外れスキルは、レベル1!~異世界転生したのに、外れスキルでした!

武蔵野純平

第13話 パーティー結成

 実習は続いた。

 三パーティーが順番に戦い、タイソン教官が指導をする。
 なかなか勉強になるなと俺はありがたく感じた。

 だが、ジャイルのパーティーは、上達していない。
 ジャイルが主役になろうとして連携が上手くいかないのだ。

 俺たち見ている側は大分余裕が出て来て、戦っているジャイルのパーティーについてあれやこれやと感想を述べていた。

 俺はミレットとジャイルのパーティーについて話す。

「ジャイルは体が大きいから盾役になった方が良いと思う」

「そうですね……。ただ……、うーん……、ジャイルさんは、お人柄が……」

「知り合いなの?」

「ええ。まあ」

 ミレットは、眉毛をへの字にして困った表情をした。
 ミレットがジャイルを好きじゃないのは、見ていてわかる。
 ただ、付き合いをゼロにすることは難しい相手なのかな?

「親同士が知り合いとか?」

「そんなところです」

 ミレットは『様』付けで呼ばれていた。
 どこかのお嬢様なのだろう。
 親同士の付き合いがあるなら、ジャイルを邪険に出来ない。

 十三歳の女の子としては辛いだろうな。
 自分の好みでない男の子につきまとわれるのだから。

「あっ……」

「ようやく倒せましたね……」

 ジャイルの振り回した剣が、ラッキーパンチになりホーンラビットは消滅した。

「この勝利を! ミレット様に!」

 ジャイルは毎回これをやっている。
 独りよがりに戦って、独りよがりに決めポーズをぶっ込んでくる。
 さすがにシラーッとした空気になって来た。
 タイソン教官もサジを投げてしまい腕を組んで無言だ。

 ミレットは毎度のことに内心ウンザリしているに違いない。
 けど、ミレットは性格が良いのか、立場上仕方がないのか、毎度笑顔を貼付けている。

「ミレット。本当のところどうなの?」

 俺は小声でミレットに聞く。
 ミレットも小声で答えた。

「ジャイルさんは……ちょっと……」

「独りよがりというか、強引なところがあるみたいだね」

「そうですね。もう少し周囲に気を配っていただけると嬉しいのですが……」

 気配りか。
 確かにジャイルには足りてない。
 いや、十三歳の男の子なら仕方がないのか?

「とにかく近づけないようにするから」

「お願いします」

 結局、この日は各パーティーが五回戦闘を行った。
 ホーンラビット五匹を討伐し、ホーンラビットの魔石を五つ手に入れ、討伐ポイントは五になった!

 地上に出ると陽はもう傾いていた。
 ダンジョンを出て城塞都市トロザへ向かう。
 この後、冒険者ギルドで手続きをして解散だ。

 俺は歩きながらミレットに礼を述べた。

「ミレット。今日はありがとう。おかげで一人にならないで済んだよ。助かった!」

 ホーンラビットは、ダンジョン一階層の最弱の魔物だ。
 俺一人で戦っていたらどうだろう?
 盾でホーンラビットを防ぎながら、剣で止めを刺す……。
 正直、出来ないと思う。

 魔法使いのミレットがいたから、俺が盾役、ミレットが攻撃役と役割分担をしたから五匹倒せた。
 だが、このパーティーも冒険者ギルドで手続きが終れば解散だ。

 俺とミレットのパーティーは、研修中の臨時のパーティーなのだから。
 残念だが仕方がない。

 俺は自分の気持ちを率直にミレットに伝えた。
 するとミレットは嬉しそうに笑顔で答えた。

「私もユウトさんとパーティーを組めて良かったと思っていました。私たち連携も良かったと思うのです。明日以降もパーティーを組みませんか?」

 ミレットの意外な申し出に俺は驚く。

「えっ!? 良いの!? ミレットは良い家の子みたいだし、俺みたいなスラムの子供とパーティーを組むのは不味いんじゃ? それに俺は外れスキルだよ?」

 ミレットはニコリと笑って答えた。

「わたくしは色々な人と交流をしたいのです。スラムの存在は知っていましたが、スラムにお住まいの方とお話しするのはユウトが初めてです。スラムの人は礼儀知らずで怖い方だと噂を聞いていましたが、ユウトは違いましたよ」

「ああ、まあ、その噂は間違いじゃない。俺はスラムの中ではまともな方だけど、中にはヒドイヤツもいる」

「そうなのですね。わたくしは今ユウトが話してくれたようなこと。色々なことを知りたいのです」

「そうなんだ」

 物好き?
 いや、それとも良家のお嬢さんが社会勉強を真面目にしているのかな?
 俺をスラムの住人だからと目の敵にしないのは、本当にありがたい。

 ミレットは話を続けた。

「それから……スキルの件ですが……ユウトが授かったスキルは、どんなスキルなのでしょうか?」

 俺は少し迷ったが、ミレットにスキルの名前だけ教えることにした。

「スキルは【レベル1】というスキルだよ」

「レベル1……聞いたことがありませんね……。それは外れスキルというよりは、未知のスキルなのではないかしら?」

「!」

 驚く。
 ミレットは、鋭い視点をもっている。
 十三歳とは思えない。
 こんなに賢い子なら、ぜひ一緒にパーティーを組みたい!

「わたくしは、ユウトには可能性があるということだと思います」

「ありがとう! ミレット! じゃあ、明日からもパーティーを組もう! よろしく!」

「こちらこそ! よろしくお願いします!」

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品