうやら俺が認識したスキルを取得できるらしい。

 スキルを取得するのに必要な討伐ポイントは1。
 俺は今討伐ポイントを5持っている。
 なら全てとってしまうか?

(いや……火属性魔法は止めておこう……)

 明日、俺が火属性魔法を突然使えるようになったら、いくらなんでもおかしい。
 俺のスキル【レベル1】のことがバレてしまう。

 そう考えると剣術は取得OKだろう。
 今日の研修でタイソン教官から、『剣術スキルを得られるだろう』と太鼓判を押してもらった。
 剣術スキルは取得したとしても不自然さはない。

 盾術はどうだろうか?

 今日の戦闘での役割分担は、俺が前衛でミレットが後衛だ。
 盾術は欲しいスキルだ。

(他の人に戦闘を見られなければバレないかな……? ミレットには、練習したと言おう)

 俺は盾術取得を決める。

 気配察知は、新人冒険者の中で持っている子がいた。
 魔物の気配を察知出来るのだから、かなり有用なスキルに思える。

(まあ、これもバレにくそうなスキルだから取得しよう!)

 俺は討伐ポイントを使って、【剣術】、【盾術】、【気配察知】の三スキルを取得することにした。

 ステータスボードを操作して、討伐ポイントを消費する。

 ステータスボードが変化した!


 ◆―― ステータス ――◆

【名前】 ユウト

【レベル】1

【スキル】レベル1 剣術 盾術 気配察知

【討伐ポイント】2

 ◆―――――――――――◆


「おお! なかなか良い感じだ!」

 やっぱりスキルが並んでいると強くなった気がする。
 これは……明日からの冒険者活動に期待!


「ただいま~」

「お母さん! お帰りなさい!」

 サオリママが帰ってきた。
 俺はサオリママに買ってきたパンを差し出した。

「まあ、美味しそうなパンね! どうしたの?」

「これ、今日の獲物を売ったお金で買ってきたんだ! 一緒に食べよう!」

「ありがとう。ごちそうになるわ」

 サオリママがスープを作ってくれた。
 二人でパンをスープに浸して食べた。

 俺が買ってきたのは、一つ百ゴールドの安いパンだ。
 固くて、そんなに美味しいパンじゃない。

 けれど、サオリママは心底嬉しそうに、俺が買ったパンを食べてくれた。

 俺もサオリママも、とても幸せな気持ちだった。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品