外れスキルは、レベル1!~異世界転生したのに、外れスキルでした!

武蔵野純平

第1話 プロローグ

「ふう……やっと……やっと休みだ!」

 俺は七十五連勤を終えて、家に帰ってきた。
 勤め先はIT企業なのだが、人手不足でなかなか休みが取れない。
 七十五連勤は、なかなかのブラック具合だと思う。

 耐えている俺は偉い!
 社畜の手本だ!
 労働基準法プリーズ!

 時間は夜の十一時。
 明日は久々の休みだ。

 休みとくれば……やることは一つ!

「買ったぞ! 新作ゲームだ!」

 俺はゲーム機の電源を入れて、新発売のゲームをスタートした。
 モニターには3Dの美麗なグラフィックが広がる。

 仲間と旅する主人公。
 襲いかかるモンスター。
 ああ、RPGは良いね。
 キャラメイクが終わり、俺はスタートボタンを押した。

 いい年をして休みの前にゲームかよとツッコミが入りそうだが、二十九歳独身男性を甘く見るなよ……。
 彼女なんておらんですよ!
 彼女がいたら七十五連勤なんて引き受けん!

「ううっ!」

 一人で興奮したのが悪かった。
 心臓がドクンと強く鳴って息が苦しくなってきた。

「あっ……ゲームが……まだ……」

 意識が遠のく。
 俺が最後に見たのは、ゲームのスタート画面だった。


 *


 目が覚めると真っ白な空間にいた。
 俺はどうなったのだろう?

 息が出来なくなって、それから――。

「こんにちは。私は転生の女神です。異世界に転生しますか? イエス、オア、ノー?」

「えっ?」

 俺の思考をぶった切り女性の声が聞こえた。
 いつの間にか俺の目の前にきれいな女性が立っていた。
 女性は自分が転生の女神だと言う。

「嫌だわ! きれいなんて! 当たり前のことは考えないで下さい!」

 不思議なことに俺が口に出していないことを、女神様は聞いたようにリアクションをした。
 ひょっとしたら、俺の心が読めるのかもしれない。

「いえ。本当にきれいです」

 転生の女神様は、白いゆったりとした服を来ていた。
 長い髪は銀色でサラサラしている。
 お世辞抜きで今まで生きてきた中で一番きれいな人だ。

 転生の女神様は、頬を赤くして話し始めた。

「コホン! それでどうですか? 違う世界に転生してみませんか? ゲームが出来なかったことを残念に思っているのでしょう?」

「何で知ってるんですか……?」

「うふふ。私は女神ですから何でも知っていますよ!」

 どうやら本物の女神様らしい。

「あの……俺は、どうしてここにいるのですか?」

「あなたは心臓麻痺で死んだのです」

「あっ……!」

 あの胸の強い痛みは心臓麻痺だったのか……。
 仕事で無理をしすぎたのかな……。

 俺は、まだ二十九歳なのに。
 お父さん、お母さん、親不孝でごめんなさい。

「それに独身でしたよね。彼女もいなくて……」

「そこはスルーして下さいよ!」

 転生の女神様の容赦ないツッコミに心が痛むぜ。
 事実が一番キツイ。

「転生したら彼女が出来るかもしれませんよ?」

「むう……。女神様。煽るのはナシにして下さいよ」

「わかりました。では、改めて……。ゲームのような世界で、もう一度生きてみませんか?」

「ゲーム!? そこ詳しくお願いします!」

 女神様によれば、転生する世界は魔物と呼ばれるモンスターが生息する世界だ。
 剣と魔法の世界をイメージして神様が新たに作った世界。
 ところが神様は人と魔物のバランス調整に失敗してしまった。
 魔物の勢いが強くなってしまっているそうだ。

「このままでは、数百年後に魔物だけの世界になってしまいます。そこで一人でも多くの魂を転生させて、魔物に対抗させているのです」

「なるほど」

「異世界に転生したらゲームだと思って一匹でも多く倒して下さい」

 俺は俄然興味が湧いてきた。
 新作ゲームはプレイ出来なかったが、転生してリアルにゲームが楽しめる。

「わかりました! 転生させていただきます! それで……あの……転生チート的なものをいただきたいのですが?」

 ちょっと図々しいかなと思いつつも、俺は女神様におねだりしてみた。
 だって魔物が多い世界に転生するのだ。
 優遇措置は欲しい。

 女神様はニッコリと笑った。

「転生先の世界では、十三歳になるとスキルが授けられます。スキルを授けるのは地元の神様です。地元の神様にお願いしておきますよ」

「十三歳? なぜ、十三歳なのですか? どうせなら小さな頃から活躍したいです」

「体が成長していないのでスキルを体が受けつけないのです。スキルを得るには器の成長が必要で、目安が十三歳なのですよ」

「なるほど……分かりました! では、異世界で頑張ってきます!」

「よろしくお願いしますね」

 女神様がサッと手を横に振ると、俺の意識が遠のいた。
 そうか……、これから異世界に転生するんだな……。

 お父さん、お母さん。
 さようなら。

 俺は違う世界で、もう一度生きてみるよ。

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品