平和の歌姫と黒き番犬
恋愛

完結:1話

更新日:

平和の歌姫と黒き番犬

  • あらすじ

     『今日私はあなたとの結婚の約束を破り、国王と結ばれます』
     美しい歌声で人々から愛されてきた公爵令嬢のカイナは、何十人もの女性と結婚している愚王の新たな妻として嫁ぐことになる。しかしカイナにはかつて、結婚を約束した狼獣人のベルリがいた。十年前の幼き日に交わした約束が果たせないことを悲しく思うカイナは、ベルリを想い結婚式会場で歌を奏でる。すると天井のステンドグラスが割れ、黒い影が舞い降りて成長したベルリが現れる。ベルリはカイナを連れて国外へ出ると、獣人差別のない国への逃避行を始める。共に獣道を行き、人間のカイナと獣人のベルリは協力して隣国との境まで来るが、そこに愚王の兵が待ち構えていた。ベルリはカイナを守るため戦い、兵士もまた望まぬ戦いを繰り広げる。自分のせいで血が流れる事を憂いたカイナは歌を奏で、戦いを止める。そして「自分たちを信じてほしい」と願った。隣国にいる愚王の兄に弟のことを知らせると、兵士たちは二人を信じて隣国へと行かせた。やがて兄王子により愚王が裁かれると、カイナは「平和と共存の歌姫」として、ベルリと共に祝福されることとなる。
     
      小説家になろうにも掲載しています。

「恋愛」の人気作品

書籍化作品